日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「松重豊 出演」に関する記事

芸歴28年、遅咲きの春/(C)日刊ゲンダイ

トーク番組司会の打診も 松重豊に「キムタクを食った」の声

「HERO」では部長検事役を好演した松重豊(51)だ。こわもてからは想像もつかないユニークな演技で圧倒的な存在感を示し、「何を演じてもキムタク以上、キムタク以下にはならない木村を完全に食った」(ドラマ関係者)といわれているのだ。 松重と聞いて顔と名前が一致しない読者も、テレ東の深夜ドラマ「孤独のグルメ」で独り言をいいながらひたすら飯を食う中年男性と言えばピンとくるは…

None

主役級が何人も出演 月9「貴族探偵」ギャラいくら?

相葉が従える共演者は女優は武井咲、中山美穂(写真左)、仲間由紀恵、井川遥、男優は生瀬勝久、滝藤賢一、松重豊らである。とくに女優はいずれも主役を張れる存在。俳優としては実績が乏しい相葉にとってはちょっとビビってしまうほどの陣容だ。 そこで気になるのはギャラ。推定だが、主演の相葉は300万円~、女優では武井が100万円~、格上の中山が200万円~、仲間が180万円~、…

映画「案山子とラケット」にも出演

30歳までバイトで生計 俳優・小市慢太郎は”脇役界の星”

遠藤憲一、古田新太、松重豊、生瀬勝久、吉田鋼太郎、滝藤賢一などはすでに主役級の活躍を見せているが、今年、ブレーク確実といわれるのが、どこか見覚えのあるダンディーな白髪男、小市慢太郎(46)だ。 あまちゃんにも半沢にも出演していないが、知る人ぞ知る実力派として昨年だけで10本以上の映画やドラマに出演。しかし、誰もが“これ”と思い浮かぶ代表作が“ない”のも名脇役ゆえだろ…

None

あれもこれも言わせて

月9ならぬ絶句 絶望的なデキの連ドラ「貴族探偵」

松重豊、滝藤賢一、生瀬勝久の実力派にかつて月9で主演した中山美穂まで出て話題性はばっちりだが、相葉がこれでは魅力も半減。彼はやっぱり「志村どうぶつ園」でペットと戯れているのがお似合いだ。 ライバル的存在の新米の女探偵役で武井咲が出ているが、完全に主役を食われた感じ。武井が演技派に見えるって、これぞ、相葉マジック。 とにかく、織田裕二ならびにTBSにはちゃんと謝らなけ…

あの「イケズ」復活なるか

10月ドラマで話題 キムラ緑子が関係者の注目を集めるワケ

「まだ新番組発表途中ではありますが、通常ならこの時点で脇役常連の遠藤憲一や松重豊らの掛け持ち出演が話題となるところです。しかし、遠藤はまだ『結婚式の前日に』(TBS系、火曜22時~)に決まっているだけ。松重は自身が『孤独のグルメ』(テレビ東京系、金曜0時12分~)の主演に決まっているので、他のドラマと掛け持ちするとしてもゲスト出演ぐらいでしょう。そこへいくとキムラ…

左から、大杉漣、小日向文世、生瀬勝久/(C)日刊ゲンダイ

生瀬勝久とあと2人は…不動の売れっ子「脇役三羽ガラス」

週刊朝日ではNHK朝ドラで嘉納伝助役の好演が光った吉田鋼太郎ほか松重豊、香川照之らシブ~イ男たちが並ぶ。なるほど、いずれもドラマや映画に欠かせない面々だ。 「いま一番の“売れっ子”は、今年立て続けに刑事ドラマに出演中の生瀬勝久か、小日向文世でしょう。それに大杉漣。最近の人気ドラマにはこの3人の誰かが出演していたはず。露出度はトップクラスのはずです」(広告関係者) 3…

脇を固めるのは豪華俳優陣

脚本家で見る注目春ドラマ

月9の命運託された「貴族探偵」脚本家・黒岩勉氏への期待

主演に嵐の相葉雅紀(34)、主人公と推理対決する新米探偵を演じる武井咲(23)のほか、松重豊(54)、中山美穂(47)、井川遥(40)など脇役陣も主役級の豪華キャスト。 しかし、昨今のフジテレビは大物俳優の起用を視聴率に結び付けられずにいた。福山雅治を起用した「ラヴソング」だけでなく、天海祐希の「Chef~三ツ星の給食」も、松嶋菜々子の「営業部長 吉良奈津子」も討ち…

吉永小百合(央)とは「ふしぎな岬の物語」で“共演”

映画「ソロモンの偽証」成島出監督特別インタビュー(下)

(おわり)…

None

大人気「孤独のグルメ」 もうひとつの見どころは豪華女優陣

今じゃ、必ず録画予約して見てます」 “五郎さん”とは松重豊演じる主人公・井之頭五郎のこと。仕事に出かけた先々でその日の気分で店を探し、ひとり黙々とメシを食らう。五郎は「今日は何で攻めるか……」とメニュー選びに悩み、隣客のメニューを見ては「そっちだったか」と、気持ちが揺らぐ。まるで、昼メシで初めての店に入ったサラリーマンのよう。 で、待ちきれんとばかりにごちそうに箸を…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事