日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

小籔千豊に関する記事

えげつないことも処理してきたとか

小籔千豊が独白 新喜劇内の「問題解決」も座長の仕事

東京の番組でも見ない日はない小籔千豊(42)。「テレビは新喜劇の広報活動」と言う座長は座員同士のイジメ問題にも奔走するそうで……。 新喜劇の広報活動としてテレビに出ているので、10年前と周りの反応が全然違うのはありがたいこと。代官山歩いて顔をさされるなんて考えられんかったですから。今年で3回目やから当たり前のように思われるけど、僕からすると悶え苦しんでました。どうし…

10年にわたり吉本新喜劇の座長を務める

小籔千豊が独白 吉本新喜劇座長「辞めたいな」の真意

そこで10年にわたって座長を務めている小籔千豊(42)は今回で3回目となる「東京新喜劇」を開催中だ(24~28日、東京グローブ座)。昨年の同イベントの記者会見では「もういつ座長辞めてもいい、辞めたいな」と発言していたが、その真意とは……。 ◇ ◇ ◇ 座長を辞めたい理由は2つ。ひとつはしんどい、プレッシャーから解放されたい。僕が作った脚本、選んだキャスティングでお客…

男にしか分からない…

小籔千豊 モデル秋元梢に抱きつき股間を蹴られたと告白

お笑い芸人の小籔千豊(42)が26日、モデルの秋元梢(28)に“痛恨の一撃”を食らったことをインスタグラムで告白した。 小籔は、ヘアサロンでの自撮りやヘルシーな食事など“女子力”の高い写真を次々とインスタグラムに掲載。それらがファッション雑誌編集者の目にとまって計3誌の専属モデルに就任したほか、女性モデルとのツーショットをたびたび投稿して話題になっている。 秋元もモ…

大役をゲットした小籔

3女性誌専属モデルに 小籔千豊の“女子力UP”インスタ戦略

女性誌3誌の専属モデルを務めることが決まったお笑い芸人の小籔千豊(41)が21日、レギュラー出演する情報番組「ノンストップ!」(フジテレビ系)で「僕自身がびっくりしている」と驚きを語った。小籔が専属モデルを務めるのは「NYLON JAPAN」「ViVi」「VOCE」の3誌。 15日には、旬な女性モデル達が多数出演するファッションショー「東京ガールズコレクション」の第…

フィリピンパブで英語を勉強中

英語を猛勉強 小籔千豊が目論む全米進出の“野望”と“現実味”

25日、小籔千豊(41)が「吉本新喜劇 小籔座長東京公演2015」(8月18~22日)の開催会見に登場。「北海道物産展みたいな感覚で来ていただけたら。大阪の面白いベテランや後輩を味見してほしい」とPRした。 昨年の東京公演は満員御礼という人気ぶりで、「今、僕は人生で一番売れてまして、テレビ、ラジオで大活躍でございます」と自画自賛。「僕が新喜劇を辞めることはない。辞め…

「笑顔で仕事するのが理想」と語る

社長の本棚

【ゲンナイ製薬】上山永生社長

笑顔で仕事するのが理想なんです」 ■小籔千豊は「NSCの同期」 上山社長が笑顔を強調するのは、実は前歴にも秘密がある。上山社長は吉本興業のNSC12期生という元芸人なのだ。 「同期には小籔千豊さんなどがいます。もともと好きで入った道ですが、一人っ子ということもあり、30歳までに芽が出なかったら辞めようと思っていました。そこで31歳で日本テレビスポーツ局の構成作家に転…

涙を見せた小籔千豊

島木譲二さん葬儀で小籔号泣 「かわいがっていただいた」

吉本新喜劇座長の小籔千豊は「かわいがっていただきました。同じ時期に新喜劇に出させていただき本当にお世話になりました」と号泣。藤井隆ら後輩芸人も別れを惜しんだ。 「大阪名物パチパチパンチ」「ポコポコヘッド」などのギャグで活躍、2011年2月から体調不良のため自宅療養に専念していた。…

ダイアンの西澤裕介(左)と津田篤宏

有名人の財布の中身

ダイアン西澤裕介 5年前のグッチには現金と「芸人御守」

西澤さんをよく食事に誘ってくれるのは先輩の小籔千豊、千鳥ノブ。小籔のことは「金払いがよくて」とこう語る。 「小籔さんは神社とか写経とかが好きで、笑い飯の哲夫さんらと4人で京都に行ったことがあるんです。その帰りのお昼にご飯食べようというので行ったのが坂本竜馬も来ていたという天井が低くて趣がある老舗の料亭。そこの離れで食べたのがメチャ高い懐石料理。支払いは2ケタ以上だ…

左から時計回りですっちー、陣内智則、小籔千豊、メッセンジャー黒田

今あるのはあの人のおかげ

吉本新喜劇座長すっちー 芸人人生の節目に3人の先輩あり

■小籔から学んだ座長の心得 1歳下の小籔千豊さんも3年先輩でコンビからピンに。新喜劇では僕より8年早く座長になられてます。教えていただいたのは漫才と新喜劇の違いですね。 例えばヤクザネタ。「おまえ、借金返さんかったらどないなるかわかっとるやろな」と凄むシーンでは、漫才はまず粋がったしぐさや口調で笑いを取りがちですが、新喜劇の場合、出だしはコワモテが基本。また、漫才…

せっかくのレギュラー出演者を使いこなせていない(左から時計回りに)坂上忍、森泉、オセロ松嶋

あれもこれも言わせて

出演者飼い殺し そぐわない「バイキング」報道番組ごっこ

この日のレギュラーはヒロミ、高橋真麻、柳原可奈子、YOU、小籔千豊、サンドウィッチマンだが、いずれも場違いな感じで、ひな壇に並ぶ姿は観覧者と見紛うほど。この番組、舛添前都知事の騒動あたりから、報道番組ごっこをやりだしたものだから、レギュラー陣が日増しに所在なくなっている。 とくにひどいのが水曜日。その前の週、「東京都知事は誰に任せる?」という激論の際も、ひな壇に座…

古舘伊知郎(左)と収録後の取材に応じた兵動大樹・小籔千豊

共演芸人脱帽 古舘伊知郎が「すべらない話」を乗っ取る日

どんどんバラエティーに出ていただいて“古舘イズム”を注入してほしい」と脱帽、小籔千豊(42)は「ある意味、人間味のある古舘さんを見られて楽しかった」と語った。 6月にシークレットライブで“しゃべくり”を復活させた古舘は「ぴったんこカン・カン」「おしゃれイズム」などのバラエティー番組に出演。収録前から「この番組で結果を出して、フジテレビのレギュラー番組を獲得したいと強…

左から土田晃之、小籔千豊、田村淳

TV界での生き残りかけ…“コメンテーター芸人”が増殖中

今のところ“コメンテーター芸人”として抜きんでているのは土田晃之と小籔千豊か。 司会としては関東圏で放送中の「週刊リテラシー」(東京MXテレビ)の田村淳が“政治芸人”と呼びたいくらい、安倍政権をタブーなしにブッタ斬っている。 しかし、こういう政治バラエティーの仕事が増えることを芸能プロとしては歓迎できない面もある。だれとは言わないが、ワイドショーや政治バラで突っ込…

左から時計回りに吉田鋼太郎・高畑充希・小籔千豊

配役や話の展開が絶妙 「深夜ドラマ」は予想以上に面白い

主演は店員の小籔千豊、共演は店長の片瀬那奈、アルバイトの葵わかなら。オタオタする小籔、仕切ろうとする片瀬、トンチンカンな2人を相手に持ち前の法律知識で逆転の発想をする葵……。そのコンビネーションが絶妙だ。 ドラマウオッチャーがこう分析する。 「深夜ドラマは制作担当者も出演者も自由度が高いから、肩に力が入っていないのがいいのだと思います。『東京』は、吉田は私生活では…

左上から時計回りに中村アン、小籔千豊、きゃりーぱみゅぱみゅ、篠田麻里子

中村アンは薄毛に…芸能人たちの気になる新年メッセージ

生活習慣の変化が影響した? その中村とのツーショットや、モデル風ポーズで人気を集めている小籔千豊(42)も健在だ。1日、インスタグラムにアップしたのは「大凶」と書かれたおみくじの写真。「#2013くらいにも住吉大社で大凶ひいた」とコメントしつつ、「#その1年めちゃめちゃよかった」と悲観していない様子。ファンからも<大凶…笑 こっから上がってきましょ!!>と元気のいい…

ドラマ出演で演技にも挑戦

1月ドラマ掛け持ち 中村アン「スパイスのようになりたい」

小籔千豊さん、宮迫博之さん、宮川大輔さんと3月までやっていた深夜バラエティー「噂の現場直行ドキュメン ガンミ!!」(TBS系)は楽しかったし、みんなと会いたくなりますね。バラエティーから離れていると感覚が鈍りそうで、怖いです。 バラエティーでは毒舌キャラで無理してると思われるかもしれませんが、友達からは「あれがアン、違和感はないよ」って言われます。 もともとチアリー…

松本人志

斬り取り 報道・情報番組この1本

好きに発言してワイガヤできるワイドショーはいまや貴重

法律をちゃんと守った上で許可も取り、だんじり祭りのようなイベントとして認めることで2人は一致したが、小籔千豊は「違うと思う。認められてイレブンスリーフェスタみたいな感じになったら、(逆にメンバーもやじ馬も)行きたくなくなるでしょうけどね」と現実的な発言をした。 夫婦別姓と離婚後半年間は女性のみ再婚を認めない民法の規定についても甲論乙駁。小籔が「それぞれの事情もあるだ…

あなたはいくつわかった?

さて、いくつ知ってる? 2015年・秋版「流行語敏感テスト」

【7】カズニョロポーズ 「ViVi(ヴィヴィ)」など3誌の専属モデルに就任したお笑い芸人・小籔千豊のお馴染みの両手で顔を囲むポーズ。「小顔に見える~」とモデルや女子高生が真似ている。人気モデルのミランダ・カーが自身のインスタグラムで披露して話題に。 【8】じわる 「じわじわくる」の略語。若者を中心にツイッターなどで多用されるネット用語。最初はなんとも思わなかったが…

今は我慢のしどころ!?

ラジオも終了決定…能年玲奈の最後の砦「ブログ」に勝機は?

インスタグラムで“女子力”の高い写真を多数投稿していたことがきっかけで、女性ファッション誌3誌から“専属モデル”登用の声がかかった小籔千豊(41)のような例もありますからね。また、コメント欄には毎回300件前後の書き込みが寄せられており、世間の反応が心の支えにもなるはず。我慢の時期としては正しい過ごし方ではないでしょうか」(芸能ライター) 7月に公開された本人出演の…

None

【新春特別号プレゼント】有名人の“お宝グッズ”が当たる!

【お年玉プレゼント】 (1)ロッテ・角中勝也 サイン入り練習用バッドを1人に (2)ロッテ・岡田幸文 サイン入りホーム用リストバンドを1人に (3)長野久義(巨人)サイン入り試合用バットを1人に (4)西武・栗山巧 サイン入りバッティンググローブを1人に (5)レッドソックス・田沢純一 MLB公式球サインボール (6)野球評論家・権藤博 中日コーチ時代のグラウンド…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事