日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「鶴竜 結果」に関する記事

“優勝同点”の照ノ富士

優勝決定戦制し横綱昇進後初Vも 鶴竜が本割で負けた裏事情

横綱鶴竜(30)の2度目の優勝で幕を閉じた9月場所。しかし、多くの関係者は結果が出る前から、「本割で鶴竜が照ノ富士に負けて3敗で並ぶ。そして優勝決定戦で鶴竜が勝つ」と口を揃えていた。 その予想通り、結びの一番で勝ったのは大関照ノ富士(23)だ。13日目に右ヒザ靱帯を負傷し、14日目はマトモに相撲を取れなかったが、一方的に横綱を寄り切り。優勝決定戦は鶴竜が上手出し投げ…

不祥事の元締め/(C)日刊ゲンダイ

北の湖理事長再選 横暴許す相撲協会と監督官庁の体たらく

大相撲春場所を14勝1敗で優勝した鶴竜の昇進を話し合うため、24日に開催された横審。反対意見はひとつも出ず、満場一致で横綱に推薦する答申を出した。 この日、そのどさくさにまぎれて決まったのが北の湖理事長(60=元横綱)の理事長再選だ。相撲協会は1月30日に新公益財団法人へ移行。北の湖理事長は引き続き、組織のトップを務めることになった。 ■「相撲界の暗黒時代」 しかし…

横綱の威厳もガタ落ち/(C)日刊ゲンダイ

白鵬ついに黒星 相撲ファンが渇望していたのは「負ける横綱」

横綱に昇進した日馬富士と鶴竜が、綱とりがかかった2場所で白鵬を破った取組がいい例です。逆に、そういったケースでもないと白鵬には勝てない。ファンから見ても、このモンゴル人3横綱はボス1人に子分2人という図式にしか見えませんからね」 そもそも、最初から結果がわかっているスポーツなんて面白くも何ともない。双葉山の69連勝は戦時中。国民も「負けない英雄」を渇望していた時代だ…

女子人気も抜群/(C)日刊ゲンダイ

理想は遠藤 先輩社員が新人に求める「ひたむきチャレンジ」

実は初日の鶴竜戦で左眉の上と左こめかみ付近から流血して以来、激しいツッパリ合いなどで何度となく血を流していた。 「流血何のその。相撲に対するひたむきさがいい。会社じゃ血は流さないけど、いまの新人たちはちょっと仕事がキツイと、すぐ休む。見習って欲しい」(飲料・44歳) 一生懸命さは実にすがすがしい。周囲の目を引きつけ、1人、2人と“社内応援団”が増えるに違いない。 ■…

None

横綱稀勢の里 借金2で休場

この日、嘉風(35)に敗れて3敗目を喫した鶴竜(31)も休場が決まった。稀勢の里も苦しい。この日の相手の遠藤は、頭から当たって前に出るだけ、という力士。変化も思い切った技もない、稀勢の里にとっては最もくみしやすい相手だったにもかかわらず、真っすぐ当たってくる遠藤を止めることすらできなかった。ただ、ケガを抱えた本人は苦戦を覚悟のうえで出場を決断した。場所を全うするつも…

あっけなく土俵を割った稀勢の里

初日にいきなり土 稀勢の里9月場所の綱とり“ジ・エンド”

横綱日馬富士は白星発進となったが、横綱鶴竜にも土がつき、残り14日間もある。稀勢の里がこれ以上取りこぼさなければ……との期待はしかし、裏切られる可能性が高い。 「今日の一番で、稀勢の里のアタマは何も変わってないことがハッキリしました。綱とりの重圧に加え、2日の稽古総見で日馬富士に2勝10敗と蹴散らされたことも尾を引いている。ここ数場所は土俵下で余裕を持った笑みを浮か…

千秋楽は豪栄道に快勝するも…

実力不足に援護もなく…稀勢の里「綱とり」への内憂外患

「横綱鶴竜と大関琴奨菊が休場、白鵬も本調子ではなかった。それだけ有利な場所だったのに、優勝できない。平幕相手に2つも星を落としたように、取りこぼしがあるのも相変わらずです。そもそも大関の28場所で一回も優勝がないというんですから、今後も期待できませんよ」 綱とりがかかっていた大関稀勢の里(30)に関してこう言うのは相撲評論家の中沢潔氏だ。 24日の千秋楽。稀勢の里は…

平幕でも日本人力士の星

ヒザの大怪我から半年…親方衆も期待する遠藤“蘇生”の理由

鶴竜が立ち合いで変わってはたきこみ、栃煌山がバッタリ。大相撲秋場所11日目の結びの一番が一人横綱の立ち合い変化では、館内のファンがブーイングを飛ばしたのも当然だ。 白鵬と日馬富士の両横綱が休場中。日本人力士にとっては千載一遇のチャンスでありながら、束になってもモンゴル勢にはかなわない。先場所10勝して大関取りが期待される栃煌山は6勝5敗。8勝2敗と好調の大関琴奨菊も…

第67代横綱の武蔵丸

オレしか言えないこんなこと

もう1場所待って欲しかった新大関誕生

しかも稀勢の里、琴奨菊の2大関には土を付けたが白鵬には敗れ、同部屋の日馬富士との対戦はなく、鶴竜は休場と、横綱には勝っていない。 「そこなんだよ。最近昇進した横綱、大関は昇進してから優勝してないし、そもそも勝ててない。8番ぐらいしか勝ってなくて、大関のカド番が多い。だから照ノ富士は、もう1場所見て、そこでいい結果を出せば、これは本物だな、となると、私は思ってた」 照…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事