日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

高山俊特集

ヤクルトの真中監督と阪神の金本監督

明大・高山の抽選でまさかの訂正 ヤクルト真中監督“勘違い”

東京六大学の通算安打記録を更新した“安打製造機”高山俊(22)を1位指名したのは、阪神とヤクルト。競合による抽選には金本知憲(47)、真中満(44)両監督が臨んだ。 封筒を見るや、ガッツポーズで喜びを爆発させたのはヤクルトの真中監督だったが、これが実は真中監督の“早とちり”。封筒の中に入る二つ折りの厚紙は、左ページに<Draft 2015 リポビタンD>、右ページ…

筒井らの戦力外は序の口

ドラ1ら11人を戦力外 阪神は“金本イズム”で編成にもメス

昨年1位の高山俊に続き、「金本監督の要望が通った」ともっぱらだ。 「近年の阪神監督は、真弓、和田と、フロントと意見対立しない人物が続いた。金本監督は編成についてもしっかり意見を言う。これを面白く思っていない人間もいるようですが、坂井オーナーが後ろ盾になり、一定の編成権を与えている。ドラフト1位で取った選手が育たず、今季はヘイグの補強も失敗。最後の7連勝で5位は免れた…

守備とバントでミス連発

早くも3失策…虎ドラ1高山は拙守克服が新人王への課題

「守備とバントのところがすべてです」 こう言って肩を落としたのは、阪神「ドラ1」の高山俊(23)だ。 5日の西武戦でミスを連発した。三回、秋山の打球を後逸して単打を三塁打にすると、八回の打席では送りバント失敗。金本監督は「レギュラーとして信頼ある選手になるには、こういうプレーを絶対にやらないこと」と、厳しく指摘した。 新人ながらも開幕スタメンに抜擢され、ここまで57…

未解決案件にメス

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

批判噴出の金本阪神「超変革」を支持する根拠

たとえば新人王候補の高山俊は、そもそも金本監督がいなければ阪神に入団していなかった選手だ。また、育成に降格していた捕手・原口文仁の打撃力に目をつけ、彼を一気にレギュラー格に導いたのも金本采配の成果だろう。 今季中盤に物議を醸した鳥谷敬の起用問題についても、確かにスタメンを外す時期は遅かったものの、何とか実行したことに意味がある。あれによって、これまた積年の課題であっ…

藤浪にも優等生感が…

「超変革」で好調も 虎看板選手に足りない“大阪的なもの”

派手で豪快なチームカラーのイメージが強い阪神だが、キャプテンの鳥谷敬(34)をはじめ、ルーキーの高山俊(22)、藤浪と看板選手はおとなしく優等生が多い。 阪神ファンで同志社大学元教授の山口賀史氏が「皆いい選手なんやけど、オモロない。阪神ファンは欲張りなのです」とこう続ける。 「『一生懸命打ちました』と言われるより『必死のパッチで』と言われた方が、子供の頃から慣れ親…

4安打の高山俊

ヤクルト戦で4安打 阪神・高山が今後背負う球界の“因縁”

良い形で打てた」 阪神のドラフト1位・高山俊(22=明大)は初回、高校、大学時代に活躍した神宮で、1位指名で競合したヤクルトのファンで埋まる右翼席にプロ初本塁打となる先頭打者アーチを叩きこんだ。新人とは思えない巧みなバットコントロールで、延長十二回の引き分けに終わったこの日は4安打の猛打賞。開幕から結果を残し続けているが、高山の阪神入りがいくつもの「人間ドラマ」を生…

広島・新井の219併殺打は歴代17位(現役最多)

最多敗戦投手は? 2016年「裏タイトルホルダー」徹底予想

大本命といわれる阪神の高山俊を推す。それも外野の新戦力仲間の横田慎太郎と最後まで競っての受賞である。パはロッテの高卒3年目右腕、二木康太と見る。…

ファンミーティングに出席した阪神・金本監督(右)と高山俊

他球団が徹底研究 金本監督を悩ます高山&ヘイグの起用法

その新戦力とは、ヘイグと高山俊(明大)だ。 助っ人のヘイグは13日の日本ハム戦では2本のヒットを放ち、開幕に向けて徐々に調子を上げている。一方の高山もオープン戦でヒットを連発。2人とも開幕スタメンは間違いないだろう。 問題はその後だ。ヘイグも高山も、ライバル球団に徹底研究されている。オープン戦は、どこが打てるか、打てないかのデータを集めているところ。もちろん、打たな…

金本監督の手腕にかかっている

開幕スタメンは確実も 虎元監督が高山の「本当の課題」指摘

阪神の高山俊(22)が10日のDeNA戦に「6番・右翼」で先発出場。四回には三嶋一輝(25)から右前打を放ち、オープン戦6試合連続安打をマーク。バットで首脳陣にアピールし続けている。 これには金本知憲監督(47)も「見ていて楽しい。凡打しても軸が崩れない。タイミングが合えばという選手。期待できる。開幕一軍? 打ち続ければ、もちろんありますよ」とキッパリ。阪神の新人…

ドラフト1位の新人外野手・高山俊

金本監督が期待…阪神ドラ1高山の開幕スタメンは決まりか

ドラフト1位の新人外野手・高山俊(22・明大)だ。 昨秋ドラフトで、金本監督自ら当たりくじを引きあてた高山は、大学時に通算131安打のリーグ記録を達成した「神宮の安打製造機」。昨年10月に右手有鉤骨骨折の手術を受けたためキャンプは二軍スタートだったが、一軍に昇格させた直後の練習試合・日本ハム戦では、7番・指名打者で起用。九回の最終打席に投手強襲安打を放つと、「フォー…

高山をめぐり複雑な関係?

“超変革”求めるがゆえ…金本阪神に燻ぶる「3つの火種」

高卒3年目の横田慎太郎(20)、大卒2年目の江越大賀(22)、大卒3年目の陽川尚将(24)らがアピールを続け、ドラフト1位の高山俊(22=明大)もキャンプ終盤に一軍昇格して結果を残した。 育成に尽力したのは誰より金本監督だった。連日、選手をつかまえては手取り足取りの密着指導。12日には、陽川に対する下半身の使い方やバットの出し方についての教えが、実に1時間半に及んだ…

阪神の高山はバットコントロール抜群

走力ケタ外れ 阪神ドラ1高山はランニングHRで“鬼に金棒”

東京六大学の安打記録を塗り替えた(通算131安打)ドラフト1位ルーキー・高山俊(22、明大)のことだ。28日の紅白戦に6番左翼でスタメン出場、六回の3打席目にランニング本塁打を放った。 二神の高め速球を振り抜くと、痛烈なライナーは左翼寄りに守っていた中堅手の横へ。打球が中堅フェンスへ転々とする間に、高山は50メートル5秒8の俊足を飛ばして一気に生還した。 昨秋に右…

安打製造機の呼び声高い高山

二軍で猛打賞の虎ドラ1高山 課題は“コツコツ派”からの脱却

阪神のドラフト1位・高山俊(明大)が二軍の練習試合に1番左翼で出場。右へ左へ、そして中堅へと3方向に安打を打ち分けての猛打賞。24日に二軍キャンプを打ち上げた後には、一軍合流も検討されている。 その高山が二軍キャンプで掛布二軍監督とともに取り組んできたのは打撃フォームの調整。明大時代に東京六大学最多安打(131安打)を記録した「安打製造機」は、体勢が横に流れるよう…

「超変革」をテーマに掲げる金本監督

金本阪神 課題の得点力アップには“鳥谷の打順”がカギ握る

1位の高山俊(明大)らの動きをチェックした。 その金本監督は「超変革」をテーマに掲げている。課題は得点力のアップだ。昨季、チーム465得点はリーグ最低。昨秋キャンプでは、ファーストストライクから積極的にアプローチすることを選手に求めた新監督の攻撃におけるキーマンになりそうなのが鳥谷の打順である。 鳥谷は昨季、前任の和田監督の意向で1番起用が多かったが、近年は3番が「…

緊張気味のヤクルト真中監督

真中監督報われた? ドラフトの“失態”に「ゆうもあ大賞」

大物芸能人と並んでの受賞にさすがに緊張気味の真中監督だったが、就任1年目の優勝に加え、今年のドラフトで1位指名した高山俊(明大)が阪神と競合し、外れクジを引いたにもかかわらず、ガッツポーズをして大喜びしたことが授賞理由という。 ドラフトでの“失態”がきっかけとなり、図らずも真中監督の知名度は急上昇。オフはイベントやテレビ出演に引っ張りダコというから、人生わからない…

2位指名の坂本誠志郎捕手(奥)とともに金本監督と握手

父は転勤族…虎ドラ1高山を育てたのは“鬼軍曹”の母だった

阪神のドラフト1位・高山俊(22)の父・辰雄さん(50)は東京・足立区生まれ。小学校、中学校とサッカー部に所属し、中学時代はセンターバックとして区の大会で準優勝した。都立白鴎高校に進学するも、サッカー部が弱小だったため、社会人チームに所属するかたわら、187センチの長身を買われてバレーボール部と柔道部を掛け持ち。高校卒業後は日大経済学部に進み、大手証券会社に就職した…

藤川球児は阪神と競合か?

日本S進出でも金欠 ヤクルトが今オフ狙う「補強候補」の名前

先日のドラフトでは1位入札した高山俊(明大)を阪神との競合の末に逃し、5位の山崎晃大朗(日大)しか獲得していない。すでにオリックスを自由契約になった坂口(31)に加え、先日、戦力外通告された鉄平(32)、日本ハムの鵜久森(28)らを調査しているようだ」(ヤクルトOB) オフの補強は来季の戦いに大きく影響する。 カネをかけない分、選手の実力を見極める眼力を問われる。フ…

ハズレだと思い込み頭をかく金本監督

競合避け明大・高山に乗り換え 変わらぬ阪神の“ビビリ体質”

だが、フタを開けてみれば、阪神が指名したのは大方の予想に反し、高校生ナンバーワン投手の高橋純平ではなく、安打製造機の大学生野手、明大の高山俊だった。 阪神の1位指名がコールされると、会場からはどよめきが起きた。一本釣りが濃厚だったヤクルトとの競合になり、真中満監督がガッツポーズをしたものだから、交渉権はヤクルトかと思われた。ところが真中監督の早とちりとわかり、阪神が…

甲子園制覇の時から小笠原のヒジには異常が?

左ヒジ炎症の小笠原を巨人が「2位指名」のウルトラC情報

みんな疑心暗鬼です」 貧打に泣いた巨人のドラフト1位候補には、人気者の関東第一・オコエ瑠偉(18)と東京六大学歴代安打タイ記録を達成した明大・高山俊(22)が急浮上。貧打解消の救世主の獲得が第一でも、やっぱり小笠原も欲しい……だからどんな手を使ってでも2位で狙うのではないか、と他球団は巨人の動きに敏感になっているのだ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事