日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

星野仙一特集

ひょっとすると数年後は…

星野仙一氏「楽天取締役副会長」就任で狙う“次なる椅子”

楽天が8日、前監督の星野仙一シニアアドバイザー(SA=68)が球団のシニアアドバイザーから取締役副会長に就任したと正式発表した。7日に臨時の株主総会を行い、承認された。 楽天の立花陽三球団社長(44)は、「最高責任者です。GMではなく、それ以上。経営にも参加していただく」と語ったが、星野氏の当面の仕事は、辞意を固めている大久保監督(48)の後任探しになりそう。とは…

藤浪も今一つ伸び悩む

星野仙一氏や元球団社長も嘆く「阪神スカウト」の“無能”ぶり

阪神の指揮を執る前年まで中日にいた星野仙一元監督は「阪神は(中日なら)3位か4位で取る選手を1位指名する」と話していたという。 阪神はそもそも、選手の仕入れ部門に問題があるようなのだ。01~04年、阪神の球団社長を務めた野崎勝義氏はこう言った。 「私がかつて12人いたスカウトを4人に減らしたのは、優秀なスカウトを招くと同時に、個々に責任をもってもらおうと思ったからで…

休養から復帰した時の星野前楽天監督/(C)日刊ゲンダイ

元楽天コーチ2人をソフトBに押し込む星野仙一氏の“手腕”

その2人の就職先を決めたのは、今季限りで辞任した楽天前監督の星野仙一氏(67)だったからだ。 星野監督が病気で休養中に開催された今年の球宴は、佐藤コーチがパの監督代行を務めることが決まっていた。ところが楽天は急きょ、大久保二軍監督(47)の新代行就任を発表し、球団内の内紛が露呈。 そんなドタバタ劇や大久保新監督が二軍で同じ釜の飯を食った若いコーチ陣を大量に一軍へ上げ…

言われるうちが花/(C)日刊ゲンダイ

星野仙一氏の甲子園「アポなし訪問」にこれだけの“憶測”

日本シリーズ第2戦の試合前、楽天監督を退任したばかりの星野仙一氏(67)が球場に現れたのだ。 「俺が来ても何てことないやろ。ちょうど関西にいたから、王会長に挨拶に来ただけ。何もないわ」 こう笑い飛ばした闘将だったが、阪神の関係者、OB、旧知の報道関係者は慌てて挨拶に駆けつけた。 ソフトバンクの王会長に挨拶した後は、阪神の坂井信也オーナーとも談笑したとあって、「ソフト…

球団経営にもタッチするというが…

権藤博氏が星野氏に提言 「楽天再建には監督復帰するべき」

コラム【権藤博の流儀】 楽天の星野仙一シニアアドバイザー(68)が球団の取締役副会長に就任した。立花球団社長によれば、その役割はメジャーで流行中の、「プレジデント・オブ・ベースボール・オペレーション」だそうである。長ったらしいだけでピンとはこないが、要するに「編成統括責任者」。監督人事を含め、チームづくりの全ての権限を与えられるというから、実質的に「GM」を兼ねるこ…

座右の名は「泰然自若」/(C)日刊ゲンダイ

解任寸前から日本一目指す 阪神和田監督に備わる「3つの運」

星野仙一監督が就任し、球団の後押しもあって何とか入閣できた。星野仙一監督時代は一軍打撃コーチを務めるも、ソリが合わない岡田彰布監督が04年に就任すると、二軍に降格。一軍に再昇格しても打撃、内野守備走塁とたらい回しにされた。しかし、波風を立てない性格、人間性は結果としてプラスに作用した」 昨年7月にタレントとの不倫で週刊誌を賑わせながら、発売の翌日から6連勝。スキャン…

次期監督候補の面々/(C)日刊ゲンダイ

星野、桑田、松中の名前まで…混迷極まるソフトB次期監督

孫オーナーは最終的に王会長の意見を尊重するはずです」 工藤、古田の両氏に断られた場合、なんと楽天監督を退任したばかりの星野仙一氏(67)の名前まで取りざたされているからグチャグチャだ。事情通氏がこう言う。 「監督退任後は楽天フロント入りが有力視されているものの、今季限りで楽天を退団するという説もある。この日、楽天は大久保二軍監督の来季一軍監督就任を発表したが、三木谷…

金本監督は恩師と1時間の「会談」

後見人気取り? 星野氏が阪神訪問で金本監督と“師弟会談”

03年に優勝に導いた元監督であり、OB会のメンバーでもあるが、周囲からは冷たい視線を向けられていたのが、楽天球団の星野仙一副会長だ。 14日は阪神の宜野座キャンプを訪れ、メーングラウンドの監督室で金本監督と約1時間にわたって対談。報道陣に「糸井は首位打者争いする。阪神は投手が出てくれば優勝争いする。ボクの2年目は戦力が整っていた。金本は育てないといけないところがある…

ネタ枯れとはいえ…

スポーツ難癖口上

川藤幸三の一升酒記事など読みたかねえぞ

もみじまんじゅう屋の立場はどうなる? 中日OB星野仙一が若手を集めて「手羽先を月に1トン食うのがドラゴンズ魂じゃ!」と吠えたら、味噌煮込みうどん屋の立場はどうなる? ヤクルトOB若松勉が若手集めて「サプリなんかやめてヤクルト飲め!」と説教コイたら、タフマンの立場はどうなる? 巨人OBの金田正一が「400勝したければ死ぬ気で投げ込め!」と吠えたら、若手は心の中で小さく…

楽天を選んだ池山氏(左)

ヤクルト監督を蹴り 池山隆寛氏「楽天コーチ」就任の計算

池山は前回の楽天コーチの時、中日、阪神で監督をやった星野仙一氏に会いに行き、「監督時代の背番号だった『77』を僕につけさせてください」と頭を下げて了承してもらったことがある。 「楽天は昨オフ、右の長距離打者を指導できるコーチを探していた。星野球団副会長は池山に声をかけて、7年ぶりに楽天に復帰となったが、背番号の一件で星野さんの気持ちをつかんだという人もいる。今のヤク…

金本監督と星野元監督

「超変革」金本監督の足を引っ張ろうとOB連中“虎視眈々”

■気遣いを忘れなかった星野仙一氏 監督を決めるのに、OB会にお伺いを立てるなど、一昔前の巨人を除けば他球団では聞いたことがない。にもかかわらずこんな珍事件が起きるのは、阪神という球団がフツーではないからである。 例えば、阪神は昨秋、球団社長が南信男氏から四藤慶一郎氏に代わったが、南社長時代は先の総会にも出席していた有力OBに、監督人事を相談していた「前歴」がある。…

低予算で新外国人を獲得した星野副会長

137kgアマダーも格安 楽天新助っ人で問われる星野氏の眼力

今回の助っ人取りの陣頭指揮を執ったのは星野仙一副会長(69)。助っ人獲得資金を抑え、FAでロッテから今江を取った。 今江に大金を使った分、新助っ人は小粒になったが、星野副会長は中日監督時代、ドジャースのオーナー補佐兼国際担当のアイク生原氏との縁からドジャースとパイプを築くなど、幅広い人脈を生かして優良助っ人を発掘してきた。阪神で大活躍したジェフ・ウィリアムスは、星…

火花を散らした高橋由伸監督と星野仙一氏

星野氏のダメ出しに…G由伸監督“大きなお世話”のチクリ

巨人の高橋由伸監督(40)が6日、都内で行われた「東京六大学野球連盟結成90周年記念祝賀会」に立大OBの巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(79)、楽天の星野仙一球団副会長(68)らと出席。集まった約1500人の前でのトークショーで星野副会長から「彼(高橋監督)は40歳で若いというけど、私は39歳で監督を命じられた。現役からすぐ監督というのは、今まで仲間だったもんだから、命…

「残留します」と即答した

橋本清の取りたて直送便“本音を聞きたい”

楽天・嶋 「移籍の迷い」を断ち切った星野副会長からの電話

やはり、シニアアドバイザーから球団の取締役副会長に就いた星野仙一元監督の存在が大きいのか。 改めて本人に聞くと、「それは、やっぱり大きいですよ。実は……」とこんな舞台裏を教えてくれました。 「シーズン終了後すぐに星野さんから電話をいただいたんです。『おい、おまえ、どうすんじゃ』と(笑い)。思わず、『残留します!』と即答しました。いや、実際、もう一度このチームで優勝し…

二軍監督抜擢の真意は…

若手指導は二の次? 掛布二軍監督に託される密かな「特命」

星野仙一元監督は就任1年目のオフ、27人もの選手を入れ替え、チームの立て直しを図った。当時、星野元監督の肝いりで阪神にFA移籍した金本監督も、旧態依然とした球団体質を改めない限り改革はできないと考えている。それには当然、痛みをともなう。純粋な生え抜きではなく、外様の金本監督の就任を歓迎しない抵抗勢力も少なからず存在するからだ。中でもやっかいなのはフロント。トップの…

None

プロ野球 サムライは死んだか

鉄拳制裁で4メートル吹っ飛んだ

プロ野球でもかつての星野仙一のような指揮官はいない。 昔は殴る蹴るが当たり前の時代だった。私が最も印象に残っているのは東映フライヤーズ時代(現日本ハム)の70年、投手コーチだった土橋正幸さんの鉄拳だ。 その日は関西遠征で芦屋の旅館に泊まっており、翌朝の新幹線で帰京することになっていた。選手は雀卓を囲んだり、部屋で酒盛りをするなど、遅くまで起きていた。 後に移籍する巨…

13日は村田の本塁打などで快勝、首位ヤクルトに0.5差と迫った巨人

プロ野球 サムライは死んだか

怒りのグラウンド乱入、今のファンはおとなしい

阪神の金田(正泰)監督は大黒柱の江夏(豊)を先発させ、中日の与那嶺監督は星野仙一をマウンドに送った。後に聞いた話だが、巨人嫌いの星野は「巨人に優勝させるくらいなら……」と、直球ばかり投げていたそうだ。しかし、阪神打線は力んでしまい星野を攻略できず2-4で負けた。 これで巨人は心理的に優位に立った。甲子園は阪神のホーム球場だが、向こうは意気消沈で戻ってくる。こちらは…

退任会見をした原監督

ひねくれスポーツ論

エディー・ジョーンズにはなれない還暦若大将の半端な言葉

星野仙一のように野望衰えず、どこにでも口を出してプロ野球を牛耳ろうと画策する執念深さは「もうじき還暦若大将」にゃなかろう。 先輩諸氏が通った道をなぞるのだろうか? どの道? そらもう「国政の場でリーダーシップを発揮をしていた~きたいと、ま、おめます!」なんて絡み二枚舌に握手されてその気になって、与党の強行採決時に野党突進の防波堤となって腕を振るい、「はいここで立って…

返事を保留している金本氏

“足かせ”は2つ…金本氏「阪神監督受諾」へ尻込みの真相

金本氏を阪神に引っ張った楽天の星野仙一副会長は「こういうのはタイミングやから、迷ったら引き受けろ」と背中を押しているらしいが、これでは監督を引き受けるべきか迷いもするわけだ。…

本当の姿は…

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

楽天・大久保博元監督 自業自得の毀誉褒貶

大久保監督は星野仙一のことを「オヤジ」と呼んでいるが、かつては根本陸夫や藤田元司についても「父親のような存在」「この人のためなら死ねる」などと公言していた。おそらく、大物に気に入られるためなら歯の浮くような美辞麗句や任侠じみたセリフを恥ずかしげもなく口にできる厚顔の持ち主なのだろう。いったい、彼には「オヤジ」が何人いるのだろうか。 そう考えると、大久保監督は三木谷オ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事