日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「武藤貴也 事務所」に関する記事

自民党の石崎徹衆議院議員

第二の“ゲス議員”か 自民・石崎議員にセクハラ&二股疑惑

「石崎議員も宮崎前議員も、(ホモ買春疑惑で)自民党を離党した武藤貴也議員も、みな“同じ体質”なのでしょう。高学歴でエリートだけど、国民を代表しているという責任感やモラルが欠如している。こうした議員をいつまでも放置している自民党も問題です」 女性票は自民党から確実に離れていく。…

「武」の字に注目

暴言連発の武藤議員 ブログの自筆署名に“漢字の誤り”の仰天

国会議員とは思えないトンデモ発言で火ダルマ炎上した安倍チルドレンの武藤貴也衆院議員(36)。 その後、日刊ゲンダイの取材で「遅刻の常習犯」「遅刻しても詫びない」「朝、起きられない」など“社会人失格”としか思えない過去も明らかになったが、またぞろ耳を疑いたくなるようなウワサが飛び交っている。「自分の名前を漢字で書けないんじゃないか?」と一部で話題になっているのだ。 物…

国会にも姿を現さず雲隠れ

不倫ストーカー疑惑で自民離党 中川俊直議員に飛び交う噂

その間に中川の事務所から離党届が提出されたと聞いています」(清和会関係者) “ゲス不倫”で議員辞職した宮崎謙介前衆院議員も、未成年男性買春疑惑で離党した武藤貴也衆院議員も、一応は会見を開いたのに、この期に及んで逃げ回るとは情けない。こんな下劣な人間がよく国会議員になれたものだが、そこには“お家の事情”があったのだという。 中川氏の選挙区の広島4区は官房長官も務めた父…

会見で頭を下げる宮崎議員

巻頭特集

ゲス議員の不倫より遥かに悪質 安倍政権の犯罪的情報隠し

自民党幹部は、宮崎議員が早期辞職したことで世論の批判は収まるだろう、と一安心しています」(自民党事情通) それにしても、ゲイの愛人を議員宿舎に連れ込んでいた武藤貴也議員といい、自民党にマトモな議員はいないのか。自民党議員は、全員ビョーキなのか。 ■これでは“口利き”はやりたい放題 しかし、呆れ返る話ではあるが、ゲス議員の不倫辞職は、しょせん、ゴミみたいな話だ。バカな…

話題はトラブルばかり

平日早朝に追突事故 “買春疑惑”武藤議員は今何をしている

未公開株をめぐる金銭トラブルで昨年8月に自民党を離党した武藤貴也衆院議員(36=滋賀4区)が、都内で追突事故を起こしていたことが、20日までに分かった。 あらましはこうだ。 今月18日午前5時半ごろ、港区南麻布2丁目の明治通りで、タクシーが左から車線変更。衝突を避けようとした70代の夫婦の乗用車が急停止し、その後ろを走っていた武藤議員のワゴン車が追突した。夫婦は首を…

甘利

巻頭特集

この国は法治国家か “眠る巨悪”甘利元大臣を放置する異常

ゲス不倫で辞職した宮崎謙介前衆院議員や、ホモ買春疑惑の武藤貴也衆院議員をはじめ、政務活動費をちょろまかした前兵庫県議の野々村竜太郎被告などのスキャンダルは大々的に報じるのに、甘利についてはなぜかダンマリだ。元共同通信記者の浅野健一氏はこう言う。 「甘利前大臣は公人なのだから、メディアは『睡眠障害』の診断書は本当に正しいのか、どんな治療をしているのか、療養先はどこなの…

佐藤ゆかり氏

“身内”の自民支部から告発される 佐藤ゆかり議員の嫌われ方

宮崎謙介氏、武藤貴也氏……。自民党はお騒がせ議員ばかりだ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事