日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「長友佑都 長谷部誠」に関する記事

None

決戦間近! 代表欧州組をズバリ直撃

酒井高徳 上

(つづく)…

MVPを獲得したロナウドの横で表彰を受ける柴崎

レアル戦2Gで欧州移籍加速も…鹿島柴崎“低評価”の原因

その後もドイツ、それに柴崎本人が希望しているスペインにターゲットを絞り、インテルDF長友佑都(30)やレスターFW岡崎慎司(30)を抱え、欧州サッカー界にルートを持つ所属事務所も力を入れて移籍先を探したが、柴崎に興味を抱くクラブは現れず、結局、鹿島残留に落ち着いた」 ■レアル戦のゴールで風向きが変わるか それでも以前から海外志向の強い柴崎は諦め切れず、ドイツ2部やス…

FW大迫は1トップでも機能した

ズバッと言わせてもらう!

代表新戦力や若手は今後もベテランをガンガン突き上げて

10年南アW杯、14年ブラジルW杯で主軸だったGK川島永嗣(33)、MF長谷部誠(32)、30歳のFW本田圭佑、FW岡崎慎司、DF長友佑都といったベテラン勢。代表20試合以下のFW大迫勇也(26)、FW原口元気(25)ら新戦力。そして24歳の小林祐希、22歳のFW久保裕也、FW浅野拓磨、20歳のMF井手口陽介ら若手組である。 南アW杯の後から代表常連となったMF香…

この日の練習を静かに見守っていたハリルホジッチ監督

日本代表監督ハリルホジッチの命運

森保氏と一騎打ちが…長谷川健太代表監督は消滅した

「日本代表の主軸であるFW本田圭佑、FW岡崎慎司、MF長谷部誠、DF長友佑都、GK川島永嗣は、岡田副会長が代表監督として出場した10年南アW杯の代表メンバーです。プライドの高い欧州組が、岡田副会長だったら素直に耳を傾けるだろう――という判断も働いた」(サッカー記者) とはいえ、森保、長谷川両氏が次期代表監督候補リストから外れたワケではない。親しみを込めて「岡ちゃん…

苦肉の策…結果はどう出るか?

苦戦必至の豪州戦 ハリル苦肉の策“本田1トップ”は正解か

DF酒井宏樹(26=マルセイユ)が出場停止の上にDF長友佑都(30=インテル)が負傷リタイア中。本職サイドバックが酒井高徳(25=ハンブルガー)と太田宏介(29=フィテッセ)しかいない。 現役代表最多得点のFW岡崎慎司(30=レスター)は7日から別メニュー調整を続け、10日に全体練習に参加したばかり。この日はキャプテンのMF長谷部誠(32=フランクフルト)が全体練習…

手倉森“次期”監督の青写真も

ハリル消沈…代表合宿はさながら“手倉森新党”旗揚げ前夜

時間の経過とともに手倉森コーチの存在感が増しています」(サッカー関係者) この日(4日)はイタリアのミランMF本田圭佑(30)、インテルDF長友佑都(30)が帰国して昼下がりに合宿地に到着。3日の練習の後に合宿地に入ったイングランド・レスターFW岡崎慎司(30)、フランス・マルセイユDF酒井宏樹(26)といった代表主軸の欧州組も全体練習に参加し、合宿メンバー25人全…

None

成功のヒミツ失敗しないコツ

インフル“最弱”はB型 「かかる病気」は血液型と誕生月でわかる

サッカー界に目を移してみても、海外経験者は中田英寿(38)に始まり、川島永嗣(32)、長谷部誠(31)、長友佑都(29)、内田篤人(27)、吉田麻也(27)、岡崎慎司(29)、清武弘嗣(25)、大迫勇也(25)とO型ばかりだ。 米コロンビア大医療センターが約170万人の患者データをもとにまとめた論文によると、誕生月も病気のリスク要因となる。 妊婦や新生児の健康状態…

意外な頭痛のタネが…

ハリル監督自信満々の裏で…日本代表が抱える“頭痛の種”

GK川島永嗣(32)、DF吉田麻也(26)、DF長友佑都(28)、MF長谷部誠(31)、MF香川真司(26)、FW本田圭佑(28)といった常連が招集された。国内組では、Jリーグ得点ランク1位(10点)のFW宇佐美貴史(23)は順当に選ばれたが、1位タイのFW豊田陽平(30)が外れた。9点で3位のFW武藤嘉紀(22)は選出されたが、3位タイのFW大久保嘉人(32)は落…

アジア杯で2人の地位が逆転するのか/(C)日刊ゲンダイ

アギーレ日本で巻き返し狙う香川真司の「岡崎抱き込み作戦」

これまで日本代表内のヒエラルキーは、あくまで本田がピラミッドの頂点に君臨し、その下に香川、現役代表最多40得点のFW岡崎慎司(28=マインツ)、本田と同じセリエAの名門インテルに所属する長友佑都(28)、代表主将を務める長谷部誠(30=フランクフルト)ら代表常連組が、2番手を構成するという構図だった。 ところがあるサッカージャーナリストは、「香川が派閥を結成して本…

今後は専務理事に専念/(C)六川則夫(ラ・ストラーダ)

原博実氏が語る「ザック日本の敗因」「専務理事兼務への批判」

試合をこなして疲労をためていたFW岡崎慎司やDF長友佑都たち。W杯イヤーでタイトなJリーグ日程で頑張ったJリーガー。代表チーム内の《コンディショニングのバラつき》にも苦労しました」 ――ブラジルでは、各国選手の「戦う気持ち」を強烈に感じました。 「欧州でプレーしている選手が『相手の当たりが違う』と言うから『いつも対戦して慣れているのでは?』と聞いた。すると『欧州チャ…

コロンビア戦後に握手したものの…/(C)JMPA

異例の現地解散…ザックJAPAN「人間関係崩壊」の瞬間

本田と同じ席に座ったのはセリエA仲間の長友佑都、08年にフランスで開催されたトゥーロン国際トーナメント大会にU-23日本代表として一緒に出場した岡崎慎司、青山敏弘たち。 本田と距離を置く川島、吉田麻也、内田篤人、森重真人、酒井高徳、酒井宏樹たちが離れた席に座った。群れないタイプの長谷部、今野泰幸、伊野波雅彦、西川周作ら中立派が、店の真ん中辺りで黙々と肉を食べていたと…

会見に臨む長谷部とザッケローニ (C)真野慎也/JMPA

ビッグマウス? ザックがギリシャ戦目前「強気発言」連発

FW香川真司、DF長友佑都の連係の悪さ、プレスの甘さ、運動量の少なさを突かれて守備が崩壊した。攻守に精彩を欠く香川のコンディション、起用法が注目される中、指揮官と一緒に会見に臨んだ主将のMF長谷部誠(30)には外国人記者から「香川にどんなプレーを期待する?」という質問が飛んだ。 これに、苦笑いを浮かべて「真司はチームにとって非常に重要な選手。やってくれると思う」と答…

仲良しの大久保と香川 (C)真野慎也/JMPA

代表の最大派閥“大久保組”はチームにプラス? マイナス?

グループリーグ初戦のコートジボワール戦(日本時間15日午前10時キックオフ)に先発が予想されるFW本田圭佑(28)、FW香川真司(25)、FW岡崎慎司(28)、DF長友佑都(27)といった主力は順調に練習メニューを消化。13日午後には試合会場レシフェに向けて移動し、同午後8時半から前日公式練習を行う。 これまでザックジャパンは、4年前の南アW杯で1トップとして日本…

現在は代理人/(C)西山幸之

元セレソンGKジウマール「W杯初体験のザックは精神的強さも試される」

キャプテンの長谷部誠、本田圭佑、長友佑都、川島永嗣たちは2度目のW杯となる。 「94年大会でキャプテンのドゥンガが怒鳴りまくっていた。あの代表にはドゥンガのようにW杯を経験し、精神的にタフな選手が何人もいた。日本にそうした選手が何人出てくるか、期待して見守っている」 ■「日本はW杯のプレッシャー対策をおろそかにしている」 「優勝候補はブラジルか?」と問うと、元ブラジ…

笑顔の岡崎だが/(C)六川則夫(ラ・ストラーダ)

岡崎練習合流もザンビア戦は微妙…チームへのダメージは?

この日は右足ふくらはぎ痛のDF長友佑都が、チームトレーナーと別メニュー調整を行ったが、単に「大事を取っただけ」(前出の取材記者)。ザンビア戦には出場できるともっぱらだ。…

合宿地に到着しファンの歓声を受ける本田/(C)日刊ゲンダイ

代表チーム内で鮮明に…これが「本田派」「反本田派」全リスト

DF長友佑都(27=インテル)、GK川島永嗣(31=リエージュ)も一緒に合流し、3人は25日の午前練習までフルにメニューをこなす予定だ。 代表の練習場は前日まで、どこかリラックスムード。しかし、不動のレギュラー3人が加わることで23日午前練習から緊張感が増し、同様にノンビリ構えていた報道陣も「今日から本田中心の特集を組む!」と鼻息を荒くしている。 「オレ様・本田が合…

猛アピール

W杯代表滑り込み 大久保に光を当てたJリーグの“思惑”

<日本代表メンバー> ◆名前/所属/年齢/回 【GK】 ◇川島永嗣/スタンダール/31/2 ◇西川周作/浦和レッズ/27/初 ◇権田修一/FC東京/25/初 【DF】 ◇今野泰幸/G大阪/31/2 ◇伊野波雅彦/磐田/28/初 ◇長友佑都/インテル/27/2 ◇森重真人/FC東京/26/初 ◇内田篤人/シャルケ/26/2 ◇吉田麻也/サウサンプトン/25/初 ◇酒…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事