日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「田母神俊雄 選挙」に関する記事

都知事選では渋谷駅で第一声

田母神元空幕長を逮捕 運動員に現金配り公選法違反の疑い

14年2月の東京都知事選挙で落選した田母神俊雄元航空幕僚長(67)と元選対本部事務局長の島本順光容疑者(69)が14日、東京地検特捜部に逮捕された。都知事選のあと、選挙運動の報酬として陣営の運動員5人に現金計280万円を渡した公職選挙法違反(運動員買収)の容疑だ。これとは別に島本容疑者自身も200万円を受け取っていた疑いがある。 特捜部は午前10時すぎに東京・千代田…

アキれた金銭感覚に特捜部のメス

ついに強制捜査…愛人コート代に消えた田母神氏の政治資金

東京地裁特捜部が7日、強制捜査に乗り出した元航空幕僚長の田母神俊雄氏(67)らの政治資金横領疑惑。田母神氏は特捜部から任意の聴取を受けたとも報じられた。田母神氏は8日午前、マスコミの取材を受け、カネを配ったことについて「そんなことは知らない」「冤罪みたいなもの。かけられたものは戦わなければならない」と説明した。 この問題は昨年2月に田母神氏が、14年の都知事選後に政…

連戦連敗 (C)日刊ゲンダイ

内紛で資金流用が表沙汰…田母神氏に問われる政治家の資質

元航空幕僚長の田母神俊雄氏(66)の事務所スタッフが政治資金約3000万円を私的に流用していた問題。19日、記者会見を開いた田母神氏は「信頼し任せっきりになってしまっていた。監督責任は私にある」と話した。 このスタッフは昨年2月の都知事選で田母神氏の政治団体の会計責任者を務めていた50代男性だが、どんな人物なのか。 田母神事務所の関係者はこう話す。 「都知事選の時の…

女性には人気があったように見えたが…/(C)日刊ゲンダイ

落選の田母神俊雄氏 「公明党ぶっ潰す」と叫んで返り討ちに

「公明党をぶっ潰そう」──次世代の党の田母神俊雄氏(66)はこう雄たけびを上げて牙城に攻め込んだが、比例復活さえ許されず、完膚なきまでに叩きのめされた。 元航空幕僚長で「憂国の保守派論客」を自任する田母神氏は、ネット右翼から「閣下」と呼ばれるなど、異様な支持がある。今年2月の都知事選では61万票を獲得。今回もしぶとく選挙戦を展開するとみられていたが、あっけない撃沈で…

公明党は“使い捨て”の運命/(C)日刊ゲンダイ

自民党「衆院3分の2」で安倍首相が公明党を捨てる日

今度の衆院選では、次世代の党の田母神俊雄候補にこう言われてしまう始末だった。 「公明党は憲法改正、国防軍構想、集団的自衛権の諸外国並みの行使には反対です。安倍総理の目指すことにストップをかけることを目標としています。自公連立を崩さなければ日本を取り戻すことはできません」 まるで、安倍首相のホンネを代弁しているかのようだ。 「自公の関係は、選挙で公明党が票を自民党候…

強制捜査中の田母神俊雄氏

現金配布「了解した」 田母神氏が語る録画ビデオを押収

政治資金を流用したとして業務上横領容疑で東京地検特捜部の強制捜査を受けている元航空幕僚長・田母神俊雄氏(67)が、2014年2月の都知事選後、陣営関係者に現金を配布することを「了解した」と話している様子がビデオに録画されていたことが明らかになった。 東京地検特捜部もこのビデオを押収しているとみられ、公職選挙法違反の疑いがあるとして調査しているもようだ。 ビデオは15…

都知事選では“美女軍団”も話題になった/(C)日刊ゲンダイ

10月福島県知事選 「田母神氏」に期待する安倍自民の末期

擁立候補の人選が難航し、今年2月の都知事選を争った元航空幕僚長の田母神俊雄氏(66)の出馬に期待する声が高まっているという。 「原発事故後初の知事選の焦点は、除染作業で出た汚染土などを保管する中間貯蔵施設の受け入れ問題です。政府は来年1月の稼働を目指していますが、石原環境相の『金目発言』などで地元の態度は硬化。そこで推進派の知事を据え、状況打開を図りたいのですが、そ…

None

女優、モデル、歌手の美女軍団 「田母神ガールズ」の正体

東京都知事選に出馬した元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)にピッタリ寄り添う美女軍団。応援弁士の中でもひときわ目立つ、「田母神ガールズ」だ。 田母神氏も自分の顔のことを「怖い、いかつい」と自虐的に語っていたが、彼女たちはそのマイナスを補う中和剤としての役割を担っている。 働きぶりも獅子奮迅。街頭演説で弁士に立ったかと思えば、移動中の電車の中でも田母神氏をガードするよう…

None

「地域密着」繰り返す 舛添演説“原発外し”はいつまで続く

推進派の田母神俊雄元航空幕僚長(65)でさえ、第一声で36秒を割いた「原発」。細川元首相(76)の登場で、都知事選の重大争点となっているが、ただひとり、舛添元厚労相(65)だけは一言も触れなかった。原発やエネルギー政策に関するアピールは0秒である。 「有権者に争点を聞いた世論調査で原発は3番手ぐらい。しかも、情勢は舛添リードです。勝ち戦なのだから、防災や五輪を重点的…

横目で…/(C)日刊ゲンダイ

都知事選 田母神氏も困惑した石原慎太郎のおぞましい演説

都知事選初日に田母神俊雄候補(65)の応援演説に駆けつけ、差別発言のオンパレード。昼下がりの新橋SL広場で、通りがかったサラリーマンたちをドン引きさせていた。 石原は「“シナ”の植民地になりたくない。チベットみたいな国になりたくない」と聴衆に同意を求めると、「出てきている候補を見ると、変なヤツが多いねえ」と他候補批判を開始。まず口汚く罵(ののし)ったのは細川・小泉の…

None

都知事選で田母神氏支援…老いぼれた石原慎太郎は引退せよ

田母神俊雄・元航空幕僚長(65)が、7日正式に都知事選への出馬を表明した。「都民の安心・安全のために、自衛隊中心の救助体制を整える必要がある」と主張し、“軍国主義”を防災に隠して支持を広げる戦略のようだ。応援団は、作曲家のすぎやまこういち氏など、自らを「危険人物」と自己紹介するようなウルトラライトがズラリ。その筆頭が石原慎太郎・日本維新の会共同代表(81)なのだが、…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事