日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

逗子市の関連ニュース

毛呂武史市議のHP(右)と横山美奈市議

女性市議にワイセツ疑い 刑事告訴された逗子市議の釈明

神奈川県逗子市の女性市議が、同僚市議を強制わいせつ容疑で刑事告訴するという異例の展開になっている。被害を訴えたのは同市の横山美奈市議(53)で、相手は毛呂武史市議(48)。 “事件”があったのは3月23日。議会の定例会閉会後の打ち上げの2次会の席で起こった。午後11時ごろ、複数の市議らがいたカラオケ店で、ほかの市議が歌っている最中に毛呂市議が横山市議を室外に呼び出し…

6LDK、約3億5000万円なり/(C)日刊ゲンダイ

浜崎あゆみ「大豪邸」売却騒動…自らこだわり語っていた

浜崎あゆみ(35)が神奈川県逗子市内に所有する超豪邸を売りに出したと話題になっている。仲介する不動産会社のサイトでは「電線等を地下に埋設し電柱がなく、区画整理された美しい街並みです! 眺望良好!」とPRしているが、価格はなんと3億4880万円。いくら浜崎の大ファンでも、簡単には手を出せない超豪邸だ。 場所は逗子市内にある高級住宅街「披露山庭園」内の一角。“日本のビバ…

何のために購入したのか

石原氏の別荘買った企業 「海の森」受注の絶妙タイミング

14年7月、神奈川・逗子市にある慎太郎氏の別荘を購入したのは、緑化・造園事業を手掛ける「かたばみ興業」なる会社。かねて慎太郎氏との癒着が指摘されてきたゼネコン大手・鹿島建設のグループ企業である。か社は石原都政時代の08年11月に「海の森」の公園整備事業を約5600万円で受注したが、その後は応札するも逸注が続いていた。 入手した資料によると、11~13年までの3年間…

活動の拠点としてきた逗子の別荘を2014年に売却

時価3億円の別荘売却 石原氏とゼネコンに“癒着取引”疑惑

山に囲まれた逗子市街と相模湾が見える丘に立っていて、絶景だ。 およそ540坪の広大な土地の上に、鉄筋コンクリートの白い壁に緑の三角帽をのっけたような屋根。ブザーを押しても誰も出ない。閉じられた黒い門には、黄色と黒の模様の足を持ったクモが大きな巣を張っていた。石原氏がかつてヨット仲間と騒いでいた情景を想像すると、いかにも悲しげな“もぬけの殻”だった。 「2年前に石原さ…

横国大ではマル経を学んだ

語り部の経営者たち

ポッカサッポロ國廣喜和武社長 横国大「3浪しました」

高校のすべての自治を生徒が担おうとしたのです」 2014年1月1日付でポッカサッポロフード&ビバレッジの社長に就任した國廣喜和武は、1953年8月、逗子市で生まれている。その後、大和市、横浜市と転居。かつて県立一中、県立一高と呼ばれた名門、希望ケ丘高校には、兄も姉も通っていた。 「私はノンポリでした。でも、お調子者ではあった」 旅行委員会の委員となり、学年集会で修学…

辺見マリ「半生」を語る

芸能界入りのきっかけは布施明出演のイベント

私は神奈川県逗子市で生まれ、物心がつく頃に母の故郷・京都に移りました。それから芸能界デビューするまでずっと京都で育っています。 母が若い頃にやっていたこともあって、バレエ教室に通い始めたのが4歳の頃。家は間借りしていたくらいで決して裕福ではなかったのですが、母にしてみれば「芸は身を助ける」ような感覚で、私のためを思ってのことだったのでしょう。実際、バレエをやったこと…

“針のむしろ”は続く(21日、記者会見での甘利経済再生相)

甘利大臣を窮地に追い込み…姿を消したタカリ秘書の素性

つまりスキャンダルの火種は、まだまだクスブっているってことです」(自民党関係者) 清島氏は神奈川・逗子市出身。国士舘大学を卒業後、02年から江田憲司衆院議員(現・維新の党)の事務所で働き始めた。03年に江田が落選すると、05年ごろに甘利事務所に移り、11年に公設第1秘書となり、今や地元事務所の「所長」を名乗っている。 めっぽう酒に強く、どんなに飲んでも乱れないという…

None

5年で約1兆円…米軍基地「思いやり予算」のヒドい使い道

神奈川県逗子市にある米兵用の池子住宅は通称『池子ヒルズ』と呼ばれ、3DKで広さは約130平方メートル。最寄りの京浜急行神武寺駅には専用改札口もあります。水道・光熱費も無料で、夏場につけっ放しにされているエアコン代もタダです」(防衛省担当記者) 日本人が真夏に窓を開け、うちわをあおいで必死に猛暑に耐えている中、在日米兵はキンキンに冷えた部屋で娯楽に興じているのだ。米国…

None

別居報道も反応は薄く…浜崎あゆみ「私生活」も買い手なし?

2度目の結婚相手はロス在住でしたが、結婚早々、浜崎だけは“拠点”をシンガポールに移し、昨年は神奈川県逗子市の豪邸も売りに出していた。それでいて、毎年4月から7月ぐらいにかけて日本でもツアーを実施していたのです」(前出の女性誌記者) これがミリオン、ダブルミリオンを連発していた90年代ならともかく、最近はリリースしたCDも5万枚を超えるのがやっとというからファンの「あ…

水質浄化のためというが…

「海の日」に全国の海に投入される“謎の泥団子”の正体は?

税金を投じてEM菌で海水浴場の浄化事業を行ってきた逗子市は『効果が確認できない』として、今年度からEM菌事業を完全廃止しました」 都内でも、日本橋の保存会や地元ロータリークラブが日本橋川にEM団子を投入していた。これも、“科学的根拠がない”との外部からの指摘を受け、昨年で中止。 「にもかかわらず、今年も全国で、EM推進団体が中心となって海の日に“EM団子投げ”が予定…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事