日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「宮里藍 結婚」に関する記事

プレー中も表情が冴えない

国内4戦連続予選落ち 宮里藍の「復活」に一番必要なモノは?

【日本女子オープン】 2日目58位タイ発進から巻き返しを狙った宮里藍(30)。前半のインは3バーディー、2ボギーと1つ伸ばして折り返した。しかし3番パー4でダブルボギーを叩くと、7番ボギー、上がりの9番パー5では1メートル足らずのパーパットを決められず、アウトはバーディーなし。カットラインに1打届かず、通算8オーバー62位タイ。今季は日本ツアーに出場した4試合すべて…

どうするのか?

初日33位タイ…宮里藍「今季国内3戦目」に飛び交う憶測

【中京テレビ・ブリヂストンレディス 初日】 米ツアーが主戦場の宮里藍(31)を日本で頻繁に見かけるようになった。 前週は男子ツアーの日本プロに勝った次兄・優作の応援に駆け付けたし、今季日本ツアーは開幕戦のダイキン(59位)、ワールドレディス(14位)に続いて今大会で3戦目になる。 ちなみに米ツアーは5試合に出場して最高位はハワイで行われたロッテ選手権の34位。予選落…

プロアマ戦でゲストの山本浩二氏(左)とラウンドする宮里藍

「全米女子プロ」捨て国内大会出場 宮里藍“心変わり”の理由

11日に開幕する女子プロゴルフの「サントリーレディスオープン」(兵庫・六甲国際GC)に、4年ぶりに出場する宮里藍(29)が10日、プロアマ戦に出場。冠企業と契約しているホステスプロとあって、同伴者の山本浩二氏(野球評論家)らに笑顔を振りまきながら最終調整を行った。 それにしても、なぜ今日本にいるのか? 藍が主戦場としている米女子ツアーは今週、メジャー第2戦の全米女…

31歳でオッサン化はまだ早い

女子プロ「イイ嬢」「ダメ嬢」どっち?

宮里藍(日本14勝、米国9勝・30歳)

でも、そんな宮里藍も来月には31歳かぁ。時って残酷よね。ブームを呼んだ「藍ちゃん」って、口が裂けても言えないわ。 アマ時代からずっとライバルで友達の横峯さくらが結婚したから、焦りがあるのかしら、なんか心にゆとりがないみたい。 イライラ全開オーラが出ていて、若年性更年期症状まで出始めているみたいだから、気を付けてちょうだい。 そんな気持ちがウエアにも表れている。おば…

ハネムーン気分?

渡米1カ月半「収入ゼロ」 横峯さくらの米ツアー参戦は失敗か

宮里藍(29)が米女子ツアーに参戦したのが21歳の時。有村智恵(27)は25歳。でも、2人とも下降気味だ。 「昨季、米女子ツアー9年目にしてはじめてシード権を失った宮里藍を見ても分かるように、選手にはスポーツ年齢というものがあります。特に女子の場合、ゴルフを最初にはじめてから20年で下降線をたどるといわれます。さくらは8歳ではじめたので、もはやフィジカル面でもメンタ…

None

宮里藍が兄・優作初優勝のTV中継で「恋人」をお披露目していた

17歳の若さは強みだが

米ツアー参戦 畑岡奈紗のルーキーイヤーは課題が山積み

それと、車の免許はなるべく早く取得した方がいい」 1月下旬にバハマで開幕する来季は、憧れの宮里藍(31)と同じ舞台に立つ。03年に高3で国内ツアーに勝った宮里は、06年から米ツアーに本格参戦し、09年7月にエビアン・マスターズで米ツアー初優勝を遂げ、賞金ランキングは3位になった。 英語がペラペラの宮里でも初優勝まで4年(83試合目)もかかっている。国内13勝で有村智…

新妻の“楽しみ”も満喫

さくらが初日好位置に 横峯家「おめでた続き」の効果絶大

宮里藍は出場していない。…

ツアーメンバーカードを手にした

さくらパパ アジアゴルフ珍道中

娘のひと言でプロテストに挑戦

そこで宮里藍ちゃんにそっくりなキャディーが、僕についてくれたのです。(つづく)…

None

私の時代 今の女子ツアー

会長の一言で米ツアー断念

いま米ツアーには宮里藍さん、宮里美香さん、上原彩子さん、横峯さくらさん、野村敏京さん、有村智恵さん、森田遥さんとたくさんの日本人が挑戦して頑張っています。 移動距離が長く、時差がある広大な米ツアーを転戦してトラブルになっても、仲間が多ければ何かと心強いですよね。 私も日本ツアーでの賞金ランク資格で全米オープン、全英オープン、ダイナ・ショア(現・ANAインスピレーショ…

None

全米女子5位タイの大山志保 「全英女子に悔しさぶつける」

トップ10は小林浩美、宮里美香、宮里藍、横峯さくら、福嶋晃子の6人しかいない。 日本人初の全米女子オープン優勝のチャンスがちらつき始めた。しかし、メジャーは最終日に2日分のエネルギーが必要と言われる。アウトで1日分、インで1日分というぐらい精神的、肉体的にタフな戦いが続く。 サンデーバック9に入り、11番は2打目がグリーンまでわずかに届かずに花道。パターでピンを1.…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事