日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

長州力に関する記事

長州力の半生を描いたノンフィクション

長州力 半生ドキュメント本を手に「キレますよ」と“舌好調”

「キレますよ」 笑顔でそう言ったのはプロレスラーの長州力(63)。6日、ノンフィクション「真説・長州力 1951―2015」(田崎健太著)のPRイベントに登場した。 2年間にわたる取材を経て完成した本作。原稿を見た長州は「自分でも驚いた。本当にこんなことまでしゃべったかなというぐらい記憶にないことまで書かれている。一緒に飲んでいたのに、(著者の田崎)先生が飲んでいた…

None

新日本プロレス45周年 人気選手の離脱でエースが生まれた過去

長州力や藤波辰爾(90年までは辰巳)らがエースとして団体を引っ張ってきた。90年代に入ると、武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也の闘魂三銃士が新日の顔になる。 ファンなら、思い出の名勝負が一つや二つあるだろう。「プロレス そのとき、時代が動いた」(実業之日本社)の著者で、プロレスライターの高崎計三氏はこう振り返る。 「新日本の若手エースは、人気選手離脱などのピンチによって生…

「借金は試合を頑張り返済した」と真壁力義

役者・芸人「貧乏物語」

異国ストレスで散財 レスラー真壁刀義のギャラ前借り時代

長州力、藤波辰爾、獣神サンダー・ライガーとか派閥に関係なく洗濯してた。当時、僕は長州さんの付き人で、ある日、長州さんに「パンツがねえぞ」と言われ、「一緒に洗濯してる先輩の洗濯ものに入ってました」とパンツを渡したら、「おい、おまえは俺だけの洗濯やってりゃいいんだぞ!」と。それで他のレスラーを一喝。「真壁は俺の付き人だ、洗濯させるんじゃねーよ!」と。みんな、シーン………

長州力さん

愉快な“病人”たち

プロレスラー 長州力さん(63) アキレス腱断裂

著書に今までの試合や事件について自身が語った「真説・長州力」(集英社インターナショナル)。…

左上から時計回りに広瀬すず、大政絢、北川景子、剛力彩芽

広瀬すずも被害に “SNSなりすまし”泣かされた芸能人たち

7月にはプロレスラーの長州力(63)が「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)で、ツイッターのなりすまし被害を公表したところ、番組内では慰謝料を請求できるとの結論に。8月には女優の北川景子(29)がLINEの公式アカウントで「インスタとTwitterはやってない!!!神に誓ってやってない」と呼びかけている。 昨年以前も含めれば、枚挙にいとまがない“なりすまし問題…

江頭2:50(左)ととにかく明るい安村

「明るい安村」でまた人気 あの“裸芸人”は今どうしているのか

白いふんどしにサングラスで獅子舞姿のたむらけんじ、アメリカに筋肉留学をしたなかやまきんに君、「ミキティ~」と叫ぶ庄司智春、「切れてないっすよ」と長州力のものまねをする長州小力など、結構いたのに最近見なくなった。 かろうじて活躍しているのは江頭2:50か。「27時間テレビ」(フジテレビ系)でも相変わらずの暴走芸を見せていたが、同番組で予定調和をぶっ壊そうと暴れる姿は…

週末オススメ本ミシュラン

「革命戦士」と呼ばれた男の実像に迫る

プロレスといえば、アンドレ・ザ・ジャイアントが牛を1頭食ったやらなんやらの真偽不明のホラ吹き話も多いが、本書はプロレスラー・長州力の実像にかなり迫った書である。特に長州を美化するでもない。それが表れるのが、一時期はジャパンプロレスで共闘し、後に長州が立ち上げた団体で選手兼営業担当となる谷津嘉章と著者のやりとりのシーンだ。現在、谷津は長州と断絶している。谷津は不機嫌…

「前田日明さんには緊張」と有田/(C)日刊ゲンダイ

新番組「びっくりぃむ」司会 くりぃむしちゅーのビックリ話

本番前に丁寧に挨拶してくると『やめて下さいよ、僕のヒーローなんですから』と思うんですけど、本番では『あんたバカだろ!』とか言わないといけない」 有 「僕の憧れは長州力さん、高田延彦さんとか『RED WARRIORS』のダイアモンド☆ユカイさん。部屋にポスター貼ったり自伝を読むくらい好きだったけど、本番ではどの人にも『いい加減にしなさい』『コラ座りなさい!』と言ってる…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事