日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「筑紫哲也 ニュース」に関する記事

故・筑紫哲也氏(左)と山路徹氏

今あるのはあの人のおかげ

山路徹氏の恩人は筑紫哲也氏 フリーランスの活動支え続ける

「やっと報道の世界に戻れた」というその気持ちを支えたのは筑紫哲也さんだった。 恋愛、女性の話じゃなくていいんですか、ゲンダイさんが? 意外だなあ、ハッハッハ。何でも答えます、マジメに。恩人のことですよね。 人生にはいくつもの岐路があります。僕にはその時々に支えてくれた誰かが必ずいました。その中で、僕が今、戦場ジャーナリストだ、APF通信社の代表だと言えるのはなんとい…

山岸や尾野もすごいけど…最強は膳場アナ

過去2回の相手は東大出…“3度目”膳場貴子アナの最強伝説

東大卒の才女、元NHKアナで、筑紫哲也時代に「NEWS23」のサブキャスターとなり、その後、番組は何度かリニューアルされたが、ずっと「NEWS23」の顔として出演し続けている。 落ち着いたオトナの女性キャスターとして、疲れて帰宅したお父さんに優しくほほ笑み、ニュースを伝えて人気も高い。今回の報道でショックを受けた人も多いのでは。 バツ2は小宮悦子、小谷真生子と同じ…

「黄金の花」し癒しのメロディーだった

あの人は今こうしている

元「ネーネーズ」古謝美佐子さん 新グループ結成で反戦ソング

TBS系「筑紫哲也のNEWS23」のエンディングテーマ曲に沖縄の女性4人組「ネーネーズ」の「黄金の花」が採用されて注目された。本日登場の古謝美佐子さん(61)はネーネーズの元リーダー。今どうしているのか。 「去年3月、ワタシと宮里奈美子、比屋根幸乃の初代ネーネーズの3人に、以前から付き合いがあった唄者(歌手)の島袋恵美子を加えて、新グループ『うないぐみ』を結成しまし…

左から雨宮塔子、芳村真理、榊原郁恵

あれもこれも言わせて

雨宮塔子から芳村真理まで…民放は熟女の“叩き売り”状態

草葉の陰で筑紫哲也が激怒しているのではなかろうか。 それにしても、TBSったら、そこまでさかのぼらないといけないとは、よっぽど人材不足なのか。朝もフリーアナの夏目三久任せだし。このところのTBSはやたら熟女を重用する。 雨宮もそうだが、40、50は当たり前、何の嫌がらせか、パワフル熟女たちをゾンビのように蘇らせているのである。 たとえば、「白熱ライブ ビビット」など…

「NEWS23」は大揺れ…

NEWS23 岸井氏&膳場アナ総退陣なら「TBSは二度死ぬ」

その言葉通り、TBSは今こそ報道機関としての矜持を見せなければ、故・筑紫哲也キャスターがオウム事件の際に発した「TBSは死んだ」の言葉につづき、TBSは“二度死ぬ”ことになる。…

番組でのイメージは“誰よりもニュースに詳しい隣のお姉さん”

テレ東“朝の顔”に大橋アナ 「脳梗塞で仕事への意識を変えた」

「この番組が決まってから筑紫哲也さんの本を読んだり、池上彰さんの本も10冊くらい読みました。その池上さんもおっしゃっていますけど、私たちが真実にたどり着けるなんてことはありえない話で、謙虚に事実のかけらを提示したい。正解と不正解の二項対立なんて世の中ありえないわけです。事実のかけらをいかに多く提供できるか。“真実はこうです”なんて報道は絶対にしたくないですね。今、…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事