日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「斉藤和巳 現在」に関する記事

斉藤和巳とスザンヌ

スザンヌも愛想を尽かした元夫・斉藤和巳“福岡の種馬”伝説

元ソフトバンク投手で現在は野球解説者の斉藤和巳(37)と離婚したスザンヌ(28)が22日、自身のブログを更新。離婚後の心境をこうつづっている。今後は1歳の子を連れてシングルマザーになり、“ママタレ”として活動予定だが、育児に奔走するスザンヌが許せなかったのが斉藤の女性問題だろう。 不倫相手と報じられた女子プロゴルファーの上田桃子(28)との関係については離婚会見で…

西武ライオンズに秋山が帰ってくる

大物OBに再建託す 西武の次期監督は秋山幸二氏で決まりか

秋山に影響を受けたのが、小久保裕紀、松中信彦、城島健司、斉藤和巳、井口資仁(現千葉ロッテ)といった、後の主力選手たちだった。 秋山氏は99年、新天地でも日本一となり、02年に現役引退。二軍監督を経て、09年に一軍監督に就任すると、3度のリーグ優勝、2度の日本一に輝いた。14年の日本シリーズ前、一度は続投を承諾しながら、千晶夫人の看病のためシリーズ後に勇退することが突…

タレント業を活発化も…

おバカ影潜め…スザンヌに欠けるバツイチママタレの“役割”

この3月、元福岡ソフトバンクホークス投手の斉藤和巳氏(現・野球解説者)と離婚したスザンヌがまさに「猪突猛進」の勢いでタレント業を活発化させている。 レギュラーはRKB毎日放送(福岡のTBS系列局)の「豆ごはん。」のみ。しかし、この10月は「2015年秋日テレ系人気番組No1.決定戦」「輝きYELL!」(ともに日本テレビ系)などに単発で出演し、“バツイチママタレ”のポ…

この体型では…

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

“金持ちのデブ”松坂大輔には悲哀や同情を感じない

他にも今中慎二や黒木知宏、斉藤和巳など、同様の悲哀を感じた往年のエースは数知れず。彼らはその衰えが顕著であればあるほど、かえって応援に力が入るというファン心理を駆り立てた。 しかし、なぜか現在の松坂大輔には厳しい声が飛び交っている。故障によって衰えた往年の大エースという意味では、彼ほど際立った存在はそういないのだが、先日の1回KO劇(楽天戦)のときも、多くのファン…

斉藤和巳とスザンヌ

すれ違い? スザンヌ離婚は“カネの切れ目が縁の切れ目”か

タレントのスザンヌ(28)が元ソフトバンク投手で現在は野球評論家の斉藤和巳氏(37)との離婚を発表した。2人は2011年12月に結婚。14年1月には第1子となる男児が誕生したが、わずか3年あまりで離婚。スザンヌは1歳の子供を抱えてシングルマザーの道を歩むことになる。 原因については双方とも、仕事が福岡と東京で離れてしまい遠距離生活によるすれ違いをあげていたが、「よ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事