日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「和田毅 現在」に関する記事

None

故障相次ぐも揺るがず 米スカウト「日本人投手」高評価の理由

ダルビッシュ有、藤川球児、和田毅らが相次いでトミー・ジョン手術(腱の移植手術)を受け、黒田博樹、松坂大輔、田中賢介らは日本球界に復帰した。MLB公認エージェントたちは、プロ野球界をどのような視点で見ているのだろうか。 「たまたま今年は移籍したアスリートがいなかっただけで、いまなお、日本球界はトップアスリートの宝庫だよ。現に日本に10人近くいるMLB球団のスカウト陣は…

None

カブス和田、トロント川崎が昇格 「ポストS」出場に現実味

日本人選手ではカブス・和田毅(34)、ブルージェイズ・川崎宗則(34)の2人が昇格した。 今季の和田はキャンプ中に左太ももを痛めて開幕から故障者リスト(DL)入り。5月に復帰してからは7試合に先発し、1勝1敗、防御率3.73。まずまずの投球を披露したが、6月22日のドジャース戦で左肩の炎症で再びDL入りした。 メジャーでは救援を任される見込みだが、今後の投球次第では…

オリのカラバイヨもBCリーグ出身

新たな選手供給源、球団所有も メジャーがBCリーグに熱視線

全盛期を過ぎてから渡米するため、カブスの和田毅(34)のように故障に泣かされ、メジャーに定着できない選手もいる。 メジャーが今後、BCリーグを傘下に収めて選手育成に本腰を入れれば、将来的にはメジャーリーガーが誕生する可能性もある。MLBの選手供給源はNBPより、独立リーグになるかもしれない。…

None

読むメジャーリーグ

故障者続出でも日本人投手の需要は高い

ダルビッシュ有、藤川球児、和田毅らが相次いでトミー・ジョン手術(腱の移植手術)を受け、黒田博樹、松坂大輔、田中賢介らは日本球界に復帰した。MLB公認エージェントたちは、プロ野球界をどのような視点で見ているのだろうか。 「たまたま今年は移籍したアスリートがいなかっただけで、いまなお、日本球界はトップアスリートの宝庫だよ。現に日本に10人近くいるMLB球団のスカウト陣は…

None

救援打たれ失点…カブス和田は今季初勝利またも手にできず

カブス・和田毅(34)が31日(日本時間1日)のロイヤルズ戦に今季3試合目の登板。5回3分の2を2安打1失点、4三振、2四球。勝敗は付かなかった。 登板予定だった前日の試合が雨で中止となり、スライド先発した和田。ここまで打率3割をキープし続ける4番モラレスから四回に見逃し三振を奪うなど、危なげない投球を披露。昨季のア・リーグ覇者で、現在は中地区首位のロイヤルズ相手…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事