日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「高橋純平 中日」に関する記事

1位有力候補の高橋純平(左)と落合GM

落合GM続投で県岐阜商・高橋純平「中日入り消滅」の怪情報

ただ、中日のお膝元である岐阜には、高校ナンバーワン投手といわれる高橋純平(県岐阜商)がいる。果たして、落合GMが高橋に触手を伸ばすのか、見ものだよ」 高橋は地元の選手であることに加え、中日スカウトによる調査でも「現時点では大学・社会人を含めた全アマ選手と比較しても、1位の最有力候補」に挙げているといわれる。地元のスター候補生だけに、なんとしても指名したいところだろう…

今大会では145キロを超す速球を披露

高橋純平「U18W杯登板」と中日「即戦力指名」情報の“因果関係”

なのに県予選はほとんど投げずに敗退、わずか1カ月後に行われた今大会で登板したのが高橋純平だ。 地区予選で投げなかった理由は左太ももの肉離れ。患部を痛めたのはもちろん事実だし、今大会で登板しているのは状態が回復したからに他ならない。しかし、1カ月後に投げられるくらいのケガなら、なぜ高校生活の総決算ともいえる岐阜県大会で無理をしなかったのか。さるスカウトがこう言った。 …

修復不可能なのか…

中日の内紛白熱 「谷繁監督vs落合GM」は法廷闘争に発展も

今秋ドラフトでは即戦力投手を上位指名したい落合GMの意見ではなく、谷繁監督やスカウトが推す高橋純平(県岐阜商)を1位指名する方針を決め、落合GM主導で更迭がウワサされた佐伯二軍監督もクビどころか、一軍配転が濃厚。白井オーナーも同意しているという。谷繁監督も徹底抗戦の構えなのだ。 「どっちが主導権を握って生き残るか、どこかで手打ちをするのか……。契約書の問題もあり、谷…

不安を払拭できるか

スカウト注目 駒大・今永の「復活登板」落合GMに朗報のワケ

しかし、中日は、今永ら即戦力投手を1位指名でいきたい落合GMと、地元の逸材として高校生の高橋純平(県岐阜商)の1位方針を固めるスカウト陣とでまだ意見のすり合わせができていない。左肩にキズがある今永がこのままロクに投げられない状況が続けば、スカウト陣は高橋純平の1位をプッシュしやすかったわけですが、この日、今永が1イニングとはいえ、投げられる姿を見せたことで、1位指名…

ソフトバンク高橋は左足をかばう癖が

高橋純と小笠原で好対照…ドラ1位新人2人に早くも課題

「一軍で投げるには時間がかかるよ」 ソフトバンクのチーム関係者がこう言うのは、ドラフト1位の高橋純平(県岐阜商)に関してだ。 昨春のセンバツでベスト8入りし、高校ナンバーワン右腕と称された高橋だが、9日の新人合同自主トレ初日、200メートルダッシュの際に左すねに張りを訴えていきなりリタイア。昨年、左太もも裏の肉離れを起こした影響で、左足の筋力が弱っていることもあり、…

逸材には間違いないが…

プロ志望届提出の高橋純平に早くも飛び交う“一本釣り”情報

「巨人、阪神が熱心みたいですけど、フタをあけたらどうなるかわかりませんよ」 U-18日本代表に選出され、8日にプロ志望届を提出した今秋ドラフト1位候補の高橋純平(県岐阜商)について、パ球団のスカウトがこう言った。 夏の予選前に左太ももを肉離れし、わずか1試合の登板に終わった高橋。U-18W杯では、高橋を狙う球団のスカウトが連日、球場に足を運び、故障の具合がどうなのか…

小笠原の交渉権を引き当てた谷繁監督

谷繁監督と好対照…無言の落合GMはドラフトで“蚊帳の外”?

中日は谷繁監督が公言していたとおり、地元のスター候補である高橋純平を1位指名。クジは外れたものの、外れ1位でも将来性を重視して高校生の小笠原慎之介(東海大相模)を指名した。中日OBによると、「楽天に先を越されたが、2位も当初はスカウトの方針で吉持亮汰(大商大)を指名する方針だった」という。 谷繁監督は「かなりいいドラフトだった。GMからスカウト、みんなで立てた戦略…

楽天のオコエ(左)と中日の小笠原

小笠原がオコエが…高卒外れ1位の躍動に他球団ほぞをかむ

ともにドラフト1位候補といわれたが、同じ高校生のソフトバンクの高橋純平(県岐阜商)が4球団、ロッテの平沢大河(仙台育英)が2球団の競合となった一方、2人は外れ1位で指名された。 「小笠原は肘に遊離軟骨を抱え、オコエは打撃を不安視する声があった。育成に時間がかかるという判断に加え、大学、社会人の即戦力が欲しい球団も多かったことが外れ1位だった要因」と、在京球団のスカウ…

ハズレだと思い込み頭をかく金本監督

競合避け明大・高山に乗り換え 変わらぬ阪神の“ビビリ体質”

だが、フタを開けてみれば、阪神が指名したのは大方の予想に反し、高校生ナンバーワン投手の高橋純平ではなく、安打製造機の大学生野手、明大の高山俊だった。 阪神の1位指名がコールされると、会場からはどよめきが起きた。一本釣りが濃厚だったヤクルトとの競合になり、真中満監督がガッツポーズをしたものだから、交渉権はヤクルトかと思われた。ところが真中監督の早とちりとわかり、阪神が…

吉田(左)と小笠原の2枚看板

巨人に吉田・小笠原「W獲り構想」も…東海大相模に“鉄の掟”

甲子園前まで県岐阜商の最速152キロ、高橋純平(3年)の評価が上回っていたが、地方大会を経て小笠原が1位候補の最有力に急浮上したようだ。ただ、巨人には別の思惑もあったという。チーム関係者は「小笠原、吉田の151キロダブル取りです」とこう続ける。 「東海大相模は原監督の出身校でスカウトにも同校OBがいるなど、巨人とはつながりが深い。球団内には1位で小笠原、2位で吉田が…

人気、注目度は抜群の高橋純平

阪神が県岐阜商・高橋に食指 藤浪以来の高校生ドラ1指名か

「阪神が高校ナンバーワン投手といわれる高橋純平(県岐阜商)を密着マークしている。担当の熊野スカウトはそれこそ、練習から一挙手一投足をチェック。高橋は実力もさることながら、ルックスもいい。親会社、球団が嘱望する生え抜きスターになり得る選手であり、女性ファンの拡大ももくろんでいるようだ」 アマ球界関係者がこう言った。 高橋は今秋ドラフトで複数球団による1位指名が確実視さ…

今年の“1番人気”ともっぱらの県岐阜商・高橋純平

巨人ドラ1候補に「東北の大学生2投手」急浮上の舞台裏

ただ、今年の1番人気は県岐阜商の高橋純平。恐らく4球団以上が競合する。その次に明大・上原と駒大・今永の左腕で2、3球団ずつほど。仙台大の熊原と富士大の多和田は1位の一本釣りクラス。くじ引きを避けたい球団が狙う投手です」 ■昨年同様“一本釣り”狙いか? 先週のスカウト会議の際、巨人の山下スカウト部長は「昨年と比べて今年はAランクが少ない。指名が重複するのではないか」と…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事