日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「藤田寛之 練習」に関する記事

None

“遼”効果でトップ発進 ルーキー堀川未来夢は「練習の虫」

藤田寛之さんが遅くまで練習しているので、自分がやらないと、どんどん差が開いてしまう」 若手プロが活躍すれば男子ツアーにも明るい未来や夢がありそうだ。…

イラスト・上間久里

レッスン最前線2014

最近のツアープロは感覚ではなくデータ重視

例えば、ベテランの藤田寛之はヘッドスピードが45・9メートルで、飛距離が269ヤード、スピン量が2000回転弱。 ヘッドスピードの割に飛距離が出ていたが、これはミート率が高いこと、そしてスピン量が少ないことが、飛距離につながっている。 藤田に限らず、飛ぶ選手はスピン量が総じて少なく、飛んでいない選手の多くは、スピン量が3000回転以上と総じて多かった。 さて、この…

イラスト・上間久里

レッスン最前線2014

アイアンとドライバーで打ち方を変える

先週のブリヂストンオープンは小田孔明が1打差で藤田寛之を振り切り、今季ツアー2勝目を挙げた。優勝賞金3000万円を手に入れたことで、賞金ランキングトップに返り咲いている。 招待選手であったB・スネデカーは3日目のハーフ終了時点、体調不良で棄権となったが、ボクが注目したのが彼のトップスイング。金曜日の午後、トーナメント会場の練習場でスネデカーのスイングを間近で見たが、…

スイング理論ウソホント

下半身を止めて腕を振りアドレス再現の練習する

初めは下半身を止めておいて、「アドレスを再現するつもりで体の正面でボールをとらえる練習をしたほうがよい」と、藤田寛之の師匠で、多くの女子プロを育ててきた寺下郁夫プロは言っている。練習法を取材したとき、下半身を止めて腕で振るスイングを教わった。いくら足を止めておいて腕で振ろうとしても「下半身がまだ早い」と言われた。 女子プロを育てるときも、同じように下半身を止めてお…

None

ゴルファー羽川豊の「プロの目」

逃げるゴルフでは世界では戦えない

今年48歳になる藤田寛之が上位で踏ん張りを見せたのも、オフの過ごし方がちゃんとわかっているからです。若手もベテランのゴルフに対する取り組み方を学ぶべきでしょう。 そういった意味では今年に入って海外6試合に出場して世界ランク50位内に入り、マスターズ出場権を勝ち取った谷原秀人はもっとも見習うべきです。海外で戦えば飛距離の差はもちろん、攻め方もデッドです。安全ルートに…

ゴルフ場で今何が起きているのか

鎌倉パブリックゴルフ場 魅力あるイベント企画力が集客アップにつながる

昼すぎには菊地絵理香、藤田寛之、芹沢信雄、宮本勝昌、タケ小山らプロのサイン入りグッズのチャリティーオークションが行われた。数千円という割安なプライスで競り落とされ、ゴルフ場は大いに盛り上がった。 高額イメージのあるゴルフ用品だけに、これまでフリマがなかったこと自体不思議なくらいだ。 ■女性客の発掘も重要な戦略 実は2014年11月に、千葉県内のショートコース付き練…

172センチと恵まれた体格

イチ押し「女子プロ名鑑」

木戸愛 悔しい経験踏まえ着実にツアー2勝目に近づく26歳

フィニッシュは同門の藤田寛之プロのような腰の使い方といい、ボールコントロールが優れています。それが上位争いに顔を出す原動力になっているのですが、優勝争いでは終盤にリズムが微妙におかしくなってしまう。 プロレスラーだったお父さんのアドバイスも、彼女の中では大きな財産だと思います。勝負の駆け引きも教わっているはずです。 もちろん木戸も勝負に生きるプロですから、心の奥底に…

マスターズの悪夢を払拭する勝利

プロ求道

スピース優勝は全米オープンに向けて好材料

専修はこれまで86人ものプロゴルファーを輩出しており、シーズンオフには藤田寛之、近藤共弘もコーチとして後輩の指導に来る予定です。 とはいえ大学ゴルフの勢力図は松山英樹が出た東北福祉大学と日本大学の2校が強く、Aブロック(1部相当)は専大、中央学院、明治、山梨学院の6校です。 大会初日は下馬評通り1位東北福祉、2位日大、3位中央学院、4位専修、5位明治、6位山梨学院…

イラスト・ボギーマン

「シンプル思考」で上手くなる

両ひざは前に向ける バックスイングは右、ダウンスイングは左

かれこれ20年近くも前のことだが、藤田寛之の師匠であり、多くの女子プロを育てたことでも知られる寺下郁夫の取材に行ったときに教わったことを今でもよく思い出す。 プロを目指して修業している研修生には男女を問わず最初はだれにでも下半身を動かさずに振ることから教えているといって、取材しながら同じことをやらされた。 両ひざを前に向けたまま、バックスイングでもフォロースルーで…

スイング理論ウソホント

ダウンスイングで下半身が動き過ぎるとスライスする

10年以上も前のことだが、藤田寛之の師匠で、多くの女子プロを育てた寺下郁夫プロを取材したときに教わったことを今でもよく覚えている。 「プロのダウンスイングを写真で見ると、下半身が左に動いているように見えるので、クラブがまだ振れていない人がそれを真似したら球がつかまらない。みんなスライスする。形にとらわれるとクラブを振れないので、バックスイングで体をひねったら、ダウ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事