日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

熱闘甲子園・出演者の関連ニュース

入社1年目のド新人/(C)日刊ゲンダイ

「熱闘甲子園」に抜擢 山本雪乃アナは肩書ナシの異色の新人

7日に開かれた「熱闘甲子園」(テレビ朝日)のスペシャルイベント「熱トーーク!」に今年からキャスターを務める山本雪乃アナウンサー(22)が登場した。昨年までの15年間、番組を担当した長島三奈(46)の後を担う。山本アナは今年4月に入社したばかりの新人。1年目のアナウンサーをMCに起用するのは34年目の番組史上初の試みとなる。 山本に起用の第一報が届いたのは、研修真っ…

「熱闘甲子園」キャスター抜擢はABCアナ史上初めて

「熱闘甲子園」ヒロド歩美アナに“長島三奈超え”の期待

テレビ朝日系「熱闘甲子園」(平日23時20分~、土曜23時15分~、日曜23時45分~)でキャスターを務め、連夜、熱戦を繰り広げる高校球児の笑顔と涙を伝えている。 入社1年目の14年から地方大会のダイジェスト番組「速報!甲子園への道」ではキャスターを務めており、今年は兼務する形で“本戦”へ昇格。伝統ある「熱闘――」のキャスターをABCの女子アナが務めるのは史上初とい…

横浜高校時代の松坂大輔

鬼の視点

突出する清宮君が心配だ

大会期間中、唯一、テレビ朝日系の「熱闘甲子園」の取材だけは受けた。当時のキャスターは巨人の長嶋茂雄氏の娘・長島三奈さん。人柄が良かったことと、私がミスターファンだったこともあり、宿舎の松坂の部屋での取材を特別に許可した。他局にブーイングされたが、野球の指導に集中できないほど、周囲に忙殺されたのを覚えている。 ただ、当の松坂はマイペースで野球に支障が出なかったのは感心…

日本シリーズでは解説3連投だった稲葉氏/(C)日刊ゲンダイ

テレ朝“ポスト工藤”枠に元日ハム稲葉篤紀氏が急浮上

「報道ステーション」をはじめ、「熱闘甲子園」のキャスターなどを務めているものの、監督就任とともに降板することになる。テレ朝内からは「ここまで番組に協力してくれる人はいない」と惜しむ声が続出している。工藤氏の後任は誰か。 「引退した元日本ハムの稲葉篤紀(42)が適役」とは、放送関係者だ。 「日本シリーズではゲスト解説で3連投と人気が集中した。日本ハムのスターで、国際大…

恋のウワサは絶えず…/(C)日刊ゲンダイ

電通マンと“週5同棲” テレ朝・竹内アナ「寿退社」Xデー

竹内アナは入社1年目に「ミュージックステーション」の8代目サブ司会に抜擢されると、「熱闘甲子園」などのスポーツ番組を担当し、今年はソチ五輪の現地キャスターを務めた同局のエースアナ。レギュラー番組は「やべっちF.C.」など3本。現在は、開催中の「パンパシ水泳」中継のためオーストラリアへ出張中だ。 「売れっ子」だけに恋のウワサも絶えず、昨年9月には元競泳日本代表・萩原…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事