日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「小松菜奈 演技」に関する記事

ロッテ「乳酸菌ショコラ」CMでは吉田羊と共演

ブレーク夜明け前 あのCM美女の正体

映画やドラマで大忙し 小松菜奈の演技にハリウッドも注目

ロッテ「乳酸菌ショコラ」のCMで女優の吉田羊と共演している個性派美人がモデルの小松菜奈(20)。最近は女優としても注目を集め、映画出演が目白押し。 映画デビュー作となった「渇き。」(14年)が出世作。新人女優の発掘にかけては定評のある中島哲也監督にオーディションで見いだされ、共演者6人とキスシーンを演じるなど、ダークな面を秘めた女子高生役を熱演して、その年の映画新人…

(左から)二階堂ふみ、黒木華、橋本愛/(C)日刊ゲンダイ

二階堂ふみ、黒木華…映画界は“第2世代”若手女優が花盛り

』に出ている小松菜奈、昨年の映画『箱入り息子の恋』や連続ドラマ『みんな!エスパーだよ!』に出ていた夏帆もいる。映画は女優の魅力なくしては語れないもの。濡れ場もいとわず活躍の場を広げてもらいたい」と語る。 日本映画、もっと楽しくなりそうだ。…

古風な顔立ちが魅力

早くも“NHK御用達女優” 黒島結菜が備える「ブレークの条件」

近年のアイドル女優は能年や橋本愛、本田翼といったボーイッシュなタイプが主流でしたが、現在は小松菜奈や中条あやみといった涼しげな容姿の長身黒髪ロング系、そして黒島や森川葵といった目鼻立ちのはっきりした小柄な体格と二分化されつつあります。黒島の場合、ちょっと古めかしい顔立ちが彼女の武器になる。演技は粗削りな部分がありますが、近代を舞台としたドラマや映画で重用される女優に…

「とと姉ちゃん」で朝ドラヒロイン

大高宏雄の「日本映画界」最前線

2016年の振り返り ベストアクター&アクトレス5人を発表

3位 上白石萌音/鮮烈な青春映画「溺れるナイフ」での演技は、憧れでもある転校生の小松菜奈に対し、いわくありげなそぶりを見せつける。その過程で自我の強さをきりっとした存在感の中に示す不気味さの表現が実にうまく、新境地につながった。 4位 杉咲花/数々の映画賞で評価されている「湯を沸かすほどの熱い愛」では、セリフの安定感と思いの丈がときに刃物のような鋭さをみせ、見る者…

売れっ子俳優・菅田将暉が…

菅田将暉らが海で溺れかけ…現場は“険悪”女流監督の評判

いま最も旬な俳優&女優、菅田将暉(23)と小松菜奈(20)のダブル主演で話題をさらった同作だが、その舞台裏は最終的に公開できるのかどうか最後まで不安視されていたんだとか。 一番の見どころである海のシーン。主演の2人が海の中で演技する撮影現場では、「監督の指示が二転三転したせいで、菅田と小松が本当に溺れかけ、タイトルが笑えないなんて事態になったそうです。現場のムード…

ドラマ「ゆとりですがなにか」でもハマリ役

柳楽優弥が“第2ステージ” 暴力演じたらピカイチの俳優に

松山に出てきた男を捜す弟(村上虹郎)に街の札付き高校生(菅田将暉)、ホステス(小松菜奈)らが絡んで男の暴力の行方と歩調を合わせていくだけなのである。 柳楽が思考回路がショートしたかのように、無機質に暴力を続けていくのにはまったくゾッとさせられる。ただ、その暴力の行き先が極めて意図的に見えるのが面白い。弱い者いじめではないのだ。順繰りに港町の若者、松山に移ってからはと…

「A-Studio」アシに起用された森川葵

鶴瓶の“相棒”に抜擢…森川葵は同世代女優たちと何が違う?

20歳前後の世代は二階堂ふみ、小松菜奈、松岡茉優など“渋滞中”だが、森川は他の女優たちと少し毛色が違う。 「深夜ドラマで王道のヒロインをやった後、徐々に映画やドラマで存在感を出していくのが普通ですが、彼女の場合は連続ドラマで経験を積んだ後に、深夜ドラマ『監獄学園―プリズンスクール―』でかなり際どい役に挑戦しました。このドラマは原作マンガにあるセクシーな描写をかなりリ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事