日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「生瀬勝久 俳優」に関する記事

「ドラマが引き締まる」と評判の小日向文世(左)と遠藤憲一

“掛け持ち出演”で見る 1月ドラマ「真の勝ち組」俳優は?

「吹越満や生瀬勝久など、いつのクールでも複数のドラマを掛け持ちしている俳優がいるものです。もちろん主役級はあり得ませんが、存在感のある脇役はどの局のプロデューサーもドラマを引き締める意味で欲しがるもの。そういう意味で、引っ張りだこの俳優こそ“真の覇者”といえるのです」(テレビ関係者) こうした観点から見てみると、小日向文世(61)と遠藤憲一(54)が勝ち組俳優とい…

映画「案山子とラケット」にも出演

30歳までバイトで生計 俳優・小市慢太郎は”脇役界の星”

遠藤憲一、古田新太、松重豊、生瀬勝久、吉田鋼太郎、滝藤賢一などはすでに主役級の活躍を見せているが、今年、ブレーク確実といわれるのが、どこか見覚えのあるダンディーな白髪男、小市慢太郎(46)だ。 あまちゃんにも半沢にも出演していないが、知る人ぞ知る実力派として昨年だけで10本以上の映画やドラマに出演。しかし、誰もが“これ”と思い浮かぶ代表作が“ない”のも名脇役ゆえだろ…

「相棒」角田課長でお馴染みの山西惇

その日その瞬間

会社か芝居か 山西惇が“役者一本”決意した生瀬勝久の一言

大阪弁でこう言ったのは生瀬勝久さん(56)でした。 当時、僕は関西にある石油化学メーカーの研究職のサラリーマン。アフター5に大学時代から所属していた京大の学生劇団を出発点とする「劇団そとばこまち」で役者と演出をやっていました。といっても、本業はあくまでサラリーマンです。86年に入社して以来、劇団は“趣味の延長”といったところでした。 2歳上の生瀬さんは劇団の4代目座…

いとうせいこう

その日その瞬間

知人とバッタリ いとうせいこうの転機は本多劇場のトイレ

裏を見たら生瀬勝久さん、古田新太さんらそうそうたる俳優のほか、バンドではいきものがかりなどが記してありました。意外な感じがしたので、内心、「え?」って驚いたんですけど、その時は「そーなんだ。また連絡するわ」って別れましてね。 ところが、しばらくして本多劇場へ行ったら、またトイレでバッタリ。その時、「あ、これは運命だな。決め時だな」って思いました。というのは当時、僕は…

左から、大杉漣、小日向文世、生瀬勝久/(C)日刊ゲンダイ

生瀬勝久とあと2人は…不動の売れっ子「脇役三羽ガラス」

「いま一番の“売れっ子”は、今年立て続けに刑事ドラマに出演中の生瀬勝久か、小日向文世でしょう。それに大杉漣。最近の人気ドラマにはこの3人の誰かが出演していたはず。露出度はトップクラスのはずです」(広告関係者) 3人の年齢は生瀬が53歳、小日向は60歳、大杉は62歳。“脇役三羽ガラス”の活躍は、同世代にとっては心強い応援歌だ。…

None

主役級が何人も出演 月9「貴族探偵」ギャラいくら?

相葉が従える共演者は女優は武井咲、中山美穂(写真左)、仲間由紀恵、井川遥、男優は生瀬勝久、滝藤賢一、松重豊らである。とくに女優はいずれも主役を張れる存在。俳優としては実績が乏しい相葉にとってはちょっとビビってしまうほどの陣容だ。 そこで気になるのはギャラ。推定だが、主演の相葉は300万円~、女優では武井が100万円~、格上の中山が200万円~、仲間が180万円~、…

ヒロイン波瑠(左)の父親役を演じる升毅

「あさが来た」で頑固親父役 ヒロイン波瑠も食う升毅の存在感

キリリとした風貌から、ドラマでは官僚や弁護士、大企業の重役といった役を多く演じていますが、若いころは生瀬勝久らとのコントバラエティーで人気を集めました。『マスオさん』の愛称で役者たちに親しまれているとか。娘の升ノゾミも女優で、姪でモデルのますあやは、オリックスのT―岡田と結婚しています」(前出の記者) 清純なヒロインもいいが、アラ還の親父俳優が話題を集める朝ドラ、今…

Wヘッダー常連/(C)日刊ゲンダイ

香川に滝藤…ドラマ界に「掛け持ち規制」のブラックジョーク

たとえば2本掛け持ちしているのは「MOZU」「ルーズヴェルト・ゲーム」の香川照之(48)、「俺のダンディズム」「ロング・グッドバイ」の滝藤賢一(37)、「花咲舞が黙ってない」「MOZU」の生瀬勝久(53)、「ホワイト・ラボ」「軍師官兵衛」の谷原章介(41)、「BORDER」「ロング・グッドバイ」の古田新太(48)、「花咲舞が黙ってない」「ホワイト・ラボ」の大杉漣(…

None

話題の「キムラ緑子」「小市漫太郎」輩出 関西演劇の底力

バイプレーヤーとして引っ張りだこになるのも当然でしょう」(テレビ関係者) 生瀬勝久や升毅、渡辺いっけいも関西演劇の出身者。石を投げれば当たりそうだ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事