日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

新橋駅の関連ニュース

GRAPHIC

「シブいビル」鈴木伸子著 白川青史写真

新橋駅汐留口の真ん前にそびえる「新橋駅前ビル」(1966年竣工)は、駅をはさんで反対側の「ニュー新橋ビル」(1971年竣工)とともに当地の2大ランドマーク。 L字や三角の積み木を重ね合わせたような複雑な形をした駅前ビルは、薄型の細長いプロフィリットガラスを用いた格子模様で全体が覆われ、竣工時はさぞや近未来的な景観だっただろう。かつては受付嬢がいたという大理石の1階受…

ザッツエンターテインメント

アナログ地図をたっぷり楽しもう特集

例えば東海道編では途中、横須賀線などにも寄り道しながら、新橋駅から神戸駅まで当時の東海道本線の主要な駅名や沿線各地の名物、名所旧跡を紹介しながら、土地の空気感などを66番まで続く歌詞で伝える。本書は、各ページに当時の地図を添えて、その全5集の内容を解説した鉄道本。鉄道史を振り返るとともに、古地図が存分に味わえる一粒で二度おいしいファン必携本。 (朝日新聞出版 15…

豊洲新市場は11月7日開場

脆弱すぎるアクセス…豊洲市場は雪が降ったら辿りつけず

JR新橋駅からは徒歩15分だし、都営バスに乗れば6分で到着する。買い出しは楽チンだ。 晴海通りと新大橋通りの交差点に位置し、幹線道路につながる道が網の目状に張り巡らされている。都心のあらゆる繁華街に車で配送するのにも便利だ。 ところが、豊洲付近には、ゆりかもめの市場前駅があるだけ。災害に弱いゆりかもめが止まれば、電車で訪れるのは不可能になる。都心から車で訪れるには、…

クラシエHDの石橋康哉社長

社長の本棚

【クラシエHD】石橋康哉社長

毎朝、新橋駅が近づくと石橋康哉社長は読みかけの本を閉じ、手にした本を“今度は会社の誰に渡そうか”と思案するという。 同社では本は、社長と部下をつなぐ“手紙”でもあるのだ。 「重松清さんの『アゲイン』を読みつつ、途中から誰に本をプレゼントしようかOLたちの顔を思い浮かべています。山本七平さんの『“空気”の研究』は、7回読んで、7人の部下に渡しました。前身のカネボウの破…

None

肉食女子マイコとミユキが行く

20代OLたちが精力馬肉「歌麿鍋」にしゃぶりつく

JR新橋駅から歩いて1分。ある平日、女性の仕事仲間と「精力すき焼き」ののぼりが目印の「馬並み家」に入った。 店内は脂ぎったオジサンのほか、若いOLの女子会が3分の1もいる。さすがに露骨すぎるのか、この日はカップルが見当たらない――。 「お通しの“赤まむしドリンク”です」 食事の前にまず一杯がこの店のルール。20代のお姉さんがグビグビ気合を入れている。同性から見てもエ…

「生ホルモン刺盛」が本命人気。後方は「馬力とうふ」と「馬力ハイ」

競馬ファンが集う“GI級”の店

新橋編 「馬力」(新橋店) 本命の「生ホルモン」でバリキをつけろ!

新橋駅・烏森口の飲み屋街のほぼ真ん中に位置する昭和の雰囲気が漂う大衆酒場だ。ウインズ新橋が閉鎖する以前、週末はファンで大にぎわいだったが、いまも競馬新聞を広げている客があちこちに。 「汐留のウインズまで歩いて10分ほど。ここで一杯ひっかけながら馬券のチェックをする人や、レースが終わった後の反省会というお客さんもいらっしゃいます」(新井聖也店長) 店内中央に大型モニタ…

キノコと野菜の量は圧巻!イワシの香りが口いっぱいに広がる

大人が満足 厳選「変わり鍋」

【長屋】つみれ鍋 イワシ料理専門店の会心作

この居酒屋激戦区・新橋駅前で34年。イワシ料理専門で生き抜いてきた実力店の主だ。 「ご覧の通り、キノコがどっさり12種類。キノコは食物繊維たっぷりで低カロリー。種類はピンク色の珍しいトキノヒラタケ、コリコリした食感のハナビラタケにエノキダケ、それから……。それぞれ、βグルカンやビタミンDが豊富など、ヘルシーさは抜群。免疫力もアップするというから、お腹が出てきたオジサ…

郊外店は大量閉鎖

企業深層研究

ヤマダ電機 「爆買い」の波に乗れず悪戦苦闘が続く

遅ればせながらと、昨年4月、新橋駅前に免税専門店をオープン、冒頭に紹介したLABI東京も、インバウンドを強く意識したものだった。 ところが、中国のお土産に対する関税が引き上げられたこともあり、爆買いは消え、ヤマダ電機の当ては外れた。その結果、新橋の免税専門店はオープンからわずか1年で閉鎖、LABI東京は閑古鳥が鳴いている。 郊外店はダメ、都心店も見込み違い。この苦…

一直線で300メートル近くあるか。歩いた人は少ない。

怪しさ120% 東京ディープ酒場

“裏コリドー”でバーの扉を開け52年前に時空の旅

ここはJR有楽町駅と新橋駅のほぼ中間点。頭上をJR山手線や東海道線、東海道新幹線が走るガード下。正式名称を西銀座JRセンターというらしい。有楽町側には「新橋方面近道」とある。足を一歩踏み入れると、今度は右側の壁に「インターナショナルアーケード」と大書きされていた。 電車が通り過ぎる音を聞きながらトンネルのような通路を進む。寿司屋、バーが2軒、数十メートル歩いて焼き…

相性バッチリ!ベルギービール(デュベル・左とパウエルアタック・右1350円)、料理は季節のポテトサラダ・左と「おまかせ6本コース」

5大メニュー激戦区食べ比べ

焼き鳥・新橋 弾力ある甲斐路シャモはベルギービールに合う

新橋駅から徒歩5分ほど。駅から少し離れた場所、カウンターだけというのは、隠れ家的雰囲気満点。少人数接待やデートにもうってつけだろう。 ベルギービールは、大瓶5種、小瓶14種、樽生3種がスタンバイ。コースは、「おまかせ6本」(1700円)~。単品は、季節のポテトサラダ(650円)ほか。いずれも税込み。全面禁煙。 店はあの「京味」のトイメン。15席なので予約がベター。…

2016年の「幸運の女神」も応援!

オトナの社会講座

サマージャンボ “連番よりバラ”で当たる確率2.5倍アップ

例えば、西銀座チャンスセンター(東京・銀座)、新橋駅烏森口宝くじラッキーセンター(東京・港区)、大阪駅前第4ビル特設売り場(大阪市)、JR大阪駅東口ラッキーステーション(同)などで買いたい。 「よく『7億円サマージャンボは連番で買い、ミニはバラで買うといい』と言う人がいますが、それは間違いだと分かっていただけるでしょう。あくまで1億円以上に狙いを定める条件ですが、ジ…

オールホワイトのファッションで第一声

「相棒」女将・高樹沙耶 選挙演説も渋谷の若者に届かず?

東京・新橋駅前のSL広場で22日、第一声を上げた。 5年前まで右京サンの元妻で、小料理屋「花の里」女将役として人気を博した女優である。知名度は抜群のはずだが、同日18時過ぎに渋谷駅前で「女優をやっておりました、高樹沙耶です!」と自己紹介する彼女の演説に立ち止まり、熱心に耳を傾ける人は少なく……。 若者の街・渋谷のスクランブル交差点には「相棒」ファンはいなかったのかも…

日本人にも垂涎のアイテムばかり

新しい日本土産に定着か 首都圏“観光地フィギュア”増殖中

「山手線さんぽフィギュアみやげ」のシリーズは新橋駅「SL広場」、渋谷駅「ハチ公」、上野「あんみつ みはし」など都内のお馴染みの観光スポットをフィギュアにした。東京駅、品川駅、巣鴨駅、大崎駅、渋谷駅、新宿駅など首都圏のJR主要駅で販売している。 注目は茨城バージョンの「茨城フィギュアみやげ」。ガチャガチャ好きの記者お気に入りは、冬の味覚「あんこうの吊るし切り」。目を…

京葉交差点宝くじセンター(右)は評判の売り場

「年末ジャンボ」宝くじ 当選確率が2倍になる買い方とは?

前出の西銀座チャンスセンターのほか、新橋駅烏森口宝くじラッキーセンター(東京・港区)、大阪駅前第4ビル特設売り場(大阪市)、JR大阪駅東口ラッキーステーション(大阪市)などが有名だ。 そして“年末ジャンボ”にめっぽう強いと評判なのが、東京・江戸川区の「京葉交差点宝くじセンター」。昨年の年末ジャンボでは、1等前後賞7億円がズバリ当たった。 1987年以降、年末ジャンボ…

新鮮なラム肉(写真下)は臭みは一切なし!とろける触感がヤミツキに

タレントが通う店 やってる店

檀蜜が夢中に… 生でも食べられる新鮮ラム「ラムしゃぶ金の目 銀座本店」

場所はJR新橋駅に程近い銀座8丁目の商業ビルの3階。2000年のオープン以来、その味は評判となり、店内はいつも満席の賑わいだ。 人気の理由はひとえに“肉そのもののウマさ”に尽きる。「“ラム肉のイメージをくつがえす”が当店のコンセプト」と語るのは総支配人の鶴洋輔さんだ。 「ラムは臭みが強いと思われがちですが、それは鮮度や調理に問題があるから。新鮮かつ上質なラムは決して…

チャゲとASKA

スクープドッグ咆哮記「ASKA」編

薬物疑惑はあらゆるニュースのなかで最も難易度が高い。断じて“飛ばし記事”は許されない

新橋駅近くの純喫茶で会ったのは麻薬Gメン。 「シャブをひと月に30グラム使用するのは、麻薬中毒者でも末期的なレベルですよ。ヘビーな麻薬常習者がひと月に4~5グラム程度ですから、相当な重症と断言できますね」 「そんなにひどいんですか」 「もしも私が医者ならば、即刻入院をすすめますね。しかしそれは個人使用じゃなくて、誰かに渡しているんじゃないかと疑われる量です。もしか…

極旨ランチ探検隊

【牛めし なんどき屋】ネオン街の片隅で愛されて50年!

新橋駅から銀座へと向かう、外堀通りの高速高架下で暖簾を下げて約50年の老舗。開け放たれた引き戸の向こうでは、昼下がりの陽光を背に一杯ひっかけている常連さんがいる。 大正2年生まれの創業者は、ねずみ年生まれの女将美枝子さんの義父。 「もともとは果物屋をやっていたんですけど、戦後、競馬場で食べた牛めしがおいしくて、ニュー新橋ビルの地下に開店したのがはじまりと、亡くなった…

写真はイメージ

危険潜む酒席での「悪口大会」 上手な切り抜け方を専門家指南

新橋駅周辺、有楽町のガード下、八重洲仲通り辺りもそうか。夕方ともなると、店は赤ら顔のサラリーマンでいっぱいになる。酒の肴は刺し身に焼き鳥、さらには“上司の悪口”も欠かせない。あっちでもこっちでも「部長の指示がブレてるよ」「課長は責任取らねえ。もともと、そういう男だ」てな調子で酒が進む進む……。さて、酒席で突然、この話になった。あなたは積極的に参加するタイプ? 今夜は…

ランチでも楽しめるラムバーグ(羊肉酒場)/(C)日刊ゲンダイ

未年だから食べたい! 「羊肉料理」専門家オススメの12店

野菜や干し豆腐など具だくさんで、スープまでいつも飲み干してしまいます」(菊池一弘氏) 新橋駅から徒歩1分の「家園菜」は、白を基調にしたしゃれた内装で、若い女性にも人気がある。 「白菜漬けとラム肉の鍋煮込みは外せません。酸菜(白菜の中国東北風の漬物)のさわやかな酸味と、ラム肉の香りが癖になる。寒いこの季節向けです」(菊池一弘氏) グルメにも詳しいルポライターの黒川祥子…

ホットな2人(錦織圭選手と逸ノ城)/(C)日刊ゲンダイ

最近ニュースが多い島根・鳥取 躍進支える「人・モノ・名所」

9月末には東京・新橋駅前にアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」をオープン。47都道府県で最後のスタバ進出がニュースになり、ジビエ料理も売り出し中。間違いなく“追い風”が吹いている!? ■寝台特急の乗車率もほぼ100% 島根だって負けてはいない。いま、有明コロシアムに目を向ければ、もはや多くの説明はいるまい。男子プロテニスの錦織圭(24)だ。9月に全米オープ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事