日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「野村敏京 スイング」に関する記事

オフの父親チェックが効果てきめん

横峯さくら 父の協力で飛距離取り戻し2アンダー好発進

野村敏京(24)とともに首位と3打差8位タイ(暫定)につけた。 今大会は4年連続8度目で予選落ちは1度しかないが、トップ10が一度もない。 ツアー記者が「オフに父親の良郎さんに頭を下げて指導を受け、昔の飛距離を取り戻したのが大きい」とこう続ける。 「当初は2年間の米ツアー参戦計画だったようですが、1勝もできず、勝つまで日本には戻らないと決めたようです。この2年間で…

今季絶好調の野村

元賞金女王が解説 2016年期待の女子プロ

野村敏京 目標の米ツアーに移って技術精神とも大きく成長

米ツアー2勝目で今夏のリオ五輪、日本代表1番手に名乗りを上げた野村敏京はスイングが変わりましたね。 飛距離は以前から出る方でしたが、日本でプレーしていた時はスイングがまだ粗削りでした。手だけでクラブを上げてテークバックが大きく、スイングも目いっぱい振り回す力感が凄かった。 それが最近ではトップ位置がコンパクトになり、ボールをコントロールできるようになっていた。それが…

イラスト・上間久里

世界最先端スイング2016

ダウンで手首のコックをキープするとヘッドスピードが効率よく上がる

日本の野村敏京は最終日にスコアを大きく伸ばしたが銅メダルには1打及ばず4位タイ。ゴルフ日本勢初の入賞を果たした。 テレビでご覧になった人も多いと思うが、朴のスイングは迫力とは無縁だ。コンパクトなトップから、ドライバーを手にした時もウエッジでショットをした時のように、ゆったりとしたリズム。 力感がなく、あたかも素振りをしているかのような感じでボールを打っている。それ…

大会期間中に強風予報が出ている五輪ゴルフ会場

プロツアー激辛情報

リオ五輪代表は戸田藤一郎の「空にもOB」を肝に銘じて

日本からは男子は池田勇太と片山晋呉、女子は大山志保と野村敏京が出場する。 開催コースはリオ五輪のために新設されたレセルバ・マラペンディゴルフクラブ。設計はスコットランドのキャッスル・スチュアート・ゴルフリンクスのデザインが高く評価され、2009年度年間最高設計者に選ばれているギル・ハンス(米国)だ。 男子は総距離7128ヤード、女子は6245ヤードで、ともにパー71…

松山英樹

プロ求道

海外からの明るいニュースを追い風にしなければいけない

そして先週はISPS豪州女子オープンで野村敏京が初優勝です。 野村はこれまで何度もVチャンスを逃してきましたが、それを見事に修正してきました。ドライバーがよくなり、振れば飛んで曲がらない。それが自信になって、初優勝へのプレッシャーをはねのけたといえます。一番の収穫は世界ランク1位のリディア・コに競り勝ったことでしょう。価値のある勝利です。 毎週のように日本選手が海外…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事