日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「加藤綾子 高島彩」に関する記事

仕事量は減ったが…/(C)日刊ゲンダイ

残留かフリー転身か…フジ加藤綾子アナ“三十路”の分かれ道

17日放送のフジテレビ系「ごきげんよう」に同局の加藤綾子アナ(29)が出演。先月27日早朝、「めざましテレビ」の生放送中にぶっ倒れて途中退席した騒動をこう振り返った。 カトパンの愛称で人気の加藤だが、ここ数年は明らかにオーバーワーク。人気が出るほど仕事が一極集中するという悪循環で、生放送中に倒れたのもこれが初めてではなかった。 朝の看板情報番組「めざましテレビ」に…

全員フジテレビ出身(左から時計回りに)加藤綾子、高島彩、高橋真麻

10月でフジ縛り解除 “カトパン争奪戦”に先輩アナ戦々恐々

フリーの女性アナウンサーらが、フジテレビを退社して5月からフリーになった加藤綾子(31)に戦々恐々としている。10月から晴れて古巣のフジ以外の各局に出演が可能になったためだ。 関係者によれば、「本当は5月からでもよかったのですが、加藤本人がフジに対し、気を使った結果です。フジの亀山千広社長を筆頭に、慰留工作がハンパじゃなく、半年間、他局への出演を自粛することで納得し…

平日朝から日曜夜の顔に

新生活開始 カトパンが周囲に漏らした“夜ふかし”の罪悪感

4月いっぱいで丸8年勤めたフジテレビを退社し、フリーランスに転身した加藤綾子(31)への注目度は増すばかりだ。 同月2日からスタートしたフジの新情報番組「スポーツ LIFE HERO’s」(土・日曜の深夜帯)では日曜のメーンMCに抜擢され、早速、東京ドームで行われた巨人―DeNA戦のグラウンド取材デビュー。持ち前の美貌と気さくな対応で選手たちの心をざわつかせた。 転…

(左上から時計回りに)永島優美、田中萌、宇垣美里、鷲見玲奈の4女子アナ

カトパンの後釜は誰? 民放若手女子アナ「春改編」の勝敗

この中から未来の高島彩(37)やカトパン(加藤綾子=30)の座に就くのは誰なのか。女子アナ評論家の高島恒雄氏に注目の若手女子アナについて聞いてみた。 「注目度抜群なのはフジの永島優美アナ(24)でしょう。フリーになるカトパンに代わって、この4月から『めざましテレビ』でメーンキャスターに。文字通り“後釜”です。バラエティー系というよりも情報系で、実力も安定しています。…

日テレ時代はどちらかというと地味な印象

なぜタレントに? 元日テレ・上田まりえアナ転身の勝算

これまで局を辞めてフリーとなる場合、「セント・フォース」などのアナウンス事務所に所属するケースが多かったが、つい先日、4月いっぱいでフジテレビを辞めることを発表した加藤綾子(30)も所属先は篠原涼子らがいる芸能プロダクション。ま、“スーパー綾子”とまで呼ばれたカトパンは安泰だろうが、日テレ時代も際立った人気アナではなかった上田に勝算はあるのか。芸能評論家の肥留間正…

最後まで優等生を貫いた

フリー後もフジ継続起用 カトパンの株上げた「円満退社」

4月末でのフジテレビ退社が明らかになった加藤綾子アナ(30)。入社半年で「めざにゅ~」の情報キャスターに抜擢されて以来、7年半もの間、同局の朝の顔を務めてきたわけだが、気になるのはフリー後の“商品価値”だ。 大苦戦を強いられている元TBSの田中みな実(29)を例に挙げるまでもなく、近年は局アナからフリーとなり成功しているのは高島彩(36)、滝川クリステル(38)、夏…

エース加藤アナ投入でダメなら…

フジ「改編」また暗雲…低迷の昼番組にカトパン投入プランも

カトパンこと加藤綾子(30)の処遇だ。同局の女性アナウンサー18人がモデルとなった16年版のカレンダーでは、いの一番の登場となる1月を担当。カレンダーの配列は女子アナの格付けそのものであり、5年前の高島彩(36)の退社以降、変わらぬ絶対的エースの座を任されてきた。 「来春で『めざましテレビ』を卒業させ、昼の時間帯への異動が取り沙汰されている。『グッディ』はMCの安藤…

引く手あまた

フジの執着も当然…“逸材”カトパンに複数の芸能プロが接触

「カトパン」こと加藤綾子アナに独立話が報じられるや、フジの亀山千広社長は即座に「1年後もありません」と否定。早々に火消しを図った。 女子アナ1人の独立騒動に社長が口を開く。しかも、加藤アナとは直接、メールで確認したという。フジは1000人以上の社員を抱える企業。女子アナとはいえ、一社員に過ぎない。名前も顔もわからない社員も少なくないはずなのに、加藤とはメル友? なん…

ママタレとしても成功を収めたアヤパン(左)

フリー転身騒動のカトパン “勝ち組”先輩アヤパンに続けるか

そんなデキる女・アヤパンからフジ看板アナの地位を継承したのはほかでもない、フリー騒動の渦中にいる加藤綾子(30)である。 “スーパー綾子”と呼ばれた逸材も三十路を迎え、加えて激務による体調不安も囁かれたため、フリー転身報道も真実味を帯びた。 慌てた亀山千広社長がわざわざカトパン9月退社説を完全否定したぐらいだから、フリー転身はまだまだ先と考えるのが妥当だろうが、急…

真相はいかに?/(C)日刊ゲンダイ

ダル&山本聖子の交際で憶測 「カトパンが倒れた原因か?」

ダルもタレントの紗栄子(28)と離婚してバツイチとはいえ、元プロゴルファーの古閑美保(32)やフジテレビの加藤綾子アナ(29)ら、美女と浮き名を流してきたモテ男だ。ネット上には「どうして!?」「ウソと言ってよ……」といった女性ファンの嘆きも多い。 余波はテレビ業界にも広がっている。「もしかして、カトパンが倒れたことと無関係じゃないのでは?」と、こんな憶測まで呼んでい…

幸い風邪だったが…/(C)日刊ゲンダイ

生放送中に倒れて途中退席…カトパンはフジテレビに殺される

フジテレビのカトパンこと加藤綾子アナウンサー(29)が27日、司会を務める「めざましテレビ」の放送中にもかかわらず、体調不良により退席してしまった。28日も欠席。加藤は幸い、入院はしていないというが「過去にも収録中に貧血でぶっ倒れたことがある。またいつ倒れてもおかしくない過酷なスケジュールで仕事に追われていた」というのはフジ関係者だ。 08年入社の加藤はフジ以外にも…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事