日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「長友佑都 会見」に関する記事

今後は専務理事に専念/(C)六川則夫(ラ・ストラーダ)

原博実氏が語る「ザック日本の敗因」「専務理事兼務への批判」

試合をこなして疲労をためていたFW岡崎慎司やDF長友佑都たち。W杯イヤーでタイトなJリーグ日程で頑張ったJリーガー。代表チーム内の《コンディショニングのバラつき》にも苦労しました」 ――ブラジルでは、各国選手の「戦う気持ち」を強烈に感じました。 「欧州でプレーしている選手が『相手の当たりが違う』と言うから『いつも対戦して慣れているのでは?』と聞いた。すると『欧州チャ…

会見に臨む長谷部とザッケローニ (C)真野慎也/JMPA

ビッグマウス? ザックがギリシャ戦目前「強気発言」連発

FW香川真司、DF長友佑都の連係の悪さ、プレスの甘さ、運動量の少なさを突かれて守備が崩壊した。攻守に精彩を欠く香川のコンディション、起用法が注目される中、指揮官と一緒に会見に臨んだ主将のMF長谷部誠(30)には外国人記者から「香川にどんなプレーを期待する?」という質問が飛んだ。 これに、苦笑いを浮かべて「真司はチームにとって非常に重要な選手。やってくれると思う」と答…

None

平祐奈「ドキドキしてます!」

サッカー日本代表の長友佑都と結婚した姉の平愛梨については「空気感が一緒。運命の人って感じ」と表現した。キャンパスで運命の人と出会えるか!?…

苦肉の策…結果はどう出るか?

苦戦必至の豪州戦 ハリル苦肉の策“本田1トップ”は正解か

DF酒井宏樹(26=マルセイユ)が出場停止の上にDF長友佑都(30=インテル)が負傷リタイア中。本職サイドバックが酒井高徳(25=ハンブルガー)と太田宏介(29=フィテッセ)しかいない。 現役代表最多得点のFW岡崎慎司(30=レスター)は7日から別メニュー調整を続け、10日に全体練習に参加したばかり。この日はキャプテンのMF長谷部誠(32=フランクフルト)が全体練習…

堂々の交際宣言だった

仕草で分かる本音と建前

胸を広げて肘を張った“アモーレ長友”の交際宣言を深読み

今月3日のキリンカップサッカー準決勝ブルガリア戦に出場したDF長友佑都選手(29)は、前半27分、左サイドからクロスを出し香川真司の1点目をアシスト。試合後にはスタンド中に「アモーレ」コールが響きわたり、スタンドで観戦していた交際中の平愛梨さん(31)に向かって幾分、照れた表情でハートマークを作ってみせ、それを高々と上げてみせました。誰はばかることなく、堂々と自分…

意外な頭痛のタネが…

ハリル監督自信満々の裏で…日本代表が抱える“頭痛の種”

GK川島永嗣(32)、DF吉田麻也(26)、DF長友佑都(28)、MF長谷部誠(31)、MF香川真司(26)、FW本田圭佑(28)といった常連が招集された。国内組では、Jリーグ得点ランク1位(10点)のFW宇佐美貴史(23)は順当に選ばれたが、1位タイのFW豊田陽平(30)が外れた。9点で3位のFW武藤嘉紀(22)は選出されたが、3位タイのFW大久保嘉人(32)は落…

武藤がJでプレーするのは6月まで

チェルシーがオファーの武藤 即レンタル濃厚もう一つの理由

「日本代表DF長友佑都が所属するセリエAインテルが移籍金も提示してオファー」と書いたスポーツ紙もあったが、正式オファーはチェルシーだけ。関係者によれば「チェルシー、FC東京、武藤の三者が移籍に合意済み。6月27日のJ1前期最終17節・清水戦が終わるとすぐに渡英する」段取りになっている。 もっとも、武藤はチェルシーの本拠地ロンドンに向かい、新スポンサーの横浜ゴムのロゴ…

前日会見に挑んだ長友(左)とアギーレ監督 (C)六川則夫/ラ・ストラーダ

アギーレ日本 “本番”で何が変わった

たとえばイラク戦の6分、58分に相手のドリブル突破に左SB長友佑都(28)の対応が遅れ、抜かれそうになると長友は反則覚悟で相手をストップ。長友に限らず、日本の守備陣は、試合を通してセーフティーファーストのプレーを選択した。 ザッケローニ時代の日本は、マイボールを大切にする意識が強く、自陣で相手からプレスを受けようが、あくまでパスをつないでいくことにトライした。結果…

コロンビア戦後に握手したものの…/(C)JMPA

異例の現地解散…ザックJAPAN「人間関係崩壊」の瞬間

本田と同じ席に座ったのはセリエA仲間の長友佑都、08年にフランスで開催されたトゥーロン国際トーナメント大会にU-23日本代表として一緒に出場した岡崎慎司、青山敏弘たち。 本田と距離を置く川島、吉田麻也、内田篤人、森重真人、酒井高徳、酒井宏樹たちが離れた席に座った。群れないタイプの長谷部、今野泰幸、伊野波雅彦、西川周作ら中立派が、店の真ん中辺りで黙々と肉を食べていたと…

12日の練習でもマイペース (C)真野慎也/JMPA

本人不調認めるもザックは信頼 日本は本田圭佑と“心中覚悟”

すると同じイタリア・セリエAでプレーするDF長友佑都(27)が近づいた。現地で取材中のサッカー・ジャーナリストの六川亨氏がこう言う。 「いつもマイペースの本田ならではですが、誰も近寄っていかない状況に気を使ってか、この日も長友の方から本田に歩み寄り、2人でパス交換を始めました。全体練習が始まり、ハーフコートで11対11人が手を使ってボールをつなぎ、シュートはヘディン…

笑顔の岡崎だが/(C)六川則夫(ラ・ストラーダ)

岡崎練習合流もザンビア戦は微妙…チームへのダメージは?

この日は右足ふくらはぎ痛のDF長友佑都が、チームトレーナーと別メニュー調整を行ったが、単に「大事を取っただけ」(前出の取材記者)。ザンビア戦には出場できるともっぱらだ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事