日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

今井月に関する記事

今井月は東京五輪“期待の星”と噂される

世界水泳代表落ちに涙…中3の新星・今井月は“モデル志望”

競泳日本選手権最終日、注目の女子200メートル平泳ぎは、中学3年の今井月(14)が2分23秒55の中学新記録は出したが、渡部香生子(18)、金藤理絵(26)に次ぐ3位。7月に行われる世界選手権(ロシア)の代表を逃した。 東京五輪で金メダルを取ることが目標という今井。その前に、来年のリオ五輪の選考会へ向けて「戦略」の練り直しを迫られるが、この年の女子選手は体の急激な変…

レース後、悔しそうな表情を見せる萩野

競泳・萩野公介が200mで失速7位 2個目のメダル獲得ならず

女子200メートル個人メドレー準決勝は寺村美穂(21=日大)が2分11秒03、今井月(15=豊川高)が2分12秒53でともに敗退した。 ▽萩野の話「自分の実力を出し切るだけだったが、それができなかった」…

今井月(左)と池江璃花子

メダル量産狙う競泳陣 リオ前に“選手争奪戦”勃発の恐れ

今回は100メートルバタフライの池江璃花子(15=淑徳巣鴨高)、200メートル個人メドレーの今井月(15=豊川高)ら20年東京五輪でもメダル取りが有力視される多数の若手が代表入りした。個人競技の競泳では五輪後に選手が指導者を変更するのは珍しいことではない。 日本中の注目が集まる東京五輪に向けて、指導者やクラブによる選手の引き抜きが行われそうだ。…

競泳日本は金メダル獲れるか?

日本競泳陣引っ張れる? 21歳コンビ萩野&瀬戸に金の重圧

リオには100メートルバタフライの池江璃花子(15)、200メートル個人メドレーの今井月(15)の女子高生2人に、400メートルメドレーリレー(背泳ぎ)の酒井夏海(14)ら若手の代表入りが目立った。選手層が厚い競泳界は新鋭の出現が相次ぐ。リオでは世界選手権金メダリストよりも中高生に期待が持てそうだ。…

再びタッグを組む北島康介(右)と平井コーチ

若手に強心臓注入 北島“精神サポート役”で代表合宿招聘へ

今回女子は、14歳の酒井夏海や15歳の今井月、池江璃花子ら、5人の中高生がリオ五輪代表になった。本番に向けてコンディションを最高の状態にもっていく調整法やメンタルコントロールなどを、北島に伝授してもらおうというわけだ。若い選手にとっては心強い「コーチ」ではないか。…

五輪切符をつかんだ今井月

15歳新鋭・今井 ジュニア世界新でメドレー代表に滑り込み

1位の寺村美穂に続き、2位の今井月(15)もリオ五輪派遣標準記録をクリアして、初の代表に選ばれた。 今井の2分10秒76は世界ジュニア新記録。「まだ実感はないけど、うれしいです」と顔をほころばせた今井は、13年の日本選手権に12歳で出場。200メートル平泳ぎで3位入賞し、一躍、天才少女として名を馳せた。 名前の「月」の読みは「るな」。ラテン語で月を意味し、ローマ帝国…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事