日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「吉田茂 鳩山一郎」に関する記事

幼稚極まりない外交(安倍首相と今井秘書官)

永田町の裏を読む

手を取り合って幻想空間を遊泳する安倍首相と今井秘書官

それですぐに目先を変えて、「戦後の首相として初めて」と銘打った安倍の真珠湾訪問を仕掛け、それがうまくいけば「真珠湾解散だ」とまで新聞に書かせてあおり立てたが、「初めて」どころか吉田茂も鳩山一郎も岸信介も訪問していたことが判明して、ずっこけてしまった。 自民党中堅議員が嘆く。 「とにかく今井は、外交舞台をその場限りの派手なサプライズ演出のチャンスとしか考えておらず、う…

88年、竹下元首相(左)もアリゾナ記念館に行っていた…

安倍首相大誤算 アリゾナ記念館には竹下登氏も行っていた

ところが、過去、吉田茂元首相だけじゃなく、鳩山一郎氏、岸信介氏といった歴代首相が続々と訪問していたことが判明。真珠湾訪問の“価値”は一気にダウンしてしまった。訪問のタイミングが「SMAP」の解散と重なったことも、安倍首相にとっては誤算だったに違いない。真珠湾訪問のニュースが小さくなってしまった。 で、苦し紛れに安倍官邸は「アリゾナ記念館の訪問は初」と大々的にPRし始…

歴史的でもなんでもない

歴代首相では4番目 安倍首相「真珠湾訪問」のドッチラケ

大新聞・TVは当初、「現職首相の訪問は初めて」と大騒ぎだったが、1951年9月に当時の吉田茂首相の真珠湾訪問が表面化すると、「アリゾナ記念館を訪れるのは初めて」と一気にトーンダウン。オバマ大統領と最後の日米首脳会談が予定されているにもかかわらず、いつもと違って事前報道もチョボチョボだ。日ロ首脳会談の時と対照的だが、盛り上がらない理由はハッキリしている。単なる思い付き…

アリゾナ記念館で慰霊のため海に花びらをまく安倍首相とオバマ大統領

巻頭特集

口を開けば「改革道半ば」 安倍政権4年間の成果ゼロ

そもそも、過去に吉田茂や鳩山一郎など元首相らの真珠湾訪問があまり新聞等で取り上げられてこなかったのは、米軍基地が置かれている日本の首相が真珠湾へ行くことは、米国への隷属の象徴になるからです。つまり、安倍首相の訪問を、米国民はますますの『隷属』と受け止めていると思います」 ■国際協調より自国エゴ 「核兵器なき世界」を提唱し、大統領就任直後にノーベル平和賞までもらったオ…

米国立太平洋記念墓地で献花する安倍首相

巻頭特集

株価は八百長、外交は大ボラ…安倍政権の「ウソ」の数々

大メディアは当初、「現職首相の訪問は初めて」と大騒ぎだったが、少なくとも吉田茂、鳩山一郎、岸信介が現職時代に訪れていたことがバレた。そうしたら「アリゾナ記念館を訪れるのは初めて」とか言い出す泥縄で、とにかく“歴史的偉業”の演出に躍起だ。 それにしても、何かというと祖父の偉業を持ち出す安倍も麻生財務相も、真珠湾訪問に関しては、敬愛する大好きなおじーちゃんから何も聞い…

トランプ氏

日本外交と政治の正体

トランプ氏の米軍撤退発言は日本が独立する絶好の機会

屈辱的な安保条約に調印した吉田茂首相は自己を正当化するため、米軍は占領軍の延長であるという事実に目をつむり、米軍が存在するから日本の安全が保たれるような宣伝を続け、それが今日にまで至っている。 尖閣諸島の棚上げという政治決着を守り、北朝鮮に対して「日本は軍事的手段によって北朝鮮という国家ないし指導者の転覆はしない」と言えば、中国、北朝鮮の軍事的攻撃の可能性は低い。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事