日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「仲代達矢 舞台」に関する記事

12月で83歳になる仲代達矢

文化勲章受章の仲代達矢 今も「スケジュール帳」真っ黒な理由

2015年度の文化勲章受章が決まった俳優の仲代達矢(82)。受章の記者会見を東京・世田谷区の私塾「無名塾」稽古場で行った後、31日の能登演劇堂を皮切りに日本各地を回り、105回もの舞台が待つ旅公演へと出発した。年々、セリフ覚えが悪くなっている上、公演中に体調を崩し、医者にかかりながらの奮闘が続いているため、心配されるコンディションを質問したところ、目をギョロリとさ…

「死の舞踏」で28年ぶりに師弟共演を果たした (C)日刊ゲンダイ

今あるのはあの人のおかげ

益岡徹デビュー秘話 仲代達矢が開演30分前に“代役”指名

「やあ、あの時は大変だったな」と仲代達矢(82)は声をかけた。「まさか鮮明に覚えていてくださるとは」と益岡徹(58)は目を潤ませた。仲代が東京・世田谷の自宅庭で「無名塾」を始めて40周年を迎えた今春、朗読劇「死の舞踏」で28年ぶりに師弟共演することになり、仲代劇堂で再会した時の第一声である。 時は1980年にさかのぼる。47歳の仲代はPARCO西武劇場で、俳優座を退…

高笑い!?/(C)日刊ゲンダイ

弟子もファンも度肝を抜かす…仲代達矢81歳のひとり芝居

俳優、仲代達矢(81)が「最後の挑戦」と奮闘中のひとり芝居「バリモア」が話題だ。ネットでは「来月82歳になるとは思えないパワー」「カーテンコール5回」「中高年のファンで満員、完売」などと書き込みが相次ぎ、その迫力に仲代主宰の劇団「無名塾」の教え子たちも目をむいているという。 仲代が演じているのは、米俳優ジョン・バリモア(1942年没)。「偉大なる横顔」と称される一方…

心臓外科医役の椎名桔平

TV見るべきものは!!

椎名桔平主演「破裂」 大人には堪えられぬ秀逸医療サスペンス

最初の被験者は国民的俳優で、香村の実の父親でもある倉木(仲代達矢)だ。手術は成功するが、致命的な副作用が判明する。時間が経つと心臓が破裂してしまうのだ。教授の座を切望する香村は、事実を隠しながら研究を進めることを決意。ギラついた芝居で医師の暗黒面を表現する椎名がいい。 一方、香村を操ろうとするのが官僚の佐久間(滝藤賢一)だ。狙いは、超高齢化社会の解消。滝藤はダブル主…

早慶に現役合格した才女/(C)日刊ゲンダイ

この人物のオモテとウラ

「ドクターX」で好演 高畑淳子の“役柄顔負け”モーレツ素顔

早慶、東女、津田塾などに現役合格した才女が「私にしかできないこととは何だろう」と考え、選んだのが演劇で、仲代達矢らを輩出した俳優座養成所を前身とする桐朋学園短大芸術科演劇専攻に入学。現在、取締役を務める劇団青年座に入団し演技の道を究めてきた。 「本人は否定していますが、かとうかず子が32年所属していた青年座を2012年に退団した理由として、高畑の“暴君”もあったと一…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事