日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

平野啓一郎に関する記事

作家の平野啓一郎氏

注目の人 直撃インタビュー

平野啓一郎氏が警鐘 「世の中が全体主義に移行している」

当然、作家・文化人など言論人からの批判が多いが、平野啓一郎氏(41)も急先鋒のひとりだ。SNSなどで非常に多くの発信をしているし、「世の中は新自由主義から全体主義に移行している」と警鐘を鳴らす。安倍政権の危うさと時代の危機を語ってもらった。 ■理念的にも現実的にも愚かな安倍外交 ――平野さんもそうですが、作家、文化人の方は総じて安倍政権に対して批判的ですね。 基本的…

ベストセラー早読み

「マチネの終わりに」平野啓一郎著

(毎日新聞出版 1700円+税)…

幅広い賛同人/(C)日刊ゲンダイ

著名言論人が緊急声明 「今の日本は翼賛体制の第2段階だ」

賛同人には古賀氏の他、音楽家の坂本龍一氏、憲法学者の小林節氏、思想家の内田樹氏、映画監督の是枝裕和氏、パロディー作家のマッド・アマノ氏、作家の平野啓一郎氏、パーソナリティーの吉田照美氏、劇作家の平田オリザ氏、吉本芸人のおしどりマコ氏ら多数の有名人が集まった。 古賀氏は改めてこう言った。 「これまでもマスコミの自粛、萎縮というものを感じていましたが、いまは相当な危機…

全てがペテン

巻頭特集

弱者は迷惑なのか 嫌な社会風潮と安倍内閣の支持率上昇

12月1日の日刊ゲンダイ「注目の人直撃インタビュー」に登場した作家の平野啓一郎氏の危惧は、胸に突き刺さる。 「新自由主義の小泉政権では弱者は見捨てられたわけですが、今は見捨てられるだけでなく、批判される。社会保障という面で『迷惑をかけている存在』だと糾弾の対象になってきている。これは非常に危ない風潮だと思います」 老人は、弱者は、生きていることが悪――。そんなムー…

井原裕 独協医科大学越谷病院こころの診療科教授

薬に頼らないこころの健康法Q&A

「法学部に進んだのに作家を志望する息子にどう声をかけるべきか」

確かに、三島由紀夫や平野啓一郎のように法学部出身の作家だっています。自分もそういった道に進みたいのだと思います。どうアドバイスすればいいでしょうか。 A 前回は、文学・哲学志望の医学部生でしたが、今度は同じく法学部生です。専門職の家系だと、どうしても安定を志向するので、つい自分たちと同じ仕事を若い人に勧めてしまいます。 弁護士も安定していますが、司法試験は医者になる…

None

森友疑惑 嘘の上塗り、泥仕合の醜悪

アベ批判の急先鋒に立つ芥川賞作家の平野啓一郎氏は、森友学園疑惑の構図をツイッターでこう言い表していた。 〈首相を始め、森友学園から蜘蛛の子を散らすように逃げていく連中を見ていると、彼らが「国粋」とそれにまつわるビジネスなしには、他者との間にまともな関係を築けないことがよく分かる。信頼や共感、信念等に基づく人間関係を知らない。森友学園の教育方針には絶対に反対だが、彼…

ロバート・キャンベル氏

プロの本棚

ロバート・キャンベル氏(東京大学大学院教授・日本文学者)

若い作家なら平野啓一郎、阿部和重とかね。古今の日本文学や風俗から感じることは、どんどん変わる風景に対して、日本人の精神性は変わってないってこと。その対比が面白いですね」…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事