日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「北島三郎 まつり」に関する記事

None

紅白のジンクス…北島三郎「まつり」の翌年は政界が“祭り状態”

北島三郎(77)は、1984年にリリースした名曲で、最後となる紅白歌合戦の大トリを飾る見込みだ。 本人とNHKがともに望んだ楽曲。今年のフィナーレは涙、涙となりそうだが、実は、サブちゃんの「まつり」で幕を閉じた翌年は、永田町が“祭り状態”で大揺れになる。そんなジンクスがあるのだ。 都合50回の出場で、北島が「まつり」を歌ったのは計5回。うち、93年、99年、2006…

「まつり」を熱唱する北島三郎

年明け体調悪化明かす…北島三郎“有馬記念”で引退プラン

それを『まつり』で祝い、オレも有終の美を飾りたい」 演歌歌手・北島三郎(80)はそんな引退プランを周囲に語っているようだ。節分の3日、高尾山での豆まきで「年のせいか、1つ改善されると次がくる。年明けにも目まいや貧血がありましてね」と語り、昨年9月に頚椎症性脊髄症の手術を受けた後も体調を崩していることを打ち明けた。 「キタサンブラックは昨年の年度代表馬に選出された最強…

None

北島三郎 「紅白」勇退でますます気になる“後継者問題”

一本の線を引いてみたい」 今年の大晦日が「最後の紅白」と報じられていた北島三郎(77)。5日、記者会見を開き、自らの口で正式に紅白引退を表明した。 デビュー2年目の63年に初出場して以来、歴代最多の50回出場。暴力団との交際が発覚した86年こそ辞退したが、前人未到の大記録を打ち立ててきた。 “ミスター紅白”と呼ぶにふさわしいキャリアだが、今後、NHKから特別枠でのオ…

春は京都で熱唱

【有馬記念】キタサンまつりで好配当ゲット

キタサンブラックが菊花賞を制する前、オーナーの北島三郎氏(名義は有限会社大野商事)が「勝ったら“まつり”を歌う」と公約。見事に初のクラシック制覇を果たし、北村宏司の勝利ジョッキーインタビューは途中からサブちゃんコンサートに変わっていた。 昨年の有馬記念は③着だったが、ゴールドシップの引退式が、やはり終盤には“まつり”の大合唱になった。 今年はキタサンブラックがGⅠ…

今週はリアファル(左)と併せた

【金鯱賞】次の〝まつり〟は自分が主役 GⅠ前日も武豊レコンダイトだ

乗った瞬間、豊さんに〝いいな〟と感じてもらえると思います」 先週のJCでは北島三郎氏の「まつり」をエスコート。今週末の中京を〝武豊まつり〟とするなら、まずは土曜重賞からだ。…

None

同時進行!! ウイークリー馬券小説 止まり木ブルース

セイウンコウセイのヌケを嘆いてもあとの祭り。大阪杯はキタサンブラックで、今度は「まつり」といきたいが・・・

阪神競馬場に北島三郎の『まつり』が熱唱されることを祈る。…

大差をつけての受賞

【2016年度JRA賞】キタサンブラック「まつり」効果で年度代表馬に

オーナーがサブちゃんこと北島三郎氏で、勝った天皇賞、JCだけでなく、有馬記念でもレース後に「まつり」を披露。競馬ファンだけの枠にとどまらず、キタサンブラックを、そして競馬そのものを社会に大きくアピールした功績は計り知れない。 もちろん、JRAにとっても広告効果は絶大。オーナーだけでなく、武豊が主戦を務めたこと、有馬記念の枠順抽選で1番を引き当てたりと、昨年、常に話題…

頼れる“サブ”/(C)日刊ゲンダイ

ヒーロー

プロ4年目で初勝利 楽天・福山「投げる代走要員」返上へ

「同級生だけど神様の田中くん(現ヤンキース)が、(右翼の田中の看板を指し)あそこから見ているので恥ずかしい投球は出来ないと思って投げています」 北島三郎によく似た顔をほころばせ、お立ち台でこう言ってファンを笑わせたのは、楽天の福山博之(25)。6日のソフトバンク戦で八回に登板。打者3人を9球でピシャリと抑えると、直後に銀次のタイムリーでチームが勝ち越し。プロ4年目に…

大接戦の黒松賞を勝った

武田記者 データがベース

【金曜中山9R・クリスマスローズS】最終週は馬主に注目!

今年の有馬記念で注目されるのは、またまた北島三郎さんが「まつり」を歌うかどうかだろう。 ジョッキーや調教師に比べて、普段はあまりクローズアップされることが少ないのが馬主。しかし、今年はサブちゃんによって、また里見治オーナーがここにきてGⅠを勝ちまくり、すごく注目を集めている。 馬主といえば、先週日曜の中山最終R。①②着のオートクレール、エクラミレネールが岡田牧雄氏の…

菊花賞は内からグイッと抜け出した

【有馬記念】キタサンブラック戴冠の可能性大

「あ~、祭りだ祭りだ、キタサン祭りだよ~♪」 国民的歌手、サブちゃんこと北島三郎の歌声が京都競馬場はもちろん、全国の競馬ファンにも響き渡った。 10月25日の菊花賞デーのこと。サブちゃんの愛馬キタサンブラックが勝利し、「勝ったら歌う」という公約を果たした。 73年に馬主登録して、JRA初出走は86年。そこからGⅠ制覇までに30年近くもかかった。これまで歌手として数多…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事