日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「星野源 ラジオ」に関する記事

文系男女をトリコに

「逃げ恥」不器用男子 星野源が醸す“非イケメン”の安心感

ヒット中のTBS系火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(通称「逃げ恥」)で新垣結衣(28)と共に注目されているのが、マルチタレントの星野源(35)だ。 このドラマのキーワードは「ムズキュン」。恋愛がなかなか発展しない“ムズムズ”するところに“胸キュン”するという造語。「会えない」「すれ違い」という恋のストレスはSNSで解消され、今どきは恋愛が遅々として進まない状態を…

脚の毛を剃ったりも

「おげんさん」早くも話題 星野源の女装が妙にハマるワケ

歌手・俳優の星野源(36)の初となる冠番組「おげんさんといっしょ」(NHK、5月4日)が放送前から早くも話題だ。 星野が敬愛するマイケル・ジャクソンなどを紹介する音楽評論生番組だが、その内容以上に注目されているのが、MCを務める星野の姿。「おげんさん」という、サザエさんのような女装キャラに扮することが番組公式サイトで明らかになると、ネット上では「意外とキマっている」…

歌でもドラマでも大ブレーク

酉年生まれ “年男年女”の吉凶

「逃げ恥」続編は当たり前…星野源を奪い合うNHKと民放各局

昨年の「逃げ恥」人気で、歌でもドラマでもブレークした星野源。大晦日にはNHK紅白歌合戦にも出演した今年36歳になる年男をめぐり、早くもテレビ各局が争奪戦を繰り広げている。 「とにかくNHKのプッシュがものすごい。朝の連続テレビ小説でヒロインに次ぐ主役級の扱いでオファーをしています。噂では、出演してくれれば、数年後に大河ドラマの主役のポストを準備するという交換条件を提…

いまや時代の寵児

今週グサッときた名言珍言

「自問自答をずっと繰り返すんですけど、それで飽きちゃったんですよね、自分のことを話すのが」by 星野源

2016年は“星野源の時代”の始まりだったと記憶されるだろう。 新垣結衣と主演を務めたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS)が社会的ブームを巻き起こしたのをはじめ、ミュージシャンとしては、その主題歌である「恋」が「恋ダンス」とともに大ヒット。2年連続の「紅白歌合戦」(NHK)出場を果たした。 また、「LIFE!~人生に捧げるコント~」(NHK)ではコントを演じ、…

None

今週グサッときた名言珍言

「何が一番おもしろいってやっぱり、大通りでおもしろいことをするのが一番過激だと思う」(星野源/TBS「サワコの朝」4月29日放送)

昨年、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS)や、その主題歌「恋」がヒットし、大ブレークを果たした星野源(36)。今年もその勢いは止まらず、俳優、ミュージシャンとしてはもとより、アニメ声優や文筆家、ラジオパーソナリティーなどとしても数多くの作品に携わっている。 だが、確かに世間的な大ブレークは昨年だが、もともと彼は文化系などの層では、カリスマ的な人気を誇っていた。…

「逃げ恥」で大ブレーク

男たちの挫折 栄光までの戦い

ただの草食系にあらず ゼロから蘇った星野源の不屈の変態

それが星野源だ。 1981年埼玉県生まれ。少年時代から親に「あんたは不細工で足が短く、特徴もない」と言われ続けたため、目立たない自分に対するコンプレックスが彼の原動力となる。2010年発売のファーストアルバム「ばかのうた」以降、次々とヒットを飛ばす。 音楽関係者たちは口々に「ゲンちゃんは、あのままだから」と飾らない自然体に好意的だ。 「彼のブレークは12年暮れのくも…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事