日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「反町隆史 松嶋菜々子」に関する記事

None

反町隆史・松嶋菜々子 夫婦上下関係大逆転

フジにとっての“功労者”だけに、もっと事前のPRに力を入れるべきだったのではという声も上がっている」(フジ関係者) 松嶋は01年にドラマ「GTO」で共演した俳優の反町隆史(43)と結婚。“世紀のカップル”ともてはやされ、今や2児のママに。結婚後も11年の主演ドラマ「家政婦のミタ」が大ヒットするなど、「役者としての“格”は常に松嶋が反町より上で、収入面でも松嶋が一家の…

松嶋菜々子(左)と井上真央

発端は井上真央? 松嶋菜々子3年ぶり連ドラ主演の舞台裏

ご主人の反町隆史さんも売れっ子ですし、先輩(松嶋)だけ好きな仕事を選べて悠々自適な生活を送っているのはズルイと思ったのかも知れませんね」 実際に優遇されていたのかは分からないが、松嶋とこの事務所の女社長とは結びつきが深いのはつとに有名。 「『セブンス・アヴェニュー』は松嶋と、松嶋のマネジャーだった女社長が音楽系の事務所から1997年に独立し、女優系の事務所として船出…

松嶋菜々子の「髪結いの亭主」は卒業

「GTO」以来のハマリ役…4代目“相棒”反町隆史に相次ぐ称賛

4代目“相棒”に反町隆史(41)を起用した水谷豊主演ドラマ「相棒Season14」(テレビ朝日系)が視聴率18.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好スタートを切って話題になっている。 この数字は今年放送された民放連ドラの初回視聴率でトップ。新“相棒”が反町に決まるまではいろんな俳優の名前が飛び交うなど紆余曲折あったものの、ドラマに対する視聴者の関心の高さが裏付け…

水谷へのラブコールはかなうのか

反町隆史も浮上…4代目相棒の条件は「水谷豊に逆らわぬこと」

テレ朝のドル箱コンテンツであるシリーズは今後も継続するため、水谷の新相棒を巡っては仲間由紀恵、織田裕二、松坂桃李、SMAPの稲垣吾郎、2代目相棒をつとめていた及川光博……と賑やかな名前が飛び交っているが、なぜかここに来て、松嶋菜々子の夫の反町隆史(41)が急浮上してきたという。 「新相棒の条件として最も大切なのが、現場では“天皇”とも“殿下”ともいわれる水谷に絶対…

6LDK、約3億5000万円なり/(C)日刊ゲンダイ

浜崎あゆみ「大豪邸」売却騒動…自らこだわり語っていた

“日本のビバリーヒルズ”ともいわれるこのエリアには、小田和正や松任谷正隆の実家もあり、かつて反町隆史・松嶋菜々子夫妻が住んでいたことも。浜崎の家は間取りが6LDK、建物面積は705平方メートル、土地面積は810平方メートル。1階から3階まで吹き抜けになったエントランスの入り口には、大理石でつくったあゆのトレードマークの「A」が刻まれている。さらに屋外プールやジャグジ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事