日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「福原愛 写真」に関する記事

このまま結婚に一直線

リオでもラブラブ 福原愛と台湾人の恋人に“格差婚”の障害

卓球女子日本代表の福原愛(27)。やはり卓球選手で、台湾代表の「ジャン君」こと江宏傑(27)との交際でも注目を集め、五輪真っただ中のリオでは競技場の外で“恋の熱戦”を繰り広げている。 開会式で福原は入場行進で笑顔を振りまいた後、噂の恋人とツーショットの記念写真を撮り、練習場では隣り合わせのコートで汗を流す。その視線が恋人に向かう瞬間を狙ってカメラの放列ができていた…

前日練習では笑顔の福原愛

卓球・福原愛 リオ五輪「第4シード」確保へ試練の荻村杯

前日練習の会場(東京体育館)に姿を見せた福原愛(27)が、約2時間半の調整後に見せたのが写真のこの表情。満面の笑みからは、台湾の卓球選手との恋愛がうまくいっていることが想像できるが、笑ってばかりもいられない。 現在の世界ランキングは、石川佳純(23)が4位で五輪シングルスでは第2シード、同7位の福原愛は第5シードの位置にいる。石川は第2シードを確定させれば同2位で第…

畠山愛理(左)と吉田沙保里

吉田沙保里、福原愛…4年後は“リオ世代タレント”大混戦

たとえば福原愛(27)。幼少期からテレビに出演するベテランでタレントとしてのキャリアは十分。4年後については言葉を濁しており、今後はコーチを務めながらタレント活動する可能性もある。 ほかにも、ロンドン五輪で金メダル獲得後、天然発言が注目された柔道57キロ級の松本薫(28=リオは銅)や父子で活躍してきたウエートリフティング48キロ級の銅メダリスト、三宅宏美(30)な…

2週間で改善/(C)日刊ゲンダイ

青学箱根制覇サポート 中野氏直伝「肩こり腰痛ストレッチ」

卓球の福原愛選手など多くのトップアスリートの個人トレーナーも務める。 「今回の優勝は、選手の才能、原監督が10年かけてつくった優勝への道筋という2つの要素が重なったことに他なりませんが、私も力のひとつになったのなら光栄です。青学大の選手が強くなった理由は体幹が安定したことですね。加えて肩甲骨、股関節がうまく動くようになった。頭とお腹回りはブレず、肩甲骨と股関節だけが…

錦織圭はすでに米国に戻り練習を再開している/(C)日刊ゲンダイ

錦織圭が撮られた! 女子大生と焼肉デート後ホテルに4時間

過去には卓球の福原愛(26)や女子プロゴルファーの宮里美香(25)との熱愛が報じられてきた錦織だが、今回のデートは束の間のオフの遊びなのか、はたまた新恋人なのか? プロテニス界では恋人やガールフレンドを試合会場に呼び、コーチや家族らと観戦させるのは当たり前。時にはテレビにアップで映し出され、〈ガールフレンド〉や〈婚約者〉といったテロップ入りで紹介される。来シーズン…

左上から時計回りに、潮田玲子、岩崎恭子、高橋尚子、山口香

潮田玲子、岩崎恭子…リオを飾った美人解説者たちの競艶

今後は陣内さんのような生き方が美人解説者たちの“お手本”になるんじゃないでしょうか」(前出の中森氏) いつになるか分からないが卓球の福原愛(27)が引退したとすると、当然「美人解説者」の仲間入りだ。…

気になる新刊

「なぜいくら腹筋しても腹が凹まないのか」中野ジェームス修一著

卓球の福原愛選手のパーソナルトレーナーも務める著者は、いくら腹筋運動をしても腹はへこまないと断言する。 たとえば、脚を動かすときは脚の筋肉にエネルギーが送られるが、これは全身から少しずつ脂肪が溶け出し、酸素と結びついた脂肪酸が脚の筋肉に集結することで発生する。つまり、動かす部位の脂肪が優先的に消費されるわけではなく、腹筋をしても腹だけがへこむことはないのだ。 ただし…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事