日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「火野正平 関係」に関する記事

2011年に番組がスタートした当時の会見

女の話題ばかりだった火野正平 いまや“しみじみ系”で再評価

「にっぽん縦断 こころ旅」(NHK―BSプレミアム)で日本中を自転車で旅している火野正平(66)についてだ。 番組自体は2011年からスタートしているが、当初は放送が不定期だったり、放送時間が深夜だったりで、続けて見ていた人は少なかったと思うが、昨年あたりから朝が月~金で7時45分から、夜は火~金で19時からと定着したこともあって、目にする機会が多くなっているはずだ…

加茂田重政元組長の自伝「烈侠」

元大物組長が自伝で明かした ヤクザと芸能界の“蜜月時代”

「烈侠」の中で加茂田氏は「芸能人とはよう付き合うたよ」と話し、「松平健、火野正平もすごい仲良かった。まだデビュー前の赤井英和が家に来てたり。よく小遣い渡したとか、そんなんもあるし。細川たかしも関係があったな」とも。同書には加茂田氏が主催していた地元の夏祭り「地蔵盆」に訪れた有名芸能人の写真だけでなく、前記の松平や細川たかしとのツーショットも掲載。加茂田氏の手元には…

内縁の妻と35年間、未入籍のまま暮らしている

自伝バカ売れ 火野正平が体現する“モテるオジサン”の極意

現在66歳の火野正平が“第2の青春”を迎えている。先月末に発売した著書「若くなるには、時間がかかる」(講談社刊)が好評で「共感殺到、たちまち重版」なのだとか。 きっかけになっているのは、言うまでもなくNHK-BSプレミアムで放送されていた「にっぽん縦断 こころ旅」。視聴者から寄せられた手紙をもとに、思い出の地を自転車で訪ねるだけの番組だが、これがなぜか受けている。魅…

火野正平

火野正平は“自然体”で 人選の善し悪しで決まる「散歩番組」

そんななか、徒歩ではなく自転車で全国を回り異彩を放っているのが俳優の火野正平。視聴者から寄せられた思い出の地を火野が自転車で訪ねる「にっぽん縦断こころ旅」(NHKBSプレミアム)も好評だ。 芸能界一の「プレーボーイ」といわれた男と健康的なサイクリング旅が結び付きにくい。芸能界に「プレーボーイ」と呼ばれた男は何人もいるが、火野を超える人はいないと思う。当時の火野は本…

片手じゃおさまらない/(C)日刊ゲンダイ

「女斬り以蔵」の異名も…広末と“不倫疑惑”佐藤健のモテっぷり

「芸能界のモテ男といえば、DA PUMPのISSAがひところ、“平成の火野正平”と呼ばれるほどの暴れん坊でしたが、今や年少の佐藤にお株を奪われましたね」(芸能リポーター) 佐藤健(24)の驚異のモテぶりに注目が集まっている。今週、女性セブンに広末涼子(33)との不倫密会をスクープされて大騒ぎになっているが、これまでの女性遍歴を聞けば、もはや嫉妬を通り越して「アッパレ…

ベストセラー早読み

「やくざと芸能と」なべおさみ著

銀座を闊歩するヤクザの親分から、白洲次郎、石津謙介、水原弘、加賀まりこ、大原麗子、火野正平、さらには金丸信や鈴木宗男、安倍晋太郎などの政治家や美智子妃や天皇陛下までもが登場する。 社会の枠をはずれ、やくざな生き方をしてきた芸能の世界が、百姓一揆や反乱を防ぐ「ガス抜き」の政策としての役割もあったとも指摘。やくざの語源から、古代ヘブライ語と日本語の共通性、日本のカースト…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事