日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「加藤綾子 現在」に関する記事

生放送中に体調不良でダウン/(C)日刊ゲンダイ

加藤綾子アナのケースは「過労死防止法」に当てはまるのか?

加藤綾子アナに“もしも”があったら】 朝の生放送中に体調不良で番組を途中降板した加藤アナ(29)。過密スケジュールが原因のひとつとされる。幸いすぐに復帰できたが、万が一にも働き過ぎで脳梗塞や狭心症で命を落とすような事態になったらどうなるのか。 「長時間労働で命を落とせば、間違いなく過労死です。また、一命は取り留めても、強い心理的負荷で精神障害に陥れば、慰謝料請求…

竹内アナには“ミラクル由恵”の異名が

夕方ニュース戦争に竹内由恵アナ投入するテレ朝の“本気度”

「竹内は08年入社で、同じく08年にフジテレビに入った加藤綾子(29)が“スーパー綾子”と言われるのに対して“ミラクル由恵”と言われています。呼び名の由来は加藤がフジテレビのほか、日テレとTBSに合格していたからですが、竹内もテレ朝のほかTBSからも内定をもらっていたから。入社早々『ミュージックステーション』や『やべっちF.C.』を担当したため、音楽・スポーツ系と…

イベントに登場した加藤綾子(中央)

結婚&ママ願望明かす 絶好調カトパンに“電撃婚”の可能性

昨年4月末でフジテレビを退社し、フリーアナウンサーに転向した加藤綾子(31)。11日はカナダ映画「天使にショパンの歌声を」(14日公開)のトークイベントに登場。母校である国立音楽大学の室内合唱団の生徒らを前に「家と学校の往復だけだった」という意外に真面目なキャンパスライフを振り返っていた。 フリー戦国時代において仕事に困る様子は全く感じられず、むしろ露出度は増すば…

有働アナへの嫉妬心を告白

「嫉妬」告白も…カトパンが有働アナになれない3つの理由

5月からフリーになった加藤綾子(31)がフリー後初の特番「一流が嫉妬したスゴい人」(フジテレビ系、14日放送)を担当することが分かった。 その発表の席上、報道陣から番組名にちなんで「嫉妬する人」を聞かれた加藤は「NHKの有働由美子さん(47)」と即答。たしかに加藤と有働といえば、現在の女子アナ界で人気を二分する存在には違いないが、歩んできたキャリアがまるで違う。 「…

(左上から時計回りに)永島優美、田中萌、宇垣美里、鷲見玲奈の4女子アナ

カトパンの後釜は誰? 民放若手女子アナ「春改編」の勝敗

この中から未来の高島彩(37)やカトパン(加藤綾子=30)の座に就くのは誰なのか。女子アナ評論家の高島恒雄氏に注目の若手女子アナについて聞いてみた。 「注目度抜群なのはフジの永島優美アナ(24)でしょう。フリーになるカトパンに代わって、この4月から『めざましテレビ』でメーンキャスターに。文字通り“後釜”です。バラエティー系というよりも情報系で、実力も安定しています。…

潜在視聴率は8%をキープ

退社報道を社長否定も 「カトパン獲得合戦」消えない“火種”

今週はスポーツ紙1面スクープ、フジテレビの看板女子アナ、カトパンこと加藤綾子(30)の退社、フリー転身報道にマスコミが振り回された。 三十路になるとオファーが減り、かつ寿退社やフリーに転身する女子アナが少なくないため、テレビ業界では「30歳定年説」が脈々とある。9月いっぱいでフジを退社というのも、十分にありうる展開だ。 しかし、亀山千広フジ社長が報道を否定し、火消し…

早くも銀座仕込みを発揮

カトパンに匹敵の評も 笹崎里菜アナ「日テレ史上最強」の片鱗

「フジテレビの加藤綾子と比べても遜色ない。とにかく華がある。おそらく彼女は日テレ史上最強の女子アナになるのではないか」 今週3日、「笑ってコラえて!」(日本テレビ系)で女子アナデビューした笹崎里菜(23)。元フジテレビアナウンサーで現在情報番組「バラいろダンディ」(TOKYO MX)のMCを務める長谷川豊氏はこう絶賛する。 とにかく想定外の評価である。「ハッキリとし…

生野アナ(右上)と椿原アナの関係もビミョー (C)日刊ゲンダイ

午後の番組に大ナタも フジ伊藤利尋アナが抱える“不安材料”

伊藤と生野は良好だが、椿原は生野と「めざまし」で不仲が噂された加藤綾子と良好な関係である。3人がうまく連携できるのかと不安視する向きがあるのだ。 伊藤は果たして、そんな逆風をはね返すことができるか。…

激ヤセとも報じられたカトパン/(C)日刊ゲンダイ

カトパン退席で長谷川豊氏「フジは雑巾絞るように一人を使う」

【日刊ゲンダイ連載】 「長谷川豊 言い切り!」 27日、「めざましテレビ」(フジテレビ系)を担当している加藤綾子アナが生放送中に倒れるという事態が起きました。 まず、先輩として苦言を呈しますが、プロとして2点失格です。まず体調管理が行き届いていなかったこと。多くの方を心配させる可能性がある以上、自らの体調は丁寧すぎるほどに徹底管理すべきです。 そして、加藤の最大の失…

幸い風邪だったが…/(C)日刊ゲンダイ

生放送中に倒れて途中退席…カトパンはフジテレビに殺される

フジテレビのカトパンこと加藤綾子アナウンサー(29)が27日、司会を務める「めざましテレビ」の放送中にもかかわらず、体調不良により退席してしまった。28日も欠席。加藤は幸い、入院はしていないというが「過去にも収録中に貧血でぶっ倒れたことがある。またいつ倒れてもおかしくない過酷なスケジュールで仕事に追われていた」というのはフジ関係者だ。 08年入社の加藤はフジ以外にも…

恋のウワサは絶えず…/(C)日刊ゲンダイ

電通マンと“週5同棲” テレ朝・竹内アナ「寿退社」Xデー

片岡は遊び人として有名で、昨年はフジテレビの加藤綾子アナ(29)との関係も囁かれていた女子アナキラー。結局、片岡とは半年足らずで破局。精神的に相当こたえたようで、「もう二度とスポーツ選手とは付き合いたくない!」と宣言していたという。それだけに、電通マンの彼と週5日の半同棲ともなれば、当然ながら結婚も視野に入っているはずだが…。 「竹内はテレ朝きっての人気アナに成長し…

テレ東でぶっちぎり1位の鷲見玲奈アナ/(C)日刊ゲンダイ

テレ東・鷲見アナ 露出増で「ポスト大江」最右翼に急浮上

フジテレビの加藤綾子アナ(29)の231番組に肉薄し、日本テレビの水ト麻美アナ(27)の本数(205番組)よりも多い。 鷲見アナは大学時代(首都大学東京)、芸能事務所に所属してタレント活動をしていたが、女子アナになってもタレント性は抜群。入社1カ月で深夜番組「一夜づけ」のレギュラーになると、3カ月で朝の情報番組「7スタLIVE」のメーンMCに。同じタイミングで、池上…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事