日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

岡本和真特集

ノックをする小坂監督(左)と岡本

智弁学園・小坂監督に聞く 教え子・岡本和真の素顔と実力

もっか巨人で三塁のレギュラー取りを目指す2年目の岡本和真(19)の母校。教え子に関して小坂将商監督(38)に話を聞いた。 ■「パワーよりテクニック」 ――フリー打撃では逆方向の右翼席に次々とスタンドインさせ、巨人ナインを驚かせています。当時から右打ちは上手だったのですか。 「基本はセンター中心に飛ばせとは話していました。後は岡本自身のボールを飛ばす力でしょう」 ――…

センバツでは1試合2発を放った/(C)日刊ゲンダイ

智弁・小坂監督が語る“通算73本塁打”岡本和真の「素顔」

15日は智弁学園(奈良)の岡本和真内野手(3年=右投げ右打ち)が登場する。高校通算73本塁打、センバツでも1試合2本塁打を放ったドラフト1位候補だ。その実力、素顔、学校の成績などを小坂将商監督(37)に聞いた。 ――岡本は奈良出身ですけど、中学時代に全日本の4番を打って引く手あまただったと思います。智弁に入った経緯は? 「これは偶然ですけど、僕の嫁さんのお母さんと、…

19日に仮契約をした岡本/(C)日刊ゲンダイ

巨人ドラ1岡本和真 本塁打1本「小遣い1万円」に祖父母悲鳴

たった4試合で外された…

巨人・岡本スタメン落ちにOB落胆 由伸監督“鬼采配”の短慮

たった4試合で見切ったなら早過ぎます」 巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏(評論家)がこう指摘するのは、5日のDeNA戦でスタメン落ちした岡本和真(20)のことである。高卒3年目で初の開幕スタメン出場を果たしたが、これまでの4試合で10打数1安打の打率1割だった。 巨人はこの日、岡本の代わりに左翼で先発した重信の二塁打が内海の勝ち越し打につながった。采配とすれば的中…

リラックスした表情の岡本

開幕初スタメン有力も 巨人岡本にかかるコーチ2人のクビ

高卒3年目、岡本和真(20)が初の開幕戦に臨む。左翼でスタメン出場が有力。30日、東京ドームで前日練習を行い、「楽しみ。(オープン戦全試合)使っていただいたのでしっかり頑張りたい。(外野守備は)打球の判断が難しいけど、試合に出て経験するのが一番。ずっと一軍にいられるように、チームの勝利に貢献したい」と意気込んだ。 オープン戦は打率・241ながら2本塁打。持ち前の長打…

13日の練習で菅野(右)と汗を流す小林

巨人で散々も攻守で変貌 小林誠司は侍Jのオマケにあらず

オープン戦が本格化して調子が落ち始めた、巨人期待の岡本和真(20)にも当てはまりそうだが……。…

オープン戦1号を放った岡本

強風が後押しも…巨人・岡本“待望の1号”で開幕スタメンM4

巨人の岡本和真(20)に待望の一発が飛び出した。 小雪が舞う悪条件の中で行われた7日の中日とのオープン戦。二回、村田が実戦8試合目にしてチーム1号を放つと、続く岡本は136キロの直球を左翼席に運んだ。完璧な当たりではなかったものの、左翼方向への強風が後押しした。 この日は左翼で先発。来日2年目のギャレットとのポジション争いの渦中にいるが、高卒3年目の和製大砲に求めら…

視察に訪れた長嶋終身名誉監督の目にはどう映ったか

OB酷評の巨人無気力キャンプ 金満補強が原因と評論家指摘

この日の紅白戦で4打数3安打1打点と気を吐いた、高卒3年目の岡本和真(20)にしても、村田ヘッドコーチから「オープン戦で打率3割、5本塁打」をノルマに課され、それをクリアできなければ、二軍暮らしが現実味を増す。年俸1億6000万円のギャレットが左翼のレギュラーを争うライバルとなれば、“結果を出したところで……”と気力を持続させるのも大変だろう。 「首脳陣も大変です…

巨大戦力に囲まれて…

山崎裕之のキャンプ探訪2017

高橋監督は葛藤 若手切望も大補強を繰り返す巨人の“矛盾”

そういうつもりです」 話を聞きながら、若手生え抜きの有望株と期待される、高卒3年目の岡本和真(20)のフリー打撃を見た。 彼はこのキャンプで三塁から外野へのコンバートに挑戦中。マギーが加入したことで、少しでも出場の可能性を広げるためだ。しかし、外野にもFA入団の陽岱鋼(30)がおり、昨季24本塁打の2年目助っ人ギャレット(35)もいる。現時点では、岡本がレギュラーを…

一軍では1安打に終わった岡本

巨人・岡本 ポジションなくても「レギュラー取れ」の難題

巨人の岡本和真(20)が26日、球団事務所で契約更改交渉を行い、200万円ダウンの1200万円でサインした。 大きな期待を背負った高卒2年目は今季、春のキャンプから正三塁手をベテラン村田と争った。オープン戦では優先的に起用されたものの、自慢の打撃が振るわず、開幕前に二軍落ち。その二軍では打点王を獲得するなど非凡な面を見せる一方、一軍ではたった3試合の出場。10打数1…

楽天時代は活躍したマギー

阿部、村田に影響…巨人のマギー獲りはデメリットだらけ

来季3年目を迎える岡本和真(20)の正三塁手への道が、ほぼ立ち消えになるからである。三塁で試合に出るためには、今季3割とゴールデングラブ賞の村田、4番候補の新外国人の2人を押しのけなければならない。高卒スラッガーとして、松井秀喜級のスター選手に育てたいと球団の誰もが言うにもかかわらず、あまりにもハードルが上がってしまったのだ。 だからだろう。現在、派遣されているプエ…

プエルトリコで成長が期待される岡本だが…

由伸巨人の病巣

海外武者修行の成否は選手の力量だけじゃない

プエルトリコでのウインターリーグ(WL)に参加するため、投手の高木勇人(27)、平良拳太郎(21)、内野手の岡本和真(20)が二軍の会田トレーニングコーチとともに出発したが、所属するチームでの出場機会は約束されていない。現役メジャーリーガーも参加する同WLのレベルは高く、首脳陣に実力を認められなければ、地球の裏側まで行って「ベンチを温めるだけ」という可能性もゼロでは…

外れの外れ1位で指名された吉川

2016年ドラフト会議 全内幕

巨人1位の吉川 アマ球界No.1遊撃手に仰天“コンバート案”

高校、大学で経験のある三塁か二塁への転向が現実的だが、三塁には今季3年ぶりに3割(.302)を打って復活をアピールした村田修一(35)がいて、さらに球団と首脳陣が最も期待を寄せる14年ドラフト1位で高卒2年目の岡本和真(20)も控えている。二塁はクルーズ(32)が来季も残留し、昨年のドラフト2位の重信慎之介(23)が外野からコンバートされる予定。移籍2年目のクルーズ…

シーズン報告を行った高橋監督

由伸巨人の病巣

若手育成と大補強…高橋監督に突きつけられた無理難題

だから、その象徴にすべく、ドラフト1位で入団し、2年目を迎えた岡本和真(20、)に春のキャンプからチャンスを与え、村田と正三塁手を競わせた。しかし、本人がそのチャンスをものにできず、一軍出場はたったの3試合。二軍では、イースタン・リーグトップの74打点、同2位の18本塁打を放つなど大器の片鱗を見せながら、「岡本には期待しているけど、ポジションを与えることはしない」…

岡本を使えばいいのに

2軍が2年連続V 巨人復活のカギは札束補強でなく若手育成

例えば、2年目野手の岡本和真(20)だ。ホームラン18本はリーグ2位。74打点は同トップだ。名門智弁学園時代は超高校級の右打者として通算73本塁打をマーク。類いまれなる長打力を買われ、4番候補としてドラフト1位で獲得した選手だ。プロ生活も2年目となり、二軍の投手ならポンポンと長打を放つ。 2年連続V逸の巨人は、課題の貧打をFAや助っ人補強で解消しようと、今オフも札…

3安打3打点の大爆発

帳尻合わせは天下一品…巨人・村田“契約最終年”の大活躍

それが、若手成長株の岡本和真(20)を蹴落とすと、全119試合に出場して.302、18本塁打、58打点。クビのピンチを吹き飛ばすどころか、3億円の年俸も維持しそうな勢いである。 村田は11年オフに2年総額5億円で横浜から巨人にFA入団。移籍1年目はプロ入り最低の12本塁打に終わるなど、.252、58打点と期待を裏切ったが、契約が切れる2年目に.316、25本塁打、…

4安打完封負けに爪をかむ高橋監督(左は村田ヘッド)

貧打巨人の起爆剤に 田代巡回打撃コーチ一軍昇格待望論

田代富雄コーチ(61)は自身と同じ右の強打者タイプで、球団期待の高卒2年目・岡本和真を密着指導。7本塁打、42打点で目下2冠王という好成績をアシストしている。 巨人はこの日、不振のギャレットに代わりアンダーソンが一軍に昇格した。1安打したものの3三振で起爆剤にはならず。チームとしても10三振を食らった。高橋監督は「打線が苦しんだ? そうですね。なかなかチャンスもつく…

怖さがないスイング

権藤博の流儀

巨人岡本に必要なのは結果を度外視したスイングの迫力

巨人の岡本和真(19)が開幕を前に二軍行きを通告されたが、当然だと思う。打率.164、0本塁打、3打点というオープン戦の結果だけで言うのではない。キャンプで見たときから、私はガッカリしていたのだ。 とにかく、スイングにも打球にも迫力がない。いや、素質はあるに決まっている。なにしろ、奈良の智弁学園時代に高校通算73本塁打をマークしたスラッガーである。相手投手のレベルが…

チーム49イニングぶりの適時打を放った岡本

巨人はムード最悪…深刻貧打と野球賭博が暗い影落とす

五回に岡本和真(19)が左翼線に適時二塁打を放ったが、これが25イニングぶりの得点で、タイムリーとなると、6日の阪神戦の初回に長野が放って以来、実に49イニングぶりのことだった。 今季はギャレット、クルーズを補強して臨みながら、これまでのオープン戦のチーム打率は.221である。.243でリーグ最低だった昨年以上に貧打は深刻だ。 生命線だった先発投手陣だって怪しい。1…

岡本にはライバルが増えた

岡本vs村田の巨人サード争いに“第三の男”クルーズ急浮上

チームスローガン「一新」のもと、キャンプではドラフト2位ルーキーの重信、2年目の岡本和真(19)といった若手が台頭したかに見えた。途中出場の重信はこの日1安打、岡本は4安打と大暴れしたものの、先週末の2試合でそれぞれ無安打と失速気味。期待はしてもアテにはできないのが若手というもの。高橋監督は若手がコケた時のことも想定しているのだ。 特に期待が大きい岡本が正三塁手の…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事