日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

東京計器の関連ニュース

None

有事銘柄が急騰「気分はもう戦争」の不気味

「投資額10万~30万円には無線機の日本無線や、レーダー装置の東京計器などがあります」(市場関係者) 大手では戦闘機関連の三菱電機、潜水艦ソナーのOKI、対戦車榴弾のコマツ、防衛省向け護衛艦を建造した三井造船が30万円以下で購入可能だ(別表参照)。 30万円以上には、潜水艦の川崎重工、哨戒ヘリコプターの三菱重工、哨戒機エンジンのIHIなど大企業がズラリと並ぶ。 「…

約40%上昇した銘柄も

市場はすでに有事モードに “戦争銘柄”株価上昇の不気味

有事には欠かせないレーダーに強みを持つ東京計器は39%上がった。救難飛行艇の新明和工業は38.5%上昇、航空機整備のジャムコは37.7%アップだ。 「これまで市場は、あくまで“計画的な戦争”を想定していました。米国が北朝鮮の核実験などを容認していたのも、日本や韓国に具体的な敵国を想像させるためだったでしょう。ところが、トランプ政権は移民の入国禁止で明らかになったよ…

一時は1000円超安

必ず来る“暴落第2波” トランプ勝利で株価長期低迷の指摘

値上がりランキングの上位に、ズラリと並びました」(市場関係者) 細谷火工(発煙筒)は前日比23.7%高、東京計器(レーダー装置)は17.6%高、石川製作所(機雷)は14.3%高、豊和工業(小銃・防衛火器)は12.3%高……。平均株価が急落するなかで、軍事銘柄はしっかり値を上げた。 「自国は自国で守れと主張するトランプ氏が勝ったのです。防衛関連の物色は当分続くでしょう…

ユニゾHDは旧興銀系の名門

鉄火場 バーゲン株ハンティング

名は体を表す 社名変更に投資ヒントあり!

半面、東京計器はトキメックに社名を変えたあと、再び東京計器に戻した。社名変更直後は「心ときめくトキメック」と、さかんにアピールしていたが、中国市場を開拓するには“計器”(漢字)の方が浸透しやすかったようだ。最近、カタカナ、アルファベット表記の会社が増えている。 これが時代の流れとはいえ、何をやっている会社かはすぐには理解できない。たとえば、BEENOS(旧社名はネ…

いずれはミサイルに搭載し…

有事銘柄に逆行高が続出 マーケットは“戦時モード”突入

「防衛関連大手の株価は全体相場に引きずられ下落傾向ですが、北朝鮮情勢は一段と緊迫してきたし、しばらくは有事関連を物色する動きが活発化するとみています」(ちばぎん証券の安藤富士男アナリスト) 海上保安庁に巡視船を納入した三井造船や、対戦車榴弾のコマツ、レーダー装置の東京計器など、市場が囁く“有事関連銘柄”は別表の通りだ。 「北朝鮮は早くも次の核実験に踏み切ると伝わっ…

None

砲弾に戦闘機…戦時モード突入の市場で火を噴く「有事銘柄」

「機雷の石川製作所や、レーダー装置の東京計器、小銃の豊和工業など有事関連といわれる銘柄は軒並み株価を上げています。トルコとロシアの緊張関係は続くでしょうし、フランスや米国の動きも気になる。しばらくは戦争銘柄が市場の主役かもしれません」(株式評論家の倉多慎之助氏) 大手企業にも戦争銘柄は転がっている。三菱電機やIHI、川崎重工、コマツ、NECなどは防衛省との取引が濃…

市場が騒ぐ有事関連株/(C)日刊ゲンダイ

マレーシア機撃墜で緊迫 「有事銘柄」の上昇が止まらない

豊和工業(小銃)や東京計器(レーダー装置)も一時は3%以上の上昇だった。 「民間機が撃ち落とされたのだから、市場の緊張は極度に高まりました。“戦争銘柄”が買われるのは当然です。ただ、これまでは相場が落ち着きを取り戻すと、関連銘柄は潮が引くようにサーッと株安に向かっていたのに、今回は高値圏にとどまったままです。不気味な感じがします」(市場関係者) シリア情勢やイスラエ…

None

女性勤続年数23年でV2 「日本信号」ってどんな会社?

【女性平均勤続年数】 ◆1/日本信号/23.2 ◆2/ケーヒン/23.0 ◆3/アルプス電気/22.4 ◆4/横河電機/22.1 ◆4/日本製紙/22.1 ◆6/コニカミノルタ/22.0 ◆7/高島屋/21.9 ◆8/セイコーエプソン/21.7 ◆9/JFEスチール/21.5 ◆10/YKK/21.4 ◆11/日立金属/21.3 ◆11/大丸松坂屋/21.3 ◆1…

None

年初来高値に急接近 それでも買っていい「業界」「銘柄」

五輪には間に合いませんが、リニア関連も要注目です」(倉多氏) この関連では、トンネルの掘削作業に欠かせない姿勢検出装置を手掛ける東京計器などが有望視されている。ゼネコンはダメでも、熊谷組、大豊建設といった、トンネルに強いゼネコンはアリだ。 今年5月の大暴落で痛い目に遭った人は、今がリベンジのチャンスかどうか、考え時か。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事