日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

高橋英樹特集

仲良し家族/(C)日刊ゲンダイ

この人物のオモテとウラ

「真麻のパパ」高橋英樹の新境地は「日本史センセイ」路線

俳優の高橋英樹(70)が意外なところで注目されている。きっかけは「NHK高校講座・日本史」(Eテレ)だ。AKB48の3人を相手に高橋が日本史の講師を務める番組で、放送は今春からやっているが、最近になって動乱の幕末期に入り、ちょうどヒット上映中の「るろうに剣心」の世界と重なり、「歴女」のハートを熱くしているのだ。 「高橋は知る人ぞ知る歴史オタク。お城フェチのうえに古地…

MCを務める高橋英樹

BS11で人気の歴史クイズ番組 高橋英樹が「興奮しまくり」

BS11で人気の歴史クイズ番組「高橋英樹のクイズ!なるほど歴史館」が14日夜に2時間特番で放映される。MCの高橋英樹が番組の見どころを語った。 「歴史は大好きなジャンルですので、常に興奮しまくってやっております。この番組は昨年12月にスペシャル番組として放送されまして、4月から隔月放送でシリーズ化することになりました。今回は『本能寺の変』と『井伊直虎』を取り上げます…

夫人の焼き菓子店を手伝う

あの人は今こうしている

赤いシリーズ常連の中島久之さん 「百恵ファンに不評で」

ポーラテレビ小説「薩摩おごじょ」(主役は現・高橋英樹夫人の小林亜紀子さん!)などテレビドラマにも出演するようになった。また、高橋英樹が織田信長を演じたNHK大河ドラマ「国盗り物語」では森蘭丸役で人気が急騰。以降、大河の常連として9作品に出演し、青春ドラマでは陰のある役で引っ張りだこになった。 3年目に劇団は分裂、中島さんは研究生のまま離れた。 ■山口百恵ファンの間で…

テレビ番組ではたびたび父娘共演も

時代劇スター ここだけの話

高橋英樹が語る「桃太郎侍の数え歌は10番まであった」

高橋英樹さんにお会いする日はいつもワクワクします。なにしろ、話が面白くて楽しい。主演作の裏話も出るわ出るわ。たとえば代表作「桃太郎侍」。派手な衣装で悪人を斬るときの♪ひと~つ、人の世の生き血をすすり~という「数え歌」で有名ですが、そこにもさまざまな努力と裏話が。 「スタート当初は黒の着流しで、人を斬らない主人公でした。でも、演じているとやっぱり悪いやつは斬りたいんで…

交際発覚もノロケ発言連発

熱愛報道で評価アップ 高橋真麻が愛されるこれだけの理由

そして、ありがとうございます」と、番組関係者にメッセージを送っていたのが、高橋英樹(72)の一人娘でフリーアナの高橋真麻(34)。 新恋人の不動産会社社長との交際が報じられ、「お昼にカレーを食べて、おやつにラーメンを食べたいと言っても付き合ってくれる優しい彼」などのノロケ発言を連発しつつ、「浮かれることなく、きっちり仕事していきます」との決意を書いていたという。 メ…

マーサの結婚も話題に…/(C)日刊ゲンダイ

高橋真麻にパパとママ! ファミリー勢揃いの貴重な1枚

高橋英樹(70)と真麻(32)親子の間に立つ白いスーツのご婦人は英樹の妻、そしてマーサの母でもある小林亜紀子(66=本名・高橋美恵子)さん。つまり、高橋一家の面々である。 時代劇にも多く出演する俳優ならではの視点で歴史上の人物を語った「高橋英樹のおもしろ日本史」(KKベストセラーズ)が、第2回野村胡堂文学賞特別賞を受賞。27日開かれた記者発表会に家族揃って出席し、お…

アイドルとして輝き続ける郷ひろみと松田聖子

芸能界クロスロード

醜聞にも全く動じず 郷ひろみと松田聖子にアイドルの矜恃

高橋英樹(73)のように新たなキャラで成功している人もいる。梶は断った理由を「やっちゃうと、今までの女優生活は何だったということになる。俳優として全うしたいので~」と語った。 積み重ねた芸を横道にそれることなく貫く。昭和を代表する女優らしい生き方だと思う。俳優、歌手、芸人の世界なら芸道一筋も可能だが、アイドルとなると難しい。アイドルの宝庫、ジャニーズのタレントも解散…

春風亭小朝

春風亭小朝 大いに語る

初時代劇は「三匹が斬る!」 その後NHK大河ドラマ出演へ

初めての時代劇出演は高橋英樹、役所広司と共演した「三匹が斬る!」だった。テレビ朝日系で1987~95年に第7シリーズまで放送された人気ドラマである。 「いえ、あれは厳密に言うと時代劇の姿を借りた現代劇ですから。高橋さんは代表作5本の中に入れて下さってますが、役所さんはご自分の履歴から消そうとしてますね(笑い)」 劇中、小朝はコミカルな演技で笑わせていた。 「アイデア…

ゴールインは近い?

交際順調も慎重モード 高橋真麻「結婚Xデー」否定のワケ

「さんまさんのお嬢さんのIMALUさんと同じで彼女の後ろに父(高橋英樹)の顔が浮かぶため、重すぎて手が出せない存在なのが真麻。その壁を初めて越えたのが元彼のIT社長でしたが、真麻さんのピュアで何でも話してしまう人の良さが裏目に出てしまい、男性が引いてしまった。この破局で学習し、今回は恋バナをかなりセーブ。決定的なことは言わず、モテないキャラを演じています。そういう…

周りを生かす俳優だった

あれもこれも言わせて

「男の顔は履歴書」とはよく言ったもの!

ちなみに渡瀬と同年代の俳優には平泉成(72歳)、古谷一行(73歳)、前田吟(73歳)、高橋英樹(73歳)あたりがいるが、高橋などは今やすっかりバラエティータレントだし、主演ドラマをいくつも抱えているのは渡瀬くらいのもの。やはり長生きのためには、適度なガス抜きが必要なのだろう。先日「徹子の部屋」に出ていた加山雄三はお肌もツヤツヤ、元気はつらつだったから。 替えのきかな…

仲がいいことで知られる高橋ファミリー

ビジネスに使えるスターたちの処世術

高橋真麻 「親の名前に傷付けたくない」と言わせる育て方

違う例としてすぐに頭に浮かぶのが、大物俳優の高橋英樹(72)と愛娘の高橋真麻(34)だ。この親子関係は素晴らしいと思ってしまう。 以前、真麻はこんなことを語っていた。 「もし自分が何かしてしまったら、親の名前に傷を付けると幼いころから思っていた」 だから、マジメに生きるように努力してきたのだそうだ。だから、バラエティーなどでディレクターの無理難題にも一生懸命に応えて…

人間が面白い

「私は女優」浅丘ルリ子著

巻末に「私にとっての女優・浅丘ルリ子」と題して、山田洋次へのインタビュー、高橋英樹、近藤正臣との対談が収録されている。親しい人との語り口に「下町の姉御」ぶりがのぞけて楽しい。(日本経済新聞出版社 1700円+税)…

林家木久蔵(現・木久翁)

私だけが知っている「笑点」のヒミツ

鞍馬天狗の木久蔵が定着し“キクちゃん”となるまで

そんな時、NHKで放送された高橋英樹主演の時代劇ドラマ「鞍馬天狗」を見てひらめいた。「鞍馬天狗」はアラカンこと嵐寛寿郎主演の映画が、戦前戦後を通じて40本のシリーズとして公開されている。若き日の木久蔵の憧れ、鞍馬天狗をキャラクターに使えないかと思ったのだ。 そして、設問の回答に「杉作、日本の夜明けは近い」といった鞍馬天狗の名ゼリフをアラカンの声色で使ってみた。杉作と…

人妻になれば怖いモノなし

熱愛発覚 高橋真麻が「結婚」ならフリーアナ勢力図一変も

第一報を伝えた「週刊文春」によると、「結婚の話はまだ具体的には出てない」(真麻談)そうだが、すでに父親の高橋英樹(72)には報告済みで、「仲良くしてくれたらいいじゃない」と大乗り気とか。文春の直撃を受けた彼氏も「まじめなお付き合いです」とフォロー。時期こそ未定ながら「結婚」はほぼ既定路線のようで、モテないキャラの真麻にもようやく春がやってきたようだ。 「高橋真麻が…

ドレス姿を披露する日も近い?

交際中の高橋真麻 ひとり飯ブログにも漂った“幸せオーラ”

同誌には父・高橋英樹(72)もコメントを寄せており、<もう娘もお年頃ですし、やっと春が来たのかなぁ~という感じです>とうれしそうだ。 いつから交際を開始したかを記者に聞かれ「最近です。長年の友だちだったので」と答えた真麻だが、代名詞ともいえる“ひとり飯ブログ”からも幸せオーラは漂っていた。 真麻はスレンダーな見た目とは裏腹にかなりの大食漢。連日のように「一人焼肉」「…

「響」の長友光弘(左)と小林優介

あの人は今こうしている

テレビ露出減も…お笑いコンビ「響」意外な副業で描く夢

「レッドカーペット賞をもらうとメシが食えるようになる、と聞いていたので、高橋英樹さんに賞に選んでいただき、いっぺんに銀行口座を見るのが楽しみになりました、ハハハ」(長友) 「といっても、リーマン・ショックの影響で1本のギャラがそれほど上がらず、ガンバっても月100万円チョイでしたね」(小林) また、あの「どうもすいませんでした!」のギャグが見たい。…

大正製薬の増田啓太さん

我が社の熱血漢 熱血ウーマン

王選手CM起用で相乗効果 「リポビタンD」の人気爆発秘話

なお、“ファイト一発!”というフレーズは、王選手のCMのナレーションで使われた“そうだ、ここだ、一発だ!”という言葉がルーツです」 その後は俳優の宝田明、高橋英樹と続き、1977年からは勝野洋と宮内淳が共演。この“ダブルタレント”は同CMの代名詞となる。 2015年の4月からは新シリーズとして「スポーツ編」がスタート。そこに登場したのが、今を時めくラグビー日本代表の…

25歳にして芸歴17年のベテラン

「あさが来た」出演の柳生みゆ “脇役ヒットの法則”なるか?

近々、大隈重信役で高橋英樹(71)、その妻・綾子役で松坂慶子(63)が登場するそうだが、ファンの間ではもう一人、気になる女優がいる。あさの義理の妹・白岡さち役として9日から登場している柳生みゆ(25)だ。 「義理の母親役の風吹ジュンが“若い頃の私にソックリ”と紹介して画面に登場したのが柳生でした。たしかに若い頃の風吹に似ていて可愛らしい表情ですが、おでこの感じを見る…

「子連れ信兵衛」試写会での高橋克典

この秋の秀逸時代劇 厳選5本

高橋克典が子連れ「イクメン侍」に挑戦するユニークな設定

この原作は70年代、高橋英樹さん主演で「ぶらり信兵衛─道場破り─」としてドラマ化されています。 高橋克典さんは昨年、テレビ東京の看板時代劇「大江戸捜査網」に主演。カッコいい隠密同心のリーダーでしたが、信兵衛は江戸のイクメン侍。「赤子を連れた立ち回り、男女の恋模様など見どころたっぷり」と張り切っています。 信兵衛を支えるのが、左とん平、笹野高史、中村嘉葎雄らベテラン陣…

親しみやすさでは上をいく

「ゆうゆう散歩」終了…テレ朝が若大将の後釜に狙う松岡修造

候補に挙がっているのは北大路欣也、西田敏行、高橋英樹、松岡修造らだという。しかし、今後できれば経費を節減したいテレ朝としては北大路、西田、高橋らではギャラの面で折り合わない可能性が高いという。 そこで、もっとも期待されているのが松岡。さる関係者がこう言う。 「松岡は昨年発売した日めくりカレンダー『まいにち、修造!』と今春発売の『修造ドリル』がヒットし、若い人にも中高…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事