日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

渡部建特集

破局か…

佐々木希と破局説も アンジャ渡部建に“落ち目の秋”到来か

お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(42)は、まさにそんな状況だ。 森高千里(46)とのダブル司会で始まった水曜夜の音楽番組「水曜歌謡祭」(フジ系)は10月から金曜深夜枠へと、わずか半年で降格。フリーアナの田中みな実(28)と共に司会をしていた日曜夜の情報バラエティー「ニュースな晩餐会」(フジ系)が8月で打ち切りになったのに続き、2本連続でゴールデンタイムのレギ…

結婚しないの?できないの?

結婚は? 佐々木希&渡部建があえて“交際宣言”しない理由

佐々木は4月に「アンジャッシュ」渡部建(42)との熱愛が報じられたが、双方の事務所ともに関係を否定。しかし、渡部はバラエティー番組で“お約束”のように佐々木との交際をネタにされまくっている。本当の関係はどうなっているのか。 「互いにいい大人同士ということです。ただ、愛之助と藤原紀香のようにおおっぴらに交際宣言してしまうとイベントなどの仕事のたびに交際の話題に触れな…

王道メニュー「中華麺」/(C)日刊ゲンダイ

タレントが通う店 やってる店

アンジャッシュ渡部建が学生時代から通い詰める 道玄坂の老舗「中華麺店 喜楽」

先月、自身初のグルメ本を出版した食通芸人、アンジャッシュの渡部建(42)。年間500軒もの飲食店を訪れるという渡部が学生時代から通い続けているのが「中華麺店 喜楽」だ。 場所は渋谷駅から5分ほど歩いた、道玄坂の路地裏。ホテル街のど真ん中という超ディープなロケーションながら、昼夜を問わず客足が絶えない、ラーメン通なら言わずと知れた名店だ。 昭和27年創業で現在は2代目…

渡部建は芸人随一のグルメ

今週グサッときた名言珍言

「食べ物がテレビに出てくる。感想を言うって、もう義務なんです」by 渡部建

今やグルメキャラとしてテレビ界になくてはならない存在となった、アンジャッシュの渡部建(43)。近年、あだ名芸を“封印”している有吉弘行が渡部には珍しく「飯食い」なるあだ名をつけるほどだ。そんな渡部がネプチューンやくりぃむしちゅーといった第一線の芸人たちを前に言い放った言葉を今週は取り上げたい。 その後も彼らの“食レポ”に、渡部は「サボりすぎ」「見せる食べ方をすべき」…

芸能界のアテンド王/(C)日刊ゲンダイ

“食通芸人”アンジャッシュ渡部建 初グルメ本の「ツボ」

「アンジャッシュ」の渡部建(42)が24日、自身初のグルメ本「芸能界のアテンド王が教える 最強の店77軒」(文芸春秋)の刊行記者発表会を行った。 食通として知られるだけに、芸能界やスポーツ界の面々から「こんな店知らない?」とよく尋ねられるとか。 「その中でも一番多いのが<個室あり、入り口が2つ、店員の口が堅い>という発注。この本はそれにも応えられる店が載ってます!」…

同棲が発覚した佐々木希(左)と渡部健

すでに同棲状態 佐々木希&アンジャ渡部の“結婚Xデー”

以前から交際が報じられていたお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建(44)と女優の佐々木希(28)が、すでに同棲中であることを発売中の「女性自身」が報じている。 記事によると、渡部が仕事に出掛けたマンションに佐々木が事務所の送迎車で帰宅するなど、すでに同棲状態。芸能界きってのグルメ王として数多くの隠れた名店を知る渡部だが、同誌が張り込んでいた際に2人で外食に出掛けるこ…

佐々木希(右)と渡部建

報道陣をけむに 佐々木希はアンジャ渡部と結婚しないの?

入浴シーンや、下着姿、裸のままタオルを広げたカットなども披露しているが、佐々木の「彼」で思い浮かぶのが、昨年4月に熱愛が報じられたお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建(44)だ。 報道陣は名前を出さず「順調ですか?」と渡部との交際について質問したが、佐々木は「何がですか? 幸せいっぱいで、お仕事をさせていただいています。順調ですね」と笑顔でけむに巻いていた。 一方、…

伊藤綾子アナは大丈夫?

二宮和也と熱愛 伊藤綾子アナに心配な佐々木希との共通項

二宮は2011年に女優の佐々木希(28)との交際が報じられたが、その後、佐々木はアンジャッシュ渡部建(43)の元へ。原因は二宮の金銭感覚に愛想を尽かしたともいわれているが、気になるのが元カノの佐々木と今カノの伊藤アナの“共通項”だ。 佐々木と伊藤アナは共に秋田県出身。秋田の県民性として「経済観念が薄い」「享楽的である」ともいわれ、実際、総務省の2014年の統計では…

同番組でMCを務める田中みな実アナウンサー

BPOがきついダメ出し フジ「ニュースな晩餐会」で人権侵害

同番組は14年10月、TBSを退社しフリーに転向したばかりの田中みな実(29)と、アンジャッシュの渡部建(43)によるダブルMCで鳴り物入りで始まったが、スタート当初から視聴率は低迷。途中リニューアルを図るも低空飛行を続け、15年8月に“打ち切り”になっていた。…

試練が続くフジテレビ

フジ “秋の新番組”も壊滅…月9やバラエティーの凋落著しく

音楽部門でも苦戦し、「MUSIC FAIR」(17日)が5.1%で6位、「水曜歌謡祭」で惨敗した森高千里(46)とアンジャッシュ・渡部建(43)が司会を務める新番組「Love music」(16日)が3.7%で、8位につけるのがやっとだった。 スポーツ部門は、フジが放送したクライマックスシリーズのヤクルト対巨人戦(17日)が12.4%、サッカー国際親善試合の日本対…

熱愛のウワサもあったふたり

「ヨルタモリ」後釜MCに抜擢 オードリー若林“無敵”の好感度

『アンジャッシュ』渡部建のような派手さはないけど、同じく嫌みもない。かなり“アンパイ”です。番組内容(尊敬すべきちょっとおバカな人生の先輩たちから人生を楽しむコツを学ぶバラエティー)は、若林の出ている『しくじり先生』の二番煎じ? と思わざるを得ませんが、それほどフジテレビの若林への期待度が高いということでしょう」(芸能リポーターの川内天子氏) 昨年は一部で熱愛がウワ…

「水曜歌謡祭」の数字は散々

森高千里ライブに心配の声…「水曜歌謡祭」低迷で神話に陰り

ひどいときには3%台にまで落ち込んでいて、その影響からか、『水曜――』と同じく森高とアンジャッシュの渡部建が司会を務めた『FNSうたの夏祭り』も昨年よりガクンと数字を落としている。社内では“森高神話は終わった”として深夜枠への移動も検討されているそうです」(テレビ関係者) とはいえ、実際には10月に行われるライブ会場の「赤坂BLITZ」と「Zepp DiverCit…

木下優樹菜

木下優樹菜が佐々木希&アンジャ渡部の熱愛否定の「なぜ?」

「娘に日々成長させてもらっている」とも語ったユッキーナだが、この日は報道のあった親友、佐々木希(27)とアンジャッシュ渡部建(42)の熱愛についても質問が。しかし、祝福コメントを期待した報道陣に「世間はそう思っていますけど、友だちって聞いています。何でそうなっちゃうんだろう」と、熱愛を完全否定してしまった。 「非公式ながら佐々木自身も交際の事実は認めています。渡部…

ニ宮和也とは正反対の渡部(左)/

渡部と正反対 佐々木希も愛想尽かした二宮和也の“ケチ臭さ”

元NHKの神田愛花アナ(34)とバナナマンの日村勇紀(42)、佐々木希(27)とアンジャッシュの渡部建(42)の熱愛騒ぎ。どちらもビックリだが、佐々木は以前は「嵐」の二宮和也と交際していたから、アイドルからの乗り換えだ。「ニノに佐々木が振られた」という説もあるが、佐々木が愛想を尽かした面も否めない。 渡部は昨年、グルメ本「芸能界のアテンド王が教える 最強の店77軒」…

女性が喜ぶレストラン選びは朝飯前

“肉食女子”佐々木希を虜にしたアンジャッシュ渡部の「舌技」

発売中の「女性セブン」で「アンジャッシュ」渡部建(42)と佐々木希(27)の熱愛が報じられた。さかのぼること10日前の12日、ニュースサイトが2人の密会情報を掲載。これを受け、所属事務所の後輩である「おぎやはぎ」矢作兼(43)が16日放送のラジオで「渡部さんにLINE入れて“この記事、本当?”って聞いたら“ガセです”って(返ってきた)」と話したことから「熱愛否定」…

渡部建と森高千里

森高千里の「水曜歌謡祭」 浮沈のカギを握るのはアンジャ渡部

むしろ気になるのはともにMCを務める渡部建(アンジャッシュ)が想像以上にアワアワしていたことだ。 「本人自身は、07年から3年間、J―WAVEで1時間45分の生放送を担当していた経験から、“生”には自信を持っていたようです。しかし、少なくとも初回を見る限り経験はあまり生かされてなかったようですね。J―WAVEも放送開始当初は苦労と失敗の連続だったというから、もう少々…

“オバさん”になっても色あせぬ美貌(2012年当時)

フジ生歌番組MCに抜擢 森高千里に“再ブーム到来”の事情

アンジャッシュの渡部建とのタッグなので仕切り上手の渡部が引っ張ってくれるとしても、テレビ番組の司会は初めて。もともとトークが苦手なのに加えて「水曜歌謡祭」は生放送番組である。森高の起用は冒険とも思えるが、もちろん、フジには“勝算”があるという。 森高は12年の活動再開以来、東京、大阪、名古屋などでライブを開催してきた。会場には40~50代の男性ファンがわんさか駆けつ…

視聴者からの反感は大きかった/(C)日刊ゲンダイ

ブチ切れ炎上…脊山麻理子が捨てた元日テレアナの“清廉性”

「アンジャッシュ」渡部建(42)からツッコまれるも「ディレクターさんの気持ちをくんだだけ」と反論し、その後も他の出演者の発言に“かぶせ”を連発。 脊山に対するイライラが頂点に達したゲストのおのののか(23)が、「渡部さんしゃべっている時に言葉をかぶせていくのは失礼」と注意するも、どこ吹く風。VTRにダメ出しする企画にも「文句言われる筋合いはない」と怒り、おのが思わず…

仁義なきMC争い勃発?/(C)日刊ゲンダイ

MC候補のダントツに 有吉も恐れるアンジャ渡部の急浮揚

業界ではポスト有吉弘行、上田晋也(くりぃむしちゅー)、あるいは後藤輝基(フットボールアワー)などと呼ばれる注目株ですね」(制作会社幹部) テレビのバラエティー界の次代を担うMCとして期待が集まる彼とは、アンジャッシュの渡部建(42)だ。 実際、興味深い業界データがある。 「キー局でポストG&P(ゴールデン&プライム)帯の番組を決める際に行うお試し枠でのテストです。土…

渡部は高校野球マニア/(C)日刊ゲンダイ

元中日・山崎がアンジャッシュ渡部に「スカウト転身」の勧め

電源が復旧すると、「アンジャッシュ」渡部建(41)と元中日の山崎武司(45)が登場。「びっくりしましたねえ。何が大変って、エアコンが止まって武司さんの汗が止まらない」と渡部が言うと、隣で汗だくになった山崎が「エアコン全開でお願いします」とタオルで顔を拭いた。 ■「松井裕は中3から見てますから」 イベントが再開すると、阪神ファンにして高校野球マニアで知られる渡部。「…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事