日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

松坂桃李特集

イケメンと美女がずらずらーっと

松坂桃李に菅田将暉…若手イケメン俳優結集にファン歓声

俳優の松坂桃李(28)と菅田将暉(23)のダブル主演に加え、横浜流星(20)、成田凌(23)、杉野遥亮(21)といったブレーク寸前の若手俳優が名を連ね、ヒロインは女優の忽那汐里(23)。観客からは大歓声が湧き起こったのはいうまでもない。 オジサン世代には縁遠そうな作品だが、4人組ボーカルグループ「GReeeeN」の代表曲「キセキ」誕生の軌跡を描いた一本。忘年会シー…

松坂が30歳になるまで待つ?

松坂桃李との結婚お預け…綾瀬はるかに“三十路”の正念場

綾瀬は2014年公開の映画「万能鑑定士Q」で共演した俳優、松坂桃李(27)と交際中で、自宅に通い合う親密ぶりからゴールイン間近とみられていたが、ここへきて一部女性誌に「破局」を報じられた。 もともと結婚願望が強い上、今月24日に31回目の誕生日が迫り、焦る綾瀬に対して、まだ20代で仕事に燃える松坂が「もう少し自由でいたい」などと、首を縦に振らなかった、というのが、そ…

プライム帯での連ドラ初主演に挑む松坂桃李

ドラマ「サイレーン」主演 松坂桃李が静かに語った“役者魂”

20代実力派イケメン俳優の代表格――松坂桃李(27)が、プライム帯での連ドラ初主演作品「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」(フジテレビ系火曜21時~、初回〈20日〉のみ2時間SP。制作は関西テレビ)に挑む。男女の恋愛に加え、本格的なアクションを織り交ぜた異色の刑事サスペンスドラマだ。 「アクションも派手にやり、体を張って役に臨みたいです」――。丁寧に言葉を紡ぎながら…

綾瀬の父親は交際を認める発言

父親がポロリ 綾瀬はるか&松坂桃李「電撃婚」の可能性は…

今年の元日に一部スポーツ紙が交際をスッパ抜いた綾瀬はるか(30)と松坂桃李(26)。その後、双方はそろって「友人の一人」と関係を否定したが、GW中に発売された「女性セブン」が2人が交際中であることを報じた。 同誌によると、松坂は綾瀬の自宅マンションをよく訪れており、両家の食事会が行われたという情報も浮上。記者が広島の実家で綾瀬の父親を直撃したところ、食事会については…

桃井がベタボメ/(C)日刊ゲンダイ

松坂桃李は「お友達」? 綾瀬はるか“電撃婚”のキーマンは…

そんな綾瀬は昨年末に一部で松坂桃李(26)との熱愛が報じられて以降、初の公の場。退場の際、取材陣から「交際しているんですか?」と質問されると「お友達です」と笑顔。「お友達なんですか?」という確認の問いにも自ら進んで立ち止まって「お友達です」と断言。すると桃井が「友達ということなんで」とフォローし、綾瀬をエスコートしていた。 「今後、松坂がお友達から恋人になり、その…

(左から)石橋蓮司、江口洋介、役所広司、松坂桃李、真木よう子

主演は役所広司 東映「孤狼の血」で“仁義なき戦い”が甦る

江口洋介(49)、真木よう子(34)、石橋蓮司(75)らが名を連ね、役所演じる型破りの刑事とバディを組むのは、松坂桃李(28)。大和ハウス工業のテレビCMでもお馴染みのコンビだけに息もぴったりだろう。 役所とともに、平成の日本映画界で両雄と称される渡辺謙(57)が例の不倫報道でケチョンケチョンの中、役所の存在感がますます高まっている。…

今年もフル回転

主演作ラッシュの菅田将暉が背負う“打倒キムタク”の重責

もともと、映画を中心に俳優業をこなしメキメキ頭角を現してきたが、今年1月に公開された同じ事務所の松坂桃李とダブル主演した「キセキ―あの日のソビト―」がスマッシュヒット。さらには劇中歌を歌いCDデビューを果たしていた。 今後は主演作が公開ラッシュ。4月には「帝一の國」、11月には又吉直樹の芥川賞受賞作を映画化した「火花」、さらには「あゝ、荒野」も公開。8月には声優初…

菅田将暉

超売れっ子 菅田将暉が頭抱える“パワフルおしゃべり実父”

昨年末に電撃引退した成宮寛貴と同じ事務所所属で、松坂桃李と並び、“ポスト成宮”の一番手として名前が挙がる若手実力派だ。今年も、又吉直樹の小説「火花」の映画化で主演に決まるなど、快進撃は止まりそうにない。 そんな男が頭を抱えていることがあるらしい。自身の父、菅生新氏(57)のことだ。発売中の週刊新潮が直撃しているのだが、〈いやあ、“お父さん出たらアカンよ!”て事務所か…

松坂桃李と菅田将暉がダブル主演

東映「キセキ」 “1.28封切り戦争”興収圧勝の原動力は

東映は人気ボーカルグループ「GReeeeN」の代表曲の誕生秘話を、松坂桃李と菅田将暉のダブル主演で描いた青春ドラマ「キセキ―あの日のソビト―」。各社とも作品をそれぞれ同日公開にぶつけた。 その結果、1月28日と29日の全国週末興行成績(興行通信社発表)は「キセキ」が2位、4位が「恋妻家」、5位が「破門」。動員と興行成績は東映の「キセキ」がほかの2作にダブルスコア以上…

松坂桃李と菅田将暉がダブル主演

東映「キセキ」 “1.28封切り戦争”興収圧勝の原動力は

東映は人気ボーカルグループ「GReeeeN」の代表曲の誕生秘話を、松坂桃李と菅田将暉のダブル主演で描いた青春ドラマ「キセキ―あの日のソビト―」。各社とも作品をそれぞれ同日公開にぶつけた。 その結果、1月28日と29日の全国週末興行成績(興行通信社発表)は「キセキ」が2位、4位が「恋妻家」、5位が「破門」。動員と興行成績は東映の「キセキ」がほかの2作にダブルスコア以上…

「キセキ―あの日のソビト―」

大高宏雄の「日本映画界」最前線

5本目の興収10億円超え 東映実写が「キセキ」の快進撃

映画がいいのは、主役の兄弟を演じる松坂桃李と菅田将暉がさまざまなトラブルを抱えつつも、決して歌を諦めない強い姿勢の持ち主だからだ。しかも、弟(菅田)のほうは職業を別に持ち、歌の世界と両立する生き方を選択した。CMではないが、“どっちも”なのだ。実際のグループもそのようであり、二者択一の生き方ではない。これがなかなか新しい。 東映に戻れば、今年は「相棒」の新作も来週に…

バラエティー番組でも全力投球

酉年生まれ “年男年女”の吉凶

成宮寛貴の引退で加速…菅田将暉に“露出激増”の落とし穴

この勢いのまま、今年もNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で井伊直政役をはじめ、この28日公開予定の「キセキ―あの日のソビト―」で松坂桃李とダブル主演、4月公開予定の「帝一の國」で初の単独主演など、すでに4本の映画が公開予定という超売れっ子だ。 「“カメレオン俳優”と異名を取るほど、次から次にいろんな役柄を演じ分けるのが菅田の魅力。チャラい若者から、バイオレンス、ラ…

フォトセッション直前の雨模様に慌てる出演者たち

中村勘九郎主演「真田十勇士」 休憩中は下ネタで意気投合

堤監督、中村をはじめ、松坂桃李、大島優子、永山絢斗、加藤雅也ら豪華メンバー13人が登壇した。 本作は天下の名将と名高い真田幸村(加藤)が、実は腰抜けの武将であったという大胆な発想による時代劇エンターテインメント。中村は過酷な撮影を振り返りつつ、「男ばかりの現場だったので(休憩時間は)下ネタばかりでした」と明かし、笑いを誘っていた。 映画は9月22日から公開。…

柳楽優弥の熱演も話題

TV見るべきものは!!

クドカンが「ゆとりですがなにか」に込めた“応援のヤジ”

食品会社勤務の正和(岡田将生)、小学校教師の山路(松坂桃李)、客引きのまりぶ(柳楽優弥)、そして正和と同期で恋人の茜(安藤サクラ)。いずれも29歳の「ゆとり第1世代」だ。 宮藤官九郎は、仕事や恋愛や自分自身との“折り合い”で悪戦苦闘する彼らの姿を、笑える応援のヤジを飛ばしながら描いていく。劇中の山路が言うように、この世代には「他人の足を引っ張らない」「周囲に惑わされ…

吉岡里帆オフィシャルブログ

ゼクシィCMで注目 吉岡里帆が“朝ドラ主役”に上り詰める日

吉岡はNHK朝ドラ「あさが来た」で、あさの娘の親友役で注目を集め、現在は放送中のドラマ「ゆとりですがなにか」(日本テレビ系)で松坂桃李演じる小学校教師を振り回す教育実習生を熱演中。今年2月に「NHK上方漫才コンテスト」のMCを務めるなど、すでに女優の域を越えた仕事もこなしている。 「吉岡はアイドルやタレントに憧れて芸能界入りするイマドキの女優とは一線を画す“キャリ…

左から小栗旬、綾野剛、松坂桃李、藤原竜也

蜷川幸雄さん告別式 拍手に包まれ“最後のカーテンコール”

出棺では弔辞を読んだ藤原竜也(34)、小栗旬(33)、松坂桃李(27)、綾野剛(34)ら愛弟子たちが一列に並び、柩を乗せた霊柩車に一礼。 最後は舞台のカーテンコールのような盛大な拍手で見送った。…

au三太郎シリーズの“鬼ちゃん”でおなじみ

二階堂ふみと交際報道 菅田将暉「先輩ごぼう抜き」の凄み

「所属事務所の先輩である成宮寛貴や松坂桃李に追いつき追い越せと、地力がつく映画の現場を中心に経験を積ませてきたが、デビューから7年。今の勢いは先輩たち以上です。事務所はおろか、将来の映画界を背負って立つ俳優のひとりといえるでしょう」(芸能プロ関係者) テレビでも大人気。 「1年ほど前にインタビューしたが、絶対的なオーラを放っていた」(テレビ誌ライター)と取材側に印…

写真はイメージ

本音チラリ 男女オフィス心理学

「結婚した~い」と社内でボヤく女、威張り散らす男

勤務中にも時折、「昨日の合コンは収穫ゼロ」とか「理想は松坂桃李クン」な~んてほざいているけど、自分の話をする時は楽しそう。そんな暇があったら、サッサと仕事を片付けて帰った方がいいと思うけど――。(出版・49歳) 【A】心理学に自己防衛バイアスという用語があります。たとえば、何かのテストで失敗した学生が「前の日に飲み会に誘われちゃって勉強できなくてさ~」などと言い訳を…

「サイレーン」は代表作になる

整形疑惑もNGなし 菜々緒「サイレーン」で極まった悪女ぶり

警視庁機動捜査隊(通称キソウ)の2人(松坂桃李と木村文乃)は仕事の相棒であり、恋人同士だが、職場で関係がバレたら即異動になるため、秘密にしている……などという設定を聞いただけで、どうせまた「医師たちの恋愛事情」の焼き直しみたいな、刑事だって恋愛します的な話だろうとタカをくくっていたが、とんでもない。初回2時間があっという間に過ぎたほど。 主演の2人には悪いが、この…

あの「イケズ」復活なるか

10月ドラマで話題 キムラ緑子が関係者の注目を集めるワケ

視聴率低迷で打ち切り説も囁かれる「HEAT」(フジテレビ系、火曜22時~)の後釜となるのが松坂桃李と木村文乃の「サイレーン」、反町隆史が新相棒に決まった「相棒14」(テレビ朝日系、水曜21時~)、沢口靖子が主役を務める「科捜研の女」(テレビ朝日系、木曜20時~)が現行連ドラで最長寿になることなどが話題だが、関係者の間では別な意味で注目されている人がいる。ズバリ、キム…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事