日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「渡辺裕之 俳優」に関する記事

泣く子も黙る“コワモテ俳優”がズラリ

ギャラ総額は…任侠大作「CONFLICT」俳優陣の凄い顔ぶれ

主演の小沢仁志(53)と敵役の哀川翔(55)を筆頭に、赤井英和、的場浩司、本宮泰風、小沢和義、中野英雄、渡辺裕之など、任侠映画でお馴染みの“コワモテ俳優”が勢ぞろい。さらには、渡辺哲、本田博太郎、白竜、六平直政ら重鎮たちが脇を固める。 俳優だけじゃない。元プロ野球選手の元木大介やミュージシャンのIZAM。“実子騒動”が記憶に新しい大沢樹生、諸星和己の元「光GENJ…

衰え知らずの渡辺裕之さん

ゴルフに熱狂中「一球入魂」

渡辺裕之 ゴルフ始めたきっかけは妻・原日出子の一言

マリンスポーツからウインタースポーツ、スカイスポーツまで、多彩な趣味を持つ渡辺裕之。すべては俳優業に生かせるという思いから始めたものだった。それでもゴルフだけはやらなかった。理由があった。 「オヤジも昔、ゴルフをしていたのですが、ある時、キャディーさんにボールを捜してもらっていたら、そこへ息子がやってきて『母ちゃん、手伝うよ』って親子でボールを見つけてくれた。その光…

「力さん手帳」に気に入った役者の名前を書き込む

小沢和義-嗚呼、Vシネ“熱き血潮”に

竹内力の「力さん手帳」と哀川翔の「エアガン事件」

もちろん俳優としても大好きですが、そういうところをひっくるめて哀川翔っていう唯一の個性なんでしょうね」 他にも白竜、渡辺裕之、本宮泰風といった役者仲間や先輩たちとの交流は幅広いが、もう一人、Vシネ界で忘れてはいけない“顔役”といえる存在が俳優の小沢仁志。一目見たら忘れられない“顔面凶器”の異名を持つこの役者は実の兄でもある。 「みなさんとの酒の席ではあまり芝居の話に…

ゴルフに熱狂中「一球入魂」

渡辺裕之さん 一番信頼できるのは9番アイアン

渡辺裕之は練習の虫である。1年365日、ほぼ毎日のように練習場に通い、300球から600球打ち込む。練習のメーンは9番アイアン。9番アイアンが調子を確認するバロメーターだからだ。愛用するのはTOBUNDAフォージドアイアン(ロフト角42度)。 「9番アイアンで135ヤード飛ぶと調子がいい証拠ですね。短くて重いのでスイングをつくったり、ウオーミングアップにもピッタリ。…

渡辺裕之さん

ゴルフに熱狂中「一球入魂」

渡辺裕之さん 70台を飛び越していきなり66たたき出す

今でも毎日300~600球は練習場でボール打ち

ゴルフに熱狂中「一球入魂」

渡辺裕之さん 4時間ぶっ続け1000球練習で100切り達成

(敬称略)…

「覇王」

小沢和義-嗚呼、Vシネ“熱き血潮”に

面白いものさえ作っていけば、絶対未来につながっていく

渡辺裕之さんや(本宮)泰風なんかも、俺が監督で撮るって聞いたら、『おう、出せ出せ。ギャラが安い? そんなのはいいから』って言ってくれてさ。本当にありがたいですね」 もともとVシネはレンタルビデオ店用に作られはじめたものだけに、一時期の勢いはなく若い世代の目に触れる機会も減っている。それでもなお、現場にこだわって作品を作り続ける男たちがいる。 「今のVシネ界って、まだ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事