日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

石井正則特集

廊下でいきなり話しかけられ…/(C)日刊ゲンダイ

今あるのはあの人のおかげ

「古畑」なければ引退してた…「アリキリ」石井正則の“転機”

お笑いコンビ「アリtoキリギリス」のメンバーで、今は俳優としてお馴染みの石井正則さん(40)。恩人は人気ドラマ「古畑任三郎」(フジテレビ系)シリーズに抜擢してくれた脚本家の三谷幸喜さん(52)だった。 出会いは「タモリのsuperボキャブラ天国」(フジテレビ系)にコンビで出ていた98年ごろでした。ネプチューンさん、爆笑問題さん、U―turnさんら、一緒に出てた芸人の…

「ととのいました」の大流行は5年前

Wコロン、アップルパイン…業界で話題「次に解散するコンビ」

コンビの片方だけが売れて、相方はサッパリというと、真っ先に浮かぶのは今や俳優の座を確立している塚地武雅のドランクドラゴンか、これまた声優・俳優として活躍中の石井正則のアリtoキリギリスあたりか? 「片方だけにしろ、あれだけ売れれば、あえて解散することもないでしょう。オセロのように喧嘩別れするならともかく、売れてない方の相方をいきなり放り出すわけにもいきませんからね…

3人兄弟の長男/(C)日刊ゲンダイ

金より飯…下積みよりビンボーだったアリキリ石井の幼少期

お笑いコンビ「アリtoキリギリス」のメンバーで俳優としてお馴染みの石井正則(41)。幼少の頃の貧乏生活が仕事の糧になっていた。 ほとんどの芸人は下積み時代が貧しいんでしょうけど、僕が一番貧乏だったのは幼少の頃です。母子家庭で僕は3人兄弟の長男。4人で2Kの団地に暮らしてました。僕は同じクラスの子の誕生会に呼ばれることがなかった。お誕生会を開けるような一軒家の子には友…

None

?に答えます

花粉症にならない人はいるのか

いま花粉症じゃない人も、いつか花粉症になるのでしょうか? JCHO(ジェイコー)東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科の石井正則先生が教えてくれました。 「どれほど花粉を浴びても、花粉症にならない人は一定の割合で存在します。しかし、それを判別する方法は今のところありません」 いまや日本人の4人に1人が花粉症といわれていますが、残り3人のうち、花粉症にならないのは「アレ…

止まらない鼻血は生活習慣病のサインかも

?に答えます

詰め物はNG「止まらない鼻血」の対処法 重大病の危険も

JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科の石井正則先生に聞きました。 「鼻血の主な要因は、鼻のかみ過ぎやいじり過ぎで『キーゼルバッハ』に傷がつくこと。そこに外的・内的な刺激が加わって傷が開き、出血するパターンが8割以上を占めます」 キーゼルバッハとは、鼻の穴の入り口から約1センチの内壁の部分。毛細血管が網の目状に張り巡らされており、ちょっとした刺激でも傷がつきま…

写真はイメージ

?に答えます

耳掃除はどれくらいの頻度ですべきか

毎日の耳掃除が習慣となっている人もいるでしょうが、はたして正しい行為なのでしょうか? JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科の石井正則先生に聞きました。 「耳掃除を頻繁にするのは、日本人の悪しき習慣です。そもそも耳アカは自然と体外に排出されるものなので、一生懸命掃除をする必要などありません」 耳の内壁の表面は、鼓膜から耳の外に向かって大陸プレートのように常に移…

いつも片方の鼻だけ詰まっていたら要注意

?に答えます

なぜ鼻が片方だけ詰まるのか

その原因を、JCHO(ジェイコー)東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科の石井正則先生に聞きました。 「左右の鼻が片方ずつ交互に詰まるという症状を『ネーザルサイクル』といいます」 ネーザルサイクルは、片方の鼻が数時間かけてゆっくり詰まっていき、次の数時間でもう一方の鼻がゆっくり詰まっていくというもの。周期は3~8時間ほどと個人差があります。自律神経の働きによるといわれ…

写真はイメージ

?に答えます

そもそもの疑問 感染症はなぜ「冬」に流行するのか?

いったいなぜ? その意外な理由を、JCHO(ジェイコー)東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科の石井正則先生が教えてくれました。 「冬は空気が乾燥しているからです。乾燥した空気を吸い込むと、鼻の奥の『ベルトコンベヤー』機能が低下してしまうのです」 鼻の奥にウイルスや細菌が侵入すると、ベルトコンベヤーのように繊毛が動いて、粘液とともに奥へ奥へと送り込まれます。そうして胃…

写真はイメージ

?に答えます

なぜ朝にくしゃみが連発するのか

花粉症でもないのに……」 45歳男性の悩みに、JCHO(ジェイコー)東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科の石井正則先生が答えてくれました。 「それは『モーニングアタック』ですね。この季節は花粉症でなくても、朝、花粉症のような症状が出ることがあるのです」 モーニングアタックとは、花粉症の人などが朝起きた途端、くしゃみや鼻水といったアレルギー症状に激しく見舞われること。…

None

?に答えます

医学的な根拠がある「地獄耳」

なぜ?」 50歳女性の疑問に答えるのは、JCHO(ジェイコー)東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科の石井正則先生。 「高齢者によく見られる『地獄耳』ですね。実際、加齢性難聴では普通の会話より『ひそひそ話』のほうが聞こえやすい傾向があるのです」 加齢性難聴は、老化により耳の中の蝸牛から有毛細胞が抜け落ち、「聞こえ」が悪くなるもの。有毛細胞は蝸牛の入り口付近から抜け落ち…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事