日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「長嶋茂雄 巨人」に関する記事

広岡氏に「弱いチームで采配を振るってみろ」といわれる原監督/(C)日刊ゲンダイ

「まともな指導者がいない」 広岡達朗氏が古巣巨人をバッサリ

長嶋茂雄にしても王貞治にしても、精進を重ねて地位を築いた。巨人の選手は、他球団の手本にならにゃいかんのです。もっと、プライドを持てと言いたいね。 ■コーチが教えられないのは原監督の責任 裏を返せば、巨人にまともな指導者がいないということですよ。数年前、巨人の練習を見ていたら、ある選手がゴロを捕球する際に手首を折り曲げて固定している。「構え」ができておらず、このグラブ…

グリエル(右)は来季もDeNAでプレー/(C)日刊ゲンダイ

グリエルも逃し…巨人がストーブリーグ“歴史的惨敗”の原因

これは、長嶋茂雄の15年、川上哲治の14年に次ぐ、球団史上3位の長期政権。7度のリーグ優勝、3度の日本一に導いた手腕が評価される一方で、長期政権の弊害を指摘する声がチーム内外から出始めているのも事実だ。 近年、特に補強をめぐってなにかと対立した前代表の清武英利氏(64)が駆逐された11年のオフ以降は、原監督が望むがままの戦力強化が行われてきた。補強の過程で原監督の人…

怒り心頭のV9戦士の黒江氏

「長嶋さんもカリカリ」V9戦士黒江氏が巨人賭博問題に怒り

35歳で現役を退いたあとは、コーチとして長嶋茂雄、王貞治らの名将を支え、6球団で通算12度のリーグ制覇、4度の日本一に輝いた。現在は野球評論家として活躍中。…

None

松井秀のヤ軍フロント入りでむしろ近づく「今オフ巨人監督」

■特別アドバイザーは指導者への格好の修業 松井は一昨年5月に、恩師である長嶋茂雄巨人終身名誉監督とともに国民栄誉賞を受賞したとき、球界への恩返しを誓った。 仮に来年、監督として巨人のユニホームを着るとしたら、巨人以外の球団への恩返しは、今オフ以外にできない。沖縄のDeNAへのキャンプ訪問には、そんな意図も見え隠れする。 「それに松井は沖縄を訪れたことが1、2回しか…

巨人の高橋吉伸

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

高橋由伸 再び他動的な決断を迫られた天才打者

さらに、巨人はまたもや長嶋茂雄の印籠を免罪符のごとく持ち出してきた。「監督は由伸くん“しか”いない」というミスターの言葉を発表し、すべてを正当化する。もちろん、長嶋は姿を現していない。今や高齢となった大権威は本当にそう言ったのか。言ったとしても、誘導的に言質を取っただけではないのか。 思えば由伸は1997年のドラフト時も当初はヤクルト入りを希望しながら、周囲に説得…

長野と高橋由に厳しい視線/(C)日刊ゲンダイ

巨人OBからも不満 打線不調は原監督の「4番軽視」が原因

あの長嶋茂雄元監督ですら、第2次政権の9年間で起用した4番は14人。広沢だ、落合だ、清原だと毎年のように主砲候補を補強でかき集め、「欲しい欲しい病」と揶揄された長嶋元監督以上に取っ換え引っ換えしている。 原監督は現役時代、ONに次ぐ球団3位の在位記録となる1066試合で4番を張った。引退の際には巨人の4番を「聖域」と表現し、「何人も侵すことができない」と強調していた…

長嶋氏の大洋入りを報じる、当時の日刊ゲンダイ

巨人軍 あの日、あの時、あの事件

長嶋の横浜大洋監督就任を潰したのは財界の大物だった

当時を伝える日刊ゲンダイ紙面

巨人軍 あの日、あの時、あの事件

元横浜打撃コーチ・高木由一氏が語る 長嶋監督を奈落の底に突き落とした「マシンガン打線」の秘密

長嶋茂雄監督は茫然自失の体で報道陣の取材を拒否した。以降、巨人は38年ぶりのリーグ優勝、日本一まで駆け抜けた横浜の背中を一度もとらえることなく、4位Bクラスに沈んだ前年に続き、3位で2年連続のV逸。長嶋解任騒動が勃発した。巨人を奈落の底に突き落とした横浜の当時の打撃コーチ、超強力打線を育てた高木由一氏(66)があの激闘の裏側を明かす。 「あの試合、三回までに先発の斎…

長嶋の「辞任」会見翌日の日刊ゲンダイ

巨人軍 あの日、あの時、あの事件

長嶋がすがった幻の逆転ホームラン

「3位になれば続投」と聞かされていたわけだし、まさか、「長嶋茂雄」を切れるものか、という自負もあったからだろう。 受話器を置くと菅谷氏は次に、巨人の長谷川実雄代表に電話を入れた。 「巨人軍は大英断をしました」 その言葉に「長嶋解任」が事実と知った。 「そういえば、おかしいと思ったことが夏の終わりにあった。8月22日からの名古屋での中日3連戦の時です。長谷川代表に、…

今も毎朝4時30分起床で「下準備」

元プロ選手「第2の人生」奮闘記

引退から10年…元巨人・條辺剛がうどんに賭けた第二の人生

店にかかる暖簾は長嶋茂雄氏(現巨人名誉監督)が書いた直筆色紙をもとにつくられた。 【讃岐うどん 條辺】埼玉県ふじみ野市上福岡1-7-9 営業時間 午前7時~午後3時 定休日 毎週火曜日(祝日の場合営業 翌日休み)電話番号 049-269-2453…

選手を出迎える原監督と川相コーチ

広岡達朗氏が苦言 「巨人選手のタガが緩むのは原監督の責任」

巨人の選手は、長嶋茂雄や王貞治をはじめ、まだできるという気持ちを抱き、周囲に惜しまれつつもユニホームを脱いでいった。引き際を大事にしてきたんです。 ■「川相監督には期待感が持てる」 本来なら原監督が阿部に捕手で勝負せえと言わないと。原監督もオヤジ(原貢氏)が生きているときはまともだった。今はちょっとおかしいね。中軸を打てるということでFAで獲得した村田に8番を打たせ…

反撃のソロを放った実松を迎える高橋監督

よぎるメークドラマ 今の巨人は再現不可能これだけの理由

これじゃ、広島追撃もあったもんじゃありませんよ」(前出の高橋氏) 96年は当時の長嶋茂雄監督が選手を“洗脳”した。広島との差が日に日に開いても、ミーティングで「まだ大丈夫。絶対に追いつける」と鼓舞。根拠を示すことはないのだが、「8月になれば必ず一波乱ある」「9月にひとヤマくるぞ」と選手に言い続けた。 当時、ルーキーながら1番打者として活躍した評論家の仁志敏久氏は、「…

いまだ確執は消えず…(左から三奈さん、長嶋茂雄氏、一茂氏)/(C)日刊ゲンダイ

一茂氏は一度も出ず…長嶋家の“闇”が正月特番で浮き彫りに

東京ドームの一室で再現された松井秀喜とのマンツーマンの素振りも、本邦初公開とうたうだけあって貴重ではあったよね」 1月3日にTBS系列で放送された「独占! 長嶋茂雄の真実~父と娘の40年物語~」を見た古手の巨人OBの感想である。番組は、テレビ初共演だという長嶋氏(78)と次女の三奈さん(46)が、スタジオでVTRを見ながら仲むつまじく掛け合う姿を軸に構成されていたが…

85年定岡引退を報じる日刊ゲンダイ

巨人軍 あの日、あの時、あの事件

空前のフィーバーを巻き起こした定岡正二氏が直面した光と影

長嶋茂雄監督率いる巨人に同年のドラフト1位で入団。江川卓、西本聖と先発3本柱を形成し、81年に11勝、82年には15勝を挙げた。85年、近鉄へのトレードを拒否して引退。大フィーバーだった入団時の苦悩、29歳の若さで引退を決断した真相を58歳になった定岡氏が語る。 甲子園から帰ると、移動するたび女子学生が電車やバスへ一緒に乗ってくる。ファンレターは1日何百通。フィーバ…

球団創設80周年を祝いOB大集結/(C)日刊ゲンダイ

もうストーブリーグ? ゴジラも首かしげる阪神の体たらく

試合前には長嶋茂雄、金田正一、張本勲らOB各氏とスタッフ総勢202人がグラウンドに集結して大いに開幕ムードを盛り上げたが、「ともに球界の歴史を彩ってきた阪神がこれじゃあな。立ちはだかるどころか、巨人の独走に加担するんじゃないかという体たらくだよ」とはセレモニーに参加した巨人OBの嘆息である。 「実際、特に今年の阪神と巨人じゃ、ハナからチームの雰囲気が違いますよ。和田…

None

本人と周囲の温度差ありあり…「巨人監督就任」に松井はウンザリ

巨人のキャンプに臨時コーチとして参加する松井秀喜(39)が17日、巨人の長嶋茂雄終身名誉監督(77)とテレビ朝日のビッグスポーツ賞の表彰式に出席した。 松井は10日に渡辺球団会長、白石オーナーと会談。16日に同オーナーが「ゆくゆくは監督として率いてくれることを切望している」と明かしたから、スポーツマスコミは「巨人が松井に次期監督要請!」と大騒ぎしたばかりである。 長…

長嶋終身名誉監督からメッセージ入りボールを受け取る

プロ野球 サムライは死んだか

巨人高橋由伸新監督はミスターの失敗を糧にすべし

相手チームに長嶋茂雄と同じレベルのバッターなんて、ほとんどいない」 と、面と向かって苦言を呈したほどだ。 75年は退任した川上哲治監督と共に、巨人にドジャース野球をもたらした牧野茂作戦コーチも退団した。その代わりに球団は関根潤三さんをヘッドコーチとして招聘したが、関根さんも長嶋監督と同じ天才肌。冷静に状況を分析したり、選手とのパイプ役となるタイプの参謀という立場では…

None

プロ野球 サムライは死んだか

73年、77年の「日本シリーズ」の思い出

75年からは長嶋茂雄さんが監督になる。この監督交代劇の余波で、私はクビになるとばかり思っていた。しかし、長嶋さんは「誰もクビにしません」と宣言。 その時から私は、「よし、残りの野球人生はこの人のために尽くそう」と心に決めた。長嶋さんに「行け!」と言われたらどんな場面でもマウンドに向かい、ベストの投球をする。それが私のできる唯一の恩返しだと思ったからだ。 そんな私にと…

None

俺の頭はなぜデカイのか

原監督が辞めた時「二軍監督やったら」と助言した

None

プロ野球 サムライは死んだか

旅館の仲居のおばちゃんに怒られた

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事