日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「宇野昌磨 フリー」に関する記事

史上初の4連覇を達成!

羽生はファイナルV4も…平昌では2位チェンが最大の敵に

宇野昌磨(18)も2年連続の3位に入ったが、フリーの演技で最も観衆を沸かせたのは、総合2位(282・85)のネーサン・チェン(17=米国)だった。 GPF初出場のチェンは、先月のNHK杯では優勝した羽生に32点以上も離されての2位だったが、この日の演技では、ルッツとフリップの4回転ジャンプを鮮やかに決めてフリーはトップ。その結果、SP5位から2位に順位を上げた。 「…

今季絶好のスタート

4回転3本決めた 宇野昌磨が自己ベストでGP2度目の制覇

フィギュアスケートのGPシリーズ「スケートアメリカ」(シカゴ)最終日は23日(日本時間24日)、男子フリーを行い、SP1位の宇野昌磨(18=中京大)が全体トップの190.19点をマークし、合計279.34点で優勝。宇野は昨季のフランス杯を制したが、テロの影響でSPのみの実施だったため、両種目を行う通常の大会では初勝利を挙げた。 宇野は今季初戦ながら、相次いで大技を…

今季最終戦でベストのジャンプができず

フィギュア国別対抗 羽生結弦は首位浮上も「申し訳ない」

なお、SP首位の宇野昌磨(19)は198.49点で2位に。日本は首位をキープした。…

宮原知子はSPで3位発進

宮原ら有望選手を独り占め フィギュア“濱田組”躍進の秘密

フィギュア界の名将といえば伊藤みどりから宇野昌磨までを指導してきた山田満知子が有名だが、濱田コーチは「山田2世」となるかもしれない。…

大技を決めた羽生

羽生 今季最高点でSP首位も「自己ベスト更新したかった」

昨年3位で2連続表彰台を目指す宇野昌磨(18)は転倒のミスが響いて86.82点で4位だった。 宮原知子(18)は9日の女子SPに登場。フリーは男女とも10日に行われる。…

大島アナは会社に骨をうずめるしかない

崖っぷち小塚崇彦と結婚 フジ大島由香里アナに“妻の試練”

近年では高橋大輔や町田樹、織田信成などが引退していきましたが、今は絶対王者の羽生結弦をはじめ、無良崇人や小塚より下の世代である宇野昌磨も頭角を現している。小塚はいつも“そこそこ”で、メダル圏内には届かないレベル。若手有望株が控えている現状で、もう枠は残されていないのです」(フィギュア関係者) しかも中国杯欠場発表の直前、小塚の父で68年グルノーブル五輪で代表だった嗣…

好スタートを切った羽生/(C)AP

GPファイナル男子SP 羽生結弦が今季最高点で首位発進

なお男子のジュニアでは宇野昌磨(16)が合計238.27点で優勝。山本草太(14)が2位となり、日本勢初のワンツーフィニッシュとなった。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事