日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「菅原文太 俳優」に関する記事

/(C)AP

高倉健インタビュー秘録

高倉健に少しも臆していない菅原文太の芝居

【大脱獄(1975年・東映)】 高倉健、菅原文太が共演したアクション映画である。両者が共演した映画は11本とされている。ただし、東映に移籍してきたばかりの菅原文太がほんのちょっとしか出ていない映画もあり、それを共演と呼べるかどうか。単に「ふたりが出ている」映画と共演は違う。 「大脱獄」は「仁義なき戦い」でスターになった菅原文太が高倉健と対等な立場で共演している映画で…

None

いま一度見直したい「映画俳優」としての川崎敬三さん

昨年11月は高倉健さん、菅原文太さん、この11月は原節子さん、川崎敬三さんの訃報である。 もっとも、川崎さんは7月、原さんは9月にすでに亡くなっていたという。故人の遺志で死去が伏せられていた。はたからでは及びもつかないお2人の強い決意のほどがうかがえる。 「永遠の処女」「伝説の大女優」という活字が躍る原さんの報道は大きかった。映画史に残る大女優だから当然といえば当然…

芸能界を引退後も講演活動など精力的に活動していた/(C)日刊ゲンダイ

菅原文太さんが死去 高倉健さんに続き大物俳優がまた…

俳優の菅原文太さんが死亡していたことが1日、分かった。享年81。高倉健さんに続く“大物俳優”の訃報だ。 菅原さんは1933年8月16日生まれ、宮城県出身。早大第二法学部進学後、モデルや「劇団四季」の団員を経て、58年「白線秘密地帯」(新東宝)で本格映画デビュー。73年に始まった「仁義なき戦い」シリーズの広能昌三役で人気を不動のものとし、「トラック野郎」など数多くのヒ…

None

大高宏雄の「日本映画界」最前線

チンピラ役が絶妙だった

菅原文太扮する夜桜銀次の壮絶なヤクザぶりを描いたものだが、憲一という銀次の配下を演じる渡瀬さんのチンピラぶりも実に魅力的だった。憲一が発する暴力は何の擁護もできないが、70年代当時、“政治の季節”が終息して世間が収まり返っていく時代の雰囲気を見事にすくい取っていた。若い筆者は思った。学生運動の火も消え、日本は安定に向かうのか。その妙な心のザワザワ感が、もがきあがくチ…

東京都知事選では細川護煕氏を応援した(左)/(C)日刊ゲンダイ

菅原文太さん 「仁義なき」暴挙に走る安倍政権に“痛烈遺書”

28日に肝不全のため亡くなった菅原文太さん(享年81)。映画「仁義なき戦い」や「トラック野郎」シリーズなどの大ヒットでスター俳優としての地位を確立。映画、ドラマ、声優など幅広いジャンルでいぶし銀の存在感を発揮してきたが、不帰の人となった。 「菅原さんの後半生にはショッキングな出来事が2つあった。ひとつは俳優だった長男・加織さんが事故で亡くなったこと(享年31)。も…

菅原文太さん

ワイドショーは何を伝えてきたか

テレビで見てラジオに呼んでくれた菅原文太さん

菅原文太さんにもお世話になりました。 知り合ったきっかけはニッポン放送からの電話でした。「菅原文太 日本人の底力」というラジオ番組があったんですが、スタッフの方から、文太さんが出て欲しいって言っていますって。それまでまったく面識も何もなかったんですが、僕をテレビで見て、呼んで欲しいと言われたそうです。それでニッポン放送に行ったのが初対面でした。 僕はその直前に初めて…

菅原文太

Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【菅原文太さんのケース】医師は膀胱全摘を提案。でも、温存できた

それが嫌でねぇ……」 昨年11月、膀胱がんで亡くなった俳優・菅原文太さん(享年81)が、私の外来にセカンドオピニオンを求めにこられたのは、07年3月でした。テレビや映画で見せるような元気さは影を潜め、軽いうつ状態という印象がありました。 別の病院で手術日程を決め、輸血のために自分の血液を採取して保存。一度は腹をくくったものの、コンビニの袋のような人工膀胱をぶら下げて…

“キンキン”の愛称で親しまれた愛川欽也さん

Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【愛川欽也さんのケース(1)】高倉健も菅原文太も。最期まで仕事できた共通項

昨年11月、高倉健さん(享年83)、菅原文太さん(享年81)という日本を代表する銀幕のスターがこの世を去りました。健さんは悪性リンパ腫(リンパ組織の悪性腫瘍)で、文太さんは膀胱がんでした。 お2人とも最晩年までお元気で若々しく、とても80代とは思えませんでした。戦後の日本人の生活習慣はほぼ理想的で、体は年齢以上に若くなっています。しかし、がんは遺伝子の「経年変化」…

4月15日に亡くなった愛川欽也さん

“映画俳優”愛川欽也さんの評価が決まってしまった主演映画

菅原文太さんとの共演で知られる75年製作の「トラック野郎」は愛川さんの企画だったといわれる。自主製作の「さよならモロッコ」を前年の74年に手掛けたくらいだから、映画畑での大成功は、ことのほかうれしかったに違いない。 「トラック野郎」で東映における愛川さんの評価がアップし、主演映画が76年に製作される。その映画が「キンキンのルンペン大将」。チャプリンぽいコスチューム…

ハイテンションキャラでもおなじみ

芸歴は38年目 柳沢慎吾“映画初主演”までのデコボコ道

翌年NHK大河ドラマ「獅子の時代」で菅原文太と共演するが、リハーサルで言えた「おいでなさいまし」のセリフが本番で言えず、他のエキストラに代えられてしまった。 役者をやめたいと泣いたが、持ち前の切り替えの早さで乗り越え、81年の「翔んだカップル」では主演に抜擢される。 「ふぞろいの林檎たち」(83年・TBS系)の西寺実役で注目されるが、山田太一脚本のセリフの一字一句お…

NHK大河「国盗り物語」にも出演/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

「ケチで有名になるくらい倹約」していた俳優・山谷初男は今

山谷さんはアンコールで寺山修司作詞の「菅原文太を見にゆくブルース」など18曲を熱唱した。 「『山谷初男の放浪詩集』ってレコードを42歳の時に出し、以後、同じタイトルで2回リリースしてる。42歳の時のヤツは寺山さんに書いていただいた14曲を集め、『菅原文太――』も入ってるよ。寺山さんに1曲や2曲、作ってもらった人はいても、こんなにたくさんあるのはオレだけ。もっとも、全…

国の未来を憂えていた/(C)日刊ゲンダイ

菅原文太さんが残した“遺言” 「日本はいま危うい局面にある」

そうしたきな臭い状況に危機感を抱くのが元俳優の菅原文太さんだ。この夏80歳を迎えた老優は日本の何を危惧しているのか――。 ■「今の日本は真珠湾攻撃をした時と大差ない」 毎年8月になると太平洋戦争を思い出します。日本が戦争に負けた昭和20(1945)年当時、私は小学6年生で、宮城県栗原郡(現・栗原市)の小さな村に住んでいました。 敗戦が近づいた頃のこと、仙台の街がB2…

小倉智昭さん

Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【小倉智昭さんのケース】膀胱がん オシッコで早期発見

膀胱がんは男性に多いがんで、俳優・菅原文太さん(享年81)は2年前にこのがんで亡くなっています。07年、別の病院で勧められた膀胱の全摘手術が嫌で私の外来にセカンドオピニオンを求めにこられました。 当時、文太さんの病期はステージ2で、治療は手術による膀胱全摘が主流。膀胱を全摘したら、尿をためるスペースがなくなり、“コンビニ袋”のようなもので代用することに。袋に尿がた…

また元気な姿が見たい

老人ホームで“奮闘”報道…田中邦衛に「重病説」が飛びうワケ

昨年秋に、ほぼ同じ年代の菅原文太さんが亡くなられ、今年の5月に『北の国から』のプロデューサーの葬儀が営まれた際も、公に姿を見せることもコメントを出されることもなかった。そうしたことから、重病説へとつながっていったのでしょう」(芸能関係者) 老人ホームではどんな様子なのか。田中夫人は「NEWS ポストセブン」の取材にこう答えている。 「誤解しないでいただきたいのは、あ…

肺がんを隠して仕事を続けた

愛川欽也さん壮絶死…がん脊髄転移、最期まで「仕事行こう」

菅原文太の相棒“やもめのジョナサン”こと松下金造役で出演した「トラック野郎シリーズ」が大ヒットした。 74年からは日本テレビ「11PM」の司会としても人気になり、バラエティーに進出。楠田枝里子とコンビを組んだ「なるほど!ザ・ワールド」(フジテレビ)は15年間、「おまっとさんでした」の名ゼリフが有名になった「アド街ック天国」ではメーン司会を20年間務め上げ、14年に…

None

有象無象がズラリ 病床の徳田虎雄氏を訪ねた「見舞客リスト」

●2013年 ◇9月8日/中平まみ(作家※08年以降13回)麻生泰(麻生セメント社長) ◇9月5日/旭天鵬(力士) ◇8月19日/近藤昭一代議士、阿部知子代議士(※27回) ◇8月9日/辻宏泰(和泉市長) ◇8月5日/武見敬三参院議員 ◇7月23日/佐藤勉代議士、園田修光元代議士、山田正彦元農水大臣(※25回) ◇7月11日/石井一二元参院議員 ◇7月9日/逢沢一…

(C)2015『龍三と七人の子分たち』製作委員会

「三匹のおっさん2」好発進 エンタメ界でオジサン注目のワケ

さらに、ちょうど今は昨年から高倉健や菅原文太など大物俳優が亡くなった流れで、ベテランが見直されていることも影響していることがあるかも知れませんね」 今期のテレビドラマはキムタク出演の「アイムホーム」(テレビ朝日系)と「天皇の料理番」(TBS系)以外いずれも苦戦中。いっそのこと昭和のベテランをズラッと並べてみたらどうか。少なくとも、スケジュール調整など余計な手間が省け…

故・愛川欽也さんとうつみ宮土理夫妻

愛川欽也さんはレアケースだが…“病気取材”メディアの課題

愛川さんと同年代で昭和を代表する俳優だった高倉健さんも菅原文太さんも亡くなるまで病気を隠し、密かに入院生活を送っていた。映画関係者は、「本業以外で騒がれるのを“よし”としない昭和の映画スターらしい」という。 2人とも役者の仕事だけで晩年は仕事をセーブしていたため、顔を見なくとも不思議はなかったが、仕事人間だった愛川さんは唐突なレギュラー番組の降板など不自然さが残り…

いまだに健さんの影響力は大きい (C)AP

レアな高倉健作品続々上映で池袋「新文芸坐」が大にぎわい

雑誌でも、2月末発売の月刊誌「一個人」が“高倉健VS菅原文太 やくざ映画名作対決”と銘打った特集を行う。東映ヤクザ映画が、なぜ出てきたのか。2人の魅力は何かなど“フカボリ”的な内容が盛りだくさんである。 これらすべて、健さんの魅力のなせるわざとはいえ、甚大かつ広範囲な影響力と持続力には、本当に恐れ入る。多くの日本人の心の中にいつまでも居続ける俳優が健さんだと言える…

/(C)AP

高倉健インタビュー秘録

戦後初の韓国ロケ作品

菅原文太と違い、政治家の応援演説なども行ったことはない。彼は右翼でも左翼でもなかった。常識あるひとりの日本人として政治を見ていた。彼は他人の悪口は言わず、泣き言も言わなかった。誰かの責任を追及しようとも思っていなかった。 だが、この映画のときだけは「日本人として忘れてはいけないものがある」と主張した。 それだけに「ホタル」には大きな意味がある。声高なメッセージ映画よ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事