日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「真田信繁 家臣」に関する記事

ベストセラー早読み

「真紅の人」蒲原二郎著

実はこの老人、真田信繁(幸村)の家臣・掛居久蔵で、折しも徳川方を迎え撃つべく大坂城に入った主君に合流する途次だった。 仇敵の伯父が徳川方にいることから、仇討ちしようと大坂入りを企てていた佐助は、渡りに船とばかり、親友の権太と佐助に読み書きを教えてくれた僧侶・隆海と共に真田家の家臣として大坂の陣に参加することに。 劣勢の豊臣方にあって創意と奇策を駆使して一矢を報いよう…

NHKドラマ「真田丸」は堺雅人主演

NHKドラマ「真田丸」が100倍楽しくなる幸村トリビア秘話

大坂夏の陣で徳川家康の本陣まで迫った真田信繁(幸村)の生涯が描かれる。父・昌幸を草刈正雄、兄・信幸を大泉洋、妻・きりを長澤まさみが演じる。 ▽さわだ・たいら 堺鉄砲研究会を主宰。古式砲術と古式銃の研究に取り組む。昨年、私設ミュージアム「真田幸村公資料館」(大阪市東成区)をオープン。[電話]06・6974・1186、090・8165・2488。予約制。…

乗馬はお手のモノ

ドラマ彩る 大河「真田丸」の女たち

木村佳乃が演じる 真田信繁の姉・松の「決意と運命」

戦国時代を熱愛する脚本家・三谷幸喜が描く戦国美女の運命と見どころとは――!? 1回目は、主人公真田信繁(堺雅人)の姉・松(木村佳乃)。いつもハキハキと元気よい松は、武田家家臣の小山田茂誠(高木渉)と結婚し、幸せな生活を送っていた。ところが武田家滅亡直前、小山田一族は武田家を裏切って、真田家とは対立関係に。松は夫と泣く泣く分かれていたが、信繁の機転で流浪の身となった夫…

イラスト・林蓮珠

日本史再見 英雄になれなかった男

主君・長政から嫌がらせ 大阪夏の陣に散った後藤又兵衛の悲劇

この戦いで討ち死にした武将は、真田信繁(俗称・幸村)が有名ですが、後藤又兵衛もそれに負けない人気を誇っています。昨年のNHK大河ドラマ「真田丸」では、哀川翔さんが演じました。信繁の軍略に反対するなど、ちょっと意地悪な面もありましたが、最後は信繁に賛同して戦い抜きました。 又兵衛は永禄3(1560)年、播磨国別所氏の家臣だった後藤新左衛門のもとに生まれています。その後…

大野泰弘

オレのおふくろメシ

大野泰広 ヤンチャ坊主のために作ってくれた鶏肉のピカタ

■大河ドラマ「真田丸」 真田信繁の兄で、大泉洋演じる信幸を支える家臣、河原綱家役でレギュラー出演中。…

山の中腹に位置する「オトチの洞穴」

おでかけ出張コンシェルジュ

「真田丸」で注目 滋賀長浜市の戦国武将“石田三成”の岩窟

しかし、最近は人気ゲームシリーズ「戦国無双」でイケメン武将として描かれ、放送中のNHK大河「真田丸」でも真田信繁の運命を左右する人物として注目されるようになっている。 そんな三成の魅力を探るべく、「三成伝説」の著者、田附清子さんと出生地・滋賀県長浜市近辺を巡った――。 ■1時間半の登山道 長浜市木之本町古橋には、関ケ原の合戦後、朋友・田中吉政に捕らわれる寸前まで、三…

武士たちのお母さん役

ドラマ彩る 大河「真田丸」の女たち

鈴木京香演じる北政所 史上最高アゲマン美女の複雑な女心

ドラマの主人公・真田信繁(堺雅人)がついに力尽き、大坂城が落城した際、北政所は燃え上がる城をどんな思いで見つめていたのか。 男たちを育てた名物おかか・北政所とお姫様育ちでセレブなママ茶々。女のプライドの激突を、鈴木京香と竹内結子で見られるというのは、とても楽しみ。鈴木は三谷幸喜脚本・監督の映画「清須会議」では、役所広司演じる純情な柴田勝家を誘惑する妖艶なお市(信長…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事