日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「ショーケン 萩原健一」に関する記事

元刑事役のショーケンが悩める客のために腕をふるう

萩原健一主演NHK「鴨川食堂」は「孤独のグルメ」の進化系

出演しているのは、ショーケンこと萩原健一(65)と若手女優の忽那汐里(23)ら。 知らない人のためにあらすじを紹介すると、ショーケン演じる鴨川流は元刑事で、現在は京料理店「鴨川食堂」の主人。ただしお店には看板ものれんもなく、「思い出の食、探します」という1行広告を見つけてやってくるのは仕事や家族、人間関係などに悩みを抱えた人たち。彼らの悩みを、忽那演じる看板娘・鴨川…

「今回は大丈夫」との声も…

なぜNHKが白羽の矢? 萩原健一14年ぶり連ドラ出演への不安

ショーケンはその父親役を演じるというが、関係者からは「大丈夫なのか?」の声が上がっている。 「あまり報じられていませんが、例の恐喝未遂事件(05年)以後もショーケンはさまざまなトラブルを起こしています。13年には朗読活劇『空海』の開催を予定していたが、結局中止になっています。同じく13年、全国二十数カ所で開催を予定していたコンサートも集客の関係で次々と中止になり、結…

SMAP解散で年間70億円が消える

キムタクだけでコンサートは無理 SMAP“バラ売り”収入激減

たとえばタイガースだったら沢田研二が、テンプターズだったらショーケン(萩原健一)が単独でもコンサートが開けましたが、キムタクだけでは厳しい。香取慎吾や稲垣吾郎はソロCDも出してますが、いずれも企画ものの範疇。それだけで1本のショーを成立させるのは無理です」(前出の肥留間氏) 事情に詳しい関係者によると、SMAPという大きな枠組みがあるからこそ自分たちは成立しているし…

俳優として自信があるからこそ

ビジネスに使えるスターたちの処世術

佐藤浩市 ショーケン「ヘタクソ」の罵倒にも冷静に対応

そこへ、別のスタジオで仕事をしていたショーケンこと萩原健一がフラリと入ってきた。「用意、スタート」の声がかかり、シーンとした中で佐藤がセリフを語り出した。 と、それを見ていたショーケンが、スタジオ中に響くような大声で「親父に似て、ヘタクソだなあ」と叫んだのだ。そしてプイッと外へ行ってしまった。 スタジオは大騒動である。カットとなったのはもちろん、みんなどうしていいの…

恋をしては破局を繰り返すショーケンだが…

男たちの性豪列伝 PART2

女優も一般女性も 女たちが萩原健一の悪口を言わない理由

ガマンできない」と数多くの迷走した恋で“不良愛”と称されたショーケン。大女優から一般女性まで多くの女から愛された理由は何か。 埼玉県与野市(現・さいたま市)出身。1967年に「ザ・テンプターズ」のボーカリストとして16歳でデビュー。「神様お願い!」など次々とヒット曲を飛ばす。72年映画「約束」で共演の三国連太郎に絶賛され、俳優へ転身。ドラマ「太陽にほえろ!」のマカロ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事