日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「松井裕樹 スライダー」に関する記事

楽しみだという楽天の松井(左)とU18W杯を前に練習する清宮

橋本清の取りたて直送便“本音を聞きたい”

「高校時代だったら清宮をどう抑える?」楽天・松井に対決をシミュレーションしてもらった

楽天の松井裕樹です。神奈川・桐光学園2年の夏、1試合22奪三振の甲子園記録を樹立。ほんの2年前まで高校球界のスター選手だった松井は、同じように甲子園を席巻する清宮をどう見ているのか。 「実は時間があれば、夏の甲子園はけっこう見てました。清宮君はすごいです。最初は正直、引っ張り専門かなと思ったんですが、甲子園では左中間にも大きな打球を打ちましたよね。あれでイメージが…

None

ロッテ打線を翻弄…左腕の松井裕樹が右打者に強いワケ

ロッテは5日のオープン戦、楽天先発の松井裕樹(18)との初対決で大胆な手を打った。ルーキー左腕に対し、スタメンに9人の右打者をズラリと並べたのだ。 左腕対策として、右打者を並べるのはセオリーの一つ。とはいえ、松井は高卒新人だ。攻略にしゃかりきになって1点も取れなかった。 「右打者ばかりを送り込むのは、松井を喜ばせるだけです」とは、某スコアラーだ。 「松井は右打者に…

人目なんて些細なこと/(C)日刊ゲンダイ

楽天・松井 コントロール難より心配な「八方美人」の悪い癖

一軍復帰戦となった19日の広島戦で、4回5四球3失点とボロボロだった楽天の松井裕樹(18)。相変わらずのノーコン病に、正捕手の嶋も「四球を怖がって腕が振れなくなる」と苦言だ。 その言葉通り、松井はピンチになるとチェンジアップを多投。高卒1年目らしい若さはなく、勝ちを意識して小手先でかわそうとする投球だ。 楽天は昨オフにエースの田中がヤンキースに移籍。高卒1年目の松…

4回2失点の松井/(C)日刊ゲンダイ

ライバル球団も舌を巻く 楽天・松井裕樹の「頭脳」と「計算」

19日のDeNA戦で楽天の松井裕樹(18=桐光学園)がオープン戦4試合目となる先発。初回は3者連続三振に打ち取ったものの、二回に走者を出してから投球が不安定になり3安打を浴び2失点。オープン戦最後の登板を、4回4安打1四球2失点、5三振で終えた。 初回には人生最速となる150キロを出したものの、高校時代に慣れ親しんだ横浜スタジアムだけに松井は「単純に(スピードガン…

None

プロ入り時点の評価は上…松井裕樹はマー君を超えられるか

5球団の競合の末に楽天入りしたドラフト1位の松井裕樹(18=桐光学園)は合同自主トレから大張り切り。20日は第2クール最終日でブルペンには入らなかったが、前日まで2日連続でブルペンで熱投。2度のシャトルラン(20メートルの往復持久走)も激走した。18日には同じくコボスタ宮城で自主トレをしている田中将大(25)に挨拶され、「目標としている方」と感激の面持ちだった。 …

None

続・鬼の遺言

ドラフト目玉 桐光・松井がプロで活躍するための「3つの課題」

同じ神奈川で切磋琢磨してきた目玉候補の桐光学園・松井裕樹君(17)に何球団競合するか楽しみだ。 OBの松坂大輔(メッツ)は1年目に16勝した。今年は藤浪晋太郎(阪神)が10勝を挙げ、大谷翔平(日本ハム)が二刀流で奮闘するなど、高卒ルーキーの活躍が目立っている。もし大谷が投手に専念したら、将来性は藤浪より上だと思う。 そこで松井君だ。結論から言うと、一軍で活躍するまで…

None

楽天高卒ドラ1 肝っ玉投手

ボクもあの舞台に立ってメジャーリーガーと戦いたい」 チームのその先輩、則本昂大(26)と松井裕樹(21)は、激闘に疲労困憊だ。則本は7日のキューバ戦の3失点に続いて12日のオランダ戦でも1失点。2試合に登板して防御率9・82と精彩を欠いている。松井は登板した本戦3試合すべてで無失点に抑えたものの、昨20日のドジャースとの強化試合では四球から崩れてサヨナラ打を浴びた。…

度胸は満点!/(C)日刊ゲンダイ

嶋のサインにもNO 楽天・松井裕が初陣で見せた「聞き流し力」

23日、楽天の高卒ルーキー松井裕樹(18=桐光学園)が巨人とのオープン戦に先発。プロ初実戦ながら、坂本や長野、村田ら巨人の主力を相手に堂々の投球を披露し、2イニングを無安打2三振。右打者の膝元に食い込む得意のスライダーを効果的に使い、ひとりの走者も許さなかった。 これには指揮官も、いくら褒めても褒め足りないと言わんばかりに絶賛。 「ここまでいいピッチングをするとは…

None

バントシフト練習で露呈…松井裕は「牽制」と「捕球動作」にも難あり

5日、楽天のドラフト1位左腕・松井裕樹(18=桐光学園)が、ブルペンで決め球のスライダーをプロ入り初めて披露。計65球のうち4球を投じたスライダーは、正捕手の嶋が捕りそこなうほどのキレを見せ、周囲をうならせた。 ところが、松井裕はその直前、別の意味で首脳陣をうならせていた。バントシフト練習で一塁に牽制球を投げると、審判が「ボーク!」。その後もボークを取られ、牽制球…

None

続・鬼の遺言

桐光松井君は我々にとっても大きな存在だった

昨夏の甲子園で22奪三振の大会記録を樹立した桐光学園の松井裕樹君(3年=楽天1位)を攻略しないことには甲子園はない。練習に多くの時間を割いた。 横浜は春の大会で6者連続三振を食らうなど5安打13三振。0─3の完敗だった。宝刀のスライダーだけでなく、チェンジアップも習得。とても手に負えない投手に成長していた。正直なところ、「これは夏もどうにもならないな」と思った。 と…

None

続・鬼の遺言

横浜高・小倉コーチが教える「打率4割を打つコツ」

今夏、桐光学園の松井裕樹君(3年=楽天1位)を倒すため、あの大きくて鋭いスライダーを映像で見て、各自が軌道を1本の線にイメージするよう徹底した。軽視しがちだが、「イメージ戦略」はかなり重要だ。…

抑える時も打たれる時も「徹底的」

1回6失点の大炎上…楽天・松井裕“極端すぎる投球”の中身

5日、楽天は1点リードの九回に、守護神の松井裕樹(20)を投入。試合展開が1イニングごとに変わるシーソーゲームに幕――と思いきや、見るも無残に大炎上してしまった。 1死から5番ナバーロを歩かせると、もう止まらない。四球、ヒット、タイムリー、とどめに3ランと、3分の1回で4安打2四球6失点。継投の石橋もこの流れにのみ込まれ、楽天は九回だけで8点を失い、8-15でボロ…

適性がある秋吉

権藤博の流儀

私なら「新守護神」をこうつくる

昨季、楽天の松井裕樹(20)が、高卒2年目のストッパーとして33セーブを挙げた。キャンプでリリーフへの配置転換が告げられたが、その時点ではあくまで中継ぎ要員としてのスタート。抑えを務めるはずだったミコライオが故障で出遅れるという事態になり、守護神に指名されたのはオープン戦の終盤、3月中旬のことだった。これがよかったのだ。 どうやって、選手に持っている能力を存分に発…

None

プロ野球考現学

ドラフト1位指名を聞いたのは小金井CCだった

24日のドラフト会議で話題の高校生左腕・松井裕樹(桐光学園)の交渉権を得たのは楽天だった。今の楽天は田中将大が入団した当時の弱小球団ではない。今季は悲願のリーグ優勝を果たし、26日からは巨人との日本シリーズに挑む。 田中は1年目から11勝を挙げ、高卒新人では歴代4位の196奪三振を記録した。あれから6年。球界を代表する右腕はこのオフ、メジャー移籍も囁かれている。松…

美間に先制一塁打を放たれボー然/(C)日刊ゲンダイ

ストライクが入らない…楽天・松井裕に深刻な「先発恐怖症」

フレッシュ球宴で先発した楽天のルーキー、松井裕樹(18)。試合前は「全部直球くらいの気持ちで投げたい。いいカウントになれば三振を取りにいく」と話していたが、しかし、ストライクが入らない。 直球はバラバラで、スライダーも振ってくれずにボールを連発。1イニングを投げ、2安打1四球1失点。三振はひとつも取れず、要した17球中、ストライクゾーンに入ったと言えるのはわずか2…

松井が生きる道は?/(C)日刊ゲンダイ

楽天・松井 中継ぎで2回無失点も「先発復帰」遠のく皮肉

楽天のドラフト1位左腕・松井裕樹(18)が1日のオリックス戦で今季2度目の中継ぎ登板。ペーニャ、T-岡田から連続三振を奪うなど、2回を1安打、2奪三振の無失点に抑えた。 先発では5試合に登板して0勝4敗。四球を連発して制球難に苦しんだ黄金新人は、中継ぎに限れば、2回を無失点に抑えた6月7日の中日戦に続き、これで2試合連続での好投。佐藤監督代行は「良くなっている。この…

黒星もバネに/(C)日刊ゲンダイ

松井裕にプロ洗礼も 大物ぶり証明した初登板の心・技・体

2日、楽天の松井裕樹(18=桐光学園)が、仙台のオリックス戦で公式戦デビュー。6回5安打3失点でプロ初黒星を喫し、試合後は「悔しい。緊張してテンポが悪くなった」と下を向いた。 しかし、高卒ルーキーのデビュー戦だ。6回3失点は悪いどころか上出来だろう。三振も6個奪っている。3失点目は六回1死三塁の場面でのスクイズ。オリックスの森脇監督が「外野フライを打つのも難しいし、…

None

楽天・松井 「縦角度は野茂」「下半身は上原」のいいとこ取り

本拠地での今季2戦目となるオリックス戦(4月2日)でデビューする楽天・松井裕樹が、26日、コボスタ宮城で行われた社会人・日本製紙石巻との練習試合に登板した。 2番手でマウンドに上がり、4回を3安打無失点。「いい球がたくさんありました」と手応えをつかんだ直球で押し、奪った三振は8。五回には3者連続、六回から七回にかけては5者連続で三振を奪った。 12年夏の甲子園で1試…

オリックス打線をひとひねり/(C)日刊ゲンダイ

中学時代の監督が明かす 松井裕の本質は「変化球にアリ」

楽天の黄金ルーキー、松井裕樹(桐光学園)が13日のオリックス戦に先発。初回は1死三塁、五回はヒットと四死球で招いた2死満塁のピンチを切り抜け、二、三、四回はいずれも3者凡退。5回2安打無失点と結果を出した。 「アピールするためにゼロを意識した」と言う松井は、ここまで投げた3試合12イニングをすべてゼロに抑える快進撃。まだオープン戦の時期だということを差し引いても、並…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事