日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「渡部建 グルメ」に関する記事

芸能界のアテンド王/(C)日刊ゲンダイ

“食通芸人”アンジャッシュ渡部建 初グルメ本の「ツボ」

「アンジャッシュ」の渡部建(42)が24日、自身初のグルメ本「芸能界のアテンド王が教える 最強の店77軒」(文芸春秋)の刊行記者発表会を行った。 食通として知られるだけに、芸能界やスポーツ界の面々から「こんな店知らない?」とよく尋ねられるとか。 「その中でも一番多いのが<個室あり、入り口が2つ、店員の口が堅い>という発注。この本はそれにも応えられる店が載ってます!」…

王道メニュー「中華麺」/(C)日刊ゲンダイ

タレントが通う店 やってる店

アンジャッシュ渡部建が学生時代から通い詰める 道玄坂の老舗「中華麺店 喜楽」

先月、自身初のグルメ本を出版した食通芸人、アンジャッシュの渡部建(42)。年間500軒もの飲食店を訪れるという渡部が学生時代から通い続けているのが「中華麺店 喜楽」だ。 場所は渋谷駅から5分ほど歩いた、道玄坂の路地裏。ホテル街のど真ん中という超ディープなロケーションながら、昼夜を問わず客足が絶えない、ラーメン通なら言わずと知れた名店だ。 昭和27年創業で現在は2代目…

None

佐々木希 渡部健と結婚までの“長かった春”

渡部建は芸人随一のグルメ

今週グサッときた名言珍言

「食べ物がテレビに出てくる。感想を言うって、もう義務なんです」by 渡部建

今やグルメキャラとしてテレビ界になくてはならない存在となった、アンジャッシュの渡部建(43)。近年、あだ名芸を“封印”している有吉弘行が渡部には珍しく「飯食い」なるあだ名をつけるほどだ。そんな渡部がネプチューンやくりぃむしちゅーといった第一線の芸人たちを前に言い放った言葉を今週は取り上げたい。 その後も彼らの“食レポ”に、渡部は「サボりすぎ」「見せる食べ方をすべき」…

None

このMCなぜ凄いのか

渡部健

4月から、22年目に入る長寿番組「王様のブランチ」(TBS系)のMCを務めることになったアンジャッシュの渡部建さん。看板番組を任されることでも、今最も注目されているMCのひとりではないでしょうか? 僕が渡部さんと最初に仕事をご一緒にしたのは、2004年から1年間ほど続いた深夜番組「メンB」という番組でした。個人個人のネタを披露するのではなくて、シチュエーションコント…

同棲が発覚した佐々木希(左)と渡部健

すでに同棲状態 佐々木希&アンジャ渡部の“結婚Xデー”

以前から交際が報じられていたお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建(44)と女優の佐々木希(28)が、すでに同棲中であることを発売中の「女性自身」が報じている。 記事によると、渡部が仕事に出掛けたマンションに佐々木が事務所の送迎車で帰宅するなど、すでに同棲状態。芸能界きってのグルメ王として数多くの隠れた名店を知る渡部だが、同誌が張り込んでいた際に2人で外食に出掛けるこ…

ニ宮和也とは正反対の渡部(左)/

渡部と正反対 佐々木希も愛想尽かした二宮和也の“ケチ臭さ”

元NHKの神田愛花アナ(34)とバナナマンの日村勇紀(42)、佐々木希(27)とアンジャッシュの渡部建(42)の熱愛騒ぎ。どちらもビックリだが、佐々木は以前は「嵐」の二宮和也と交際していたから、アイドルからの乗り換えだ。「ニノに佐々木が振られた」という説もあるが、佐々木が愛想を尽かした面も否めない。 渡部は昨年、グルメ本「芸能界のアテンド王が教える 最強の店77軒」…

女性が喜ぶレストラン選びは朝飯前

“肉食女子”佐々木希を虜にしたアンジャッシュ渡部の「舌技」

発売中の「女性セブン」で「アンジャッシュ」渡部建(42)と佐々木希(27)の熱愛が報じられた。さかのぼること10日前の12日、ニュースサイトが2人の密会情報を掲載。これを受け、所属事務所の後輩である「おぎやはぎ」矢作兼(43)が16日放送のラジオで「渡部さんにLINE入れて“この記事、本当?”って聞いたら“ガセです”って(返ってきた)」と話したことから「熱愛否定」…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事