日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「大久保佳代子 芸人」に関する記事

昨年5月にグランジ佐藤と結婚

2016 新春「笑」芸人解体新書

格差婚も順調 歌ネタブームが後押しする椿鬼奴の“持ち味”

大久保佳代子、光浦靖子などアラフォー女性芸人は独身組が多い中で、鬼奴の結婚は同世代の女性たちにも夢を与えたのではないか。 鬼奴は実は育ちがいい。父親がバブル期に株式投資で一財産を築いたため、何不自由ない生活を送っていた。子供の頃は英会話やピアノなどの習い事もしていた。名門女子大を卒業後はペットフードの会社に就職。仕事が退屈すぎたため、習い事感覚でお笑いの養成所に入学…

情報番組はバラエティー色3割増し

華丸、ハライチ沢部…増殖する芸人コメンテーター辛口審査

上重聡の件もあるし、いっそ番組ごと流局にしちゃえば!? 新番組「白熱ライブビビット」(TBS系)はオアシズ大久保佳代子(43)、オリラジ中田敦彦(32)、千原ジュニア(41)、ヒロミ(50)。大久保は前番組「いっぷく!」からのスライドで、真矢ミキの引き立て要員でしかない。中田はインテリ芸人キャラだけでは不安らしく、育メンキャラで売ろうと必死。しゃべればしゃべるほど脳…

左手薬指にはティファニーの指輪がキラリ

女芸人の“勝ち組” キンタロー。なぜすんなり結婚できた?

事務所のプッシュのおかげ?

有吉抜き 年末年始“出ずっぱり芸人”におぎやはぎのナゼ?

さんま、ダウンタウン、ナイナイのほか、加藤浩次、後藤輝基、博多大吉など売れっ子を多く抱える吉本と違い、おぎやはぎが所属する人力舎で彼らに匹敵するタレントといえばオアシズの大久保佳代子ぐらい。当然、テレビ局への売り込みも吉本は分散してしまうが、人力舎は一点集中しやすかったのではないか」(芸能関係者) ひょっとしたら、来年のニホンモニターの調査ではトップになってたりして…

「現金しか信用できない」/(C)日刊ゲンダイ

年収2億円? 大久保佳代子に聞いた“懐事情”と“あの騒動”

15日、「オアシズ」大久保佳代子(43)が初エッセー「美女のたしなみ」(徳間書店)文庫化記念イベントを行った。40を越えて付き合った年下の男、OL時代の同僚、後輩の女芸人…周囲の人にイライラする大久保の日常がつづられたこの一冊。最近、イライラしたことを尋ねてみると――。 「5月12日に誕生日を迎えたんですけど、43(歳)になって急に<大人になろう>と思ったんです。人…

高学歴で多趣味

情報番組に起用 光浦靖子が秘めた“コメンテーターの素質”

ここ数年、あけすけに自分をさらけ出す相方の大久保佳代子に差をつけられていましたが、新ジャンル開拓で巻き返せそうですよ」(テレビ雑誌記者) 1971年、愛知県豊橋市生まれ。大学在学中に幼なじみの大久保佳代子とオアシズを結成。94年の「とぶくすりZ」(フジテレビ系)のレギュラーでブレーク。現在「めちゃ×2イケてるッ!」(同)などのレギュラーの他、雑誌連載などマルチな活躍…

子供の頃は自信過剰だったという光浦

今週グサッときた名言珍言

「十何年前の、あの頃の私に『いいことあるよ』って言ってあげたい」by 光浦靖子

最後の最後でようやくヤケ気味で誘われたが、その男子は自分がずっと「ブサイクだ」と、半ばバカにしていた大久保佳代子のイトコだった。その時、気付いたのだ。「私の容姿は思うほど良くない」と。 決定的だったのは大学に進学して、お笑いサークルに入った時だった。女子が入ることは珍しく、電話口では大歓迎だった男子部員たちが、実際に彼女を見ると、「バイトがある」などと言って帰って…

おっとりした笑顔で辛口発言

弱気の石橋を尻目に…毒舌冴える鈴木保奈美に“大黒柱”の貫禄

そのせいなのか、石橋は先月26日に放送された同番組で「オレは中途半端」「オレはだめだ」とオアシズ大久保佳代子(43)ら後輩芸人にぼやくなど、かなり弱気になっている。 仕事が減った夫にかわって、妻が“一家の大黒柱”になりつつある石橋家。そんな夫婦関係の変化も、鈴木の貫禄につながっているのかもしれない。 記者から石橋の名前が出ると「おかげさまで(主人には)尊重してもらっ…

チアリーディング出身/(C)日刊ゲンダイ

この人物のオモテとウラ

毒舌キャラで人気急上昇の中村アンは意外にも「体育会系」

バラエティーの女性毒舌キャラといえば、西川史子に大久保佳代子の独壇場─―そんな「激戦区」にいきなり飛び込んできたのがこの人だ。 先日は日テレの特番で元SDN48の芹那について「正直、旬は過ぎたかな」「仕事への熱意が伝わらない」などとやって話題になっている。本人も激戦区は自覚していて、昨年のバラエティーで「(芸能界の)空いた席を狙う」と発言し、ネットで炎上しかけたこと…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事