日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「野口五郎 コンサート」に関する記事

(左から時計回りに)西城秀樹、浅田美代子、岩崎宏美、角川博

89歳で死去 西城秀樹“育ての親”芸映・青木伸樹会長の功績

「ヒデキは今でこそ郷ひろみ、野口五郎と並んで『新ご三家』といわれていますが、デビュー当時は2人から出遅れていて、『紅白』にもなかなか出られませんでした。そうした中、アイドルとして初めて野球場を借りてコンサートを開くなどして徐々に知名度を高め、デビュー3年目にしてようやく『紅白』にも出場できた。このへんの目の付けどころは青木さんのセンスといっていいでしょうね」(肥留…

年齢を感じさせない

真打ち登場か “驚異の還暦”郷ひろみが「サマソニ」初出演決定

「新ご三家の還暦といえば、4月に行われた西城秀樹の“ヒデキ、カンレキ!”ばかりが話題になり、記念コンサートには新ご三家のひとり・野口五郎も参加したものだから、郷だけがなんとなく浮いている印象がありました。しかし、それは鍛え抜かれた肉体を含めて、いい意味で年齢を感じさせないからです。サマソニ出演となれば、翌日のスポーツ紙やワイドショーは郷ひろみ一色でしょう。郷とすれ…

4月13日に還暦を迎えた西城秀樹

2度の脳梗塞克服しステージ 西城秀樹の支えは「3人の子供」

同日に開催されたバースデーライブには、“新ご三家”の仲間だった野口五郎や歌手・今陽子らが駆けつけた。集まったファンには「ヒデキ、感激~!」をもじった「ヒデキ、カンレキィ~!」と書かれた「バーモントカレー」がお土産に配られるなど、大いに盛り上がった。歌手仲間の間でも、ファンの間でも、脳梗塞の後遺症と闘いながら歌手活動を続け、還暦を迎えたヒデキを応援する輪が広がってい…

野口五郎と三井ゆり

研ナオコの「まっ、いっかで45年」

野口五郎に「あの子しかいないよ」とアドバイス

ゴロー(野口五郎)ちゃんとは、ジョイントコンサートをやらせてもらって、今年で8年目になります。ディナーショーも含めると年間30本どころじゃない。イヤになるくらい一緒にやってますよ(笑い)。 最初はゴローちゃんから誘ってくれた。前回お話ししたように、彼とはデビューが同期だった縁で仲良くなり、お互いテレビの歌番組で歌えるようになってからは「カックラキン大放送!!」などの…

研ナオコ

研ナオコの「まっ、いっかで45年」

17歳のデビュー曲は「大都会のやさぐれ女」

ゴロー(野口五郎)ちゃんとは同期で、地方を回っていた時に知り合いました。彼も売れる前は私と同じように、地方回りをしていたんです。 歌番組のオーディションでもよく一緒になりましたね。私がデビューした昭和46年は新人が750人。当時は新人が歌番組に出るには各局のオーディションに合格しないといけなかった。パイプイスが並べられた大きな部屋で、何十人もの新人が黙って順番待ち…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事