日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「田中正義 フォーム」に関する記事

四回KOに顔をしかめる田中(左)ライバルに投げ勝った佐々木はこの表情

“ドラ1対決”にも敗れ…創価大・田中に注がれる厳しい目

1位と外れ1位で差はあれど、先日のドラフトでともに5球団が競合した創価大・田中正義(ソフトバンク)と桜美林大・佐々木千隼(ロッテ)が対戦。軍配は佐々木に上がった。 田中は初回、内野安打と自らの野選、死球でピンチをつくると、暴投、右中間への2点適時打でいきなり3失点。四回にはソロを浴び、4回4失点でマウンドを降りた。 試合後、田中はうっすら涙を浮かべながら、「力のなさ…

175センチ、90キロという頑丈な体が特徴

広島スカウト熱視線 慶大右腕・加藤拓也“株急上昇”の理由

今年のドラフトは創価大の田中正義(4年)を筆頭に大卒投手が豊作といわれている。加藤も今後の投球次第で、ドラフトの目玉候補になるかもしれない。…

ソフトバンクの高橋純平

SB工藤監督の進退を左右 15年ドラ1高橋純平の2年目の飛躍

昨年のドラフト1位で入団した田中正義(創価大)にもライバル心を燃やしている高橋の飛躍を期待するチーム関係者は少なくない。 ホークスOBによれば、「指先の感覚が抜群にいい高橋のストレートはすでに、一軍で通用するレベル。入団時に比べて体力もついてきた。変化球の精度を上げることができれば、今季2ケタ勝利を挙げても不思議ではない」という。 ソフトバンクは昨季、開幕直後から独…

16日には創価大の2季ぶり43度目のVに貢献

16年ドラフト注目選手を生採点

創価大・田中正義のストレートには“凶暴な勢い”があった

ブルペンのマウンドに立った創価大・田中正義のユニホーム姿が大きい。 久しぶりに、向き合った姿が「怖い……」と感じる投手が今日は相手だ。 最後の秋のリーグ戦優勝を懸けた〈決戦〉まであと2日。そんなギリギリの状況の中で、田中正義が投げてくれた。 当然、全力投球だ。もちろん速い。とんでもなく速い。 駅のホームに立って、トップスピードで走り去っていく通過電車を、左手のミット…

金本監督

阪神ドラフト戦略 今年も頼みは金本監督の“直感力”

1位指名は、最速156キロ右腕の田中正義(創価大)ではなく、スリークオーター右腕の佐々木千隼(桜美林大)が濃厚。仮に複数指名で当たりくじを逃しても、外れ1位も投手を取る。 2位は長打力のある内野手。左打ちでも右打ちでもいいが、甲子園名物の浜風の影響が少ない右打者が理想だ。「でも、どうなるかな。金本監督のドラフトは読めない」と、某OBがこう語る。 「昨年の1位も当初…

「いきなり10勝」の声もある履正社の寺島(左)と、捕手として評価が高い秀岳館の九鬼

2016高校野球 ここだけのマル得情報

プロスカウトが厳しく評価 夏の甲子園で株上げたのは誰だ

大学、社会人を含めて一番と思ってきたが、それを確信することができました」 「変化球を投げる時に腕の振りが緩む」という技術面や、「味方がミスをしたときにイライラが表情に出る」という性格面を危惧する声はあるものの、秋のドラフトでは田中正義(創価大)に続く目玉になりそう。「田中の右肩の状態次第では3~4球団が1位指名する可能性がある」とはパ球団の幹部だ。 今夏、一気に評価…

話題性はピカイチ

日米大学野球メンバー東大・宮台 4人の先発要員入りの怪

特に今年は大学生ナンバーワン投手の田中正義(創価大)が肩痛で投げられない。目玉不在だけに、なおさら宮台は選びたかったのでしょう。指揮を執る首脳陣にしても、大会が盛り上がるのに越したことはありませんから」と言うアマチュア野球担当記者によれば、「ドラフトの目玉のひとりである黒木(立正大)が選ばれなかったのは東都リーグの首脳陣がいなかったから」だそうだ。…

7者連続含む8奪三振の圧巻投球

プロに7者連続K 来年ドラフト“超目玉”創価大・田中の評価

三回から登板した創価大3年の田中正義が、圧巻の投球を見せたのだ。 4回を投げて7者連続を含む8奪三振の快投。プロの二軍を力でねじ伏せ、一本の安打も許さなかった。MAXは153キロ。一軍経験のある西武山川、ロッテ大嶺翔、ヤクルト谷内らが手も足も出なかった。 田中は1年夏からエースナンバーを背負った創価高時代に右肩を痛め、外野手に転向。創価大進学後に投手に再転向し、リー…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事